CPU情報

AMD Ryzen 9 7950X & Ryzen 7 7700X "疑惑の" Zen 4 CPUのベンチマークがリーク、16コアは5950Xより最大40%高速化

投稿日:

AMD Ryzen 9 7950X & Ryzen 7 7700X Zen 4 Desktop CPUの疑惑のベンチマークが、我々の友人である@Harukaze5719によってリークされました。

AMD Ryzen 9 7950X 16コア&Ryzen 7 7700X 8コアの "疑惑の "Zen 4 CPUベンチマークがCPU-Zにリークされる

AMD Ryzen 9 7950X & Ryzen 7 7700X Zen 4 Desktop CPUとされる2つのCPU-zベンチマークがソースに掲載されていました。

スコアとOPNコードは一次ソースの要請により隠されていましたが、シングルコアのスコアが記載されており、現在削除されている先に投稿されたCPU-zの写真にはマルチスレッドの比率も記載されていました。

しかしその前に、話題の2チップのスペックをおさらいしておくと、以下のようになる。

AMD Ryzen 9 7950X 16コア "Zen 4 "デスクトップCPU

AMD Ryzen 9 7950Xは、前2世代に引き続き16コア32スレッドで構成されるフラッグシップモデルです。

ベース周波数は4.5GHz、ブーストクロックは最大5.7GHzで、シングルコアでブースト周波数5.5GHzのインテルのAlder Lake Core i9-12900KSより200MHz高速になるはずで、このCPUは印象的です。

AMDはRyzen 9チップのTDP 170W (PPT 230W)の中で、可能な限りのヘルツを引き出しているようだ。

キャッシュは、L3が64MB(CCDあたり32MB)、L2が16MB(コアあたり1MB)で、合計80MB搭載しています。

AMD Ryzen 7 7700X 8コア "Zen 4 "デスクトップCPU

Ryzen 7ファミリーに移り、ここでは8コア16スレッドのAMD Ryzen 7 7700Xを紹介する。AMDではこのCPUをゲーマー向けのスイートスポットと位置づけており、ベースクロック4.5GHz、ブーストクロック5.4GHzながらTDPは105W(PPT142W)と低めに設定されている。

キャッシュプールは40MBで、特異なCCDから32MB L3、Zen 4コアから8MB L2が搭載される予定だ。

今回テストしたAMD Ryzen 7000 Zen 4 Desktop CPUはいずれもESサンプルで、昨日報告された問題の影響は受けていないようだ。

クロックやテスト構成は不明だが、シングルコアテストで750~780ポイント程度のスコアを記録しているとある。

それを元にマルチスレッドで比較すると、次のような数値になる。

 

 

 

つまり、ベストシナリオでは、AMD Ryzen 9 7950XはRyzen 9 5950Xに対してマルチスレッド性能が40%強向上し、Ryzen 7 7700XはRyzen 7 5800Xに対して20%強の向上となる。

これは、両CPUのマルチスレッド性能の向上(世代間)に大きな格差があり、これが最終結果ではなく、あくまで初期の性能データであることを改めて指摘するものである。

昨日の結果でも、Cinebench R20でマルチスレッド性能が26%向上しているので、今回の22%のマルチスレッド性能向上は大きく外れてはいない。

シングルコア性能は、Ryzen 5000「Zen 3」CPUよりも20~25%高速で、これはAMD自身が明らかにしていた15%以上のシングルスレッド性能向上と一致する。

これにより、全体的な性能はIntelのAlder Lake CPUのすぐ隣になったが、リークされた第13世代Raptor Lakeの性能ベンチマークに基づくと、ブルーチームはシングルコア性能でリードを保ち、マルチスレッド性能でも優位に立つが、その代償として効率が低下することになるという。

y-cruncherの作者は、性能の数字に加えて、Zen 4のAVX-512の最適化をソフトウェアに追加し、Ryzen 9 7950X CPUで実行できたいくつかの初期テストを紹介している。

https://twitter.com/Mysticial/status/1562994903155494915?ref_src=twsrc%5Etfw

AMD Ryzen 7 7700X "Zen 4" CPUは、来月、他のラインナップと一緒に発売されます。また、AMDは今月末に完全なお披露目を行う予定です。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC最大)
キャッシュTDP価格(不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB (64+16)170W>$799 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB (64+12)170W>$599 US
AMD Ryzen
7 7800X
Zen 45nm8/16不明不明不明不明>$449 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB (32+8)105W~$299 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB (32+6)105W>$229 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 7950X & Ryzen 7 7700X “Alleged” Zen 4 CPU Benchmarks Leak Out, 16 Core Up To 40% Faster Than 5950X

 

 

 

解説:

Ryzen 9 7950X(ES)のベンチマークがリーク。

それによると、Ryzen 9 7950X(ES)のシングルスレッドスコア(CPU-Z)は780で、Core i7-12700K以下となっています。

現実は厳しいなあと言うのが素直な感想です。

5950Xの647と言うスコアと比較すると、7950X(ES)のクロックが5.7GHzと仮定すると結果はIPCが4%ほどしか上がっておらず、これではクロック上昇分のスコアしか上がっていないことになります。

8%と言うComputexでの公式告知以下で、ちょっとひどいトーンダウンかなと思います。

かなり初期のリーク情報ではIPC20%向上と言う話でしたので、1/5になったということになります。(苦笑。

Zen4からはジム・ケラー氏が関与していないということで、天才の抜けた穴は大きかったということなのでしょう。

Zen4はマザーボードからOC機能がカットされるほどギリギリの水準までファクトリーOCされていますので、これでギリギリの限界、最後の1滴まで絞りつくした結果なのでしょうね。

反面、マルチスレッド性能はCore i9-13900Kとほぼ同等レベルまでスコアが向上しています。

シングルスレッド性能は5950Xの最大+15%でしたが、上のスコアで計算すると約1.2倍になっていますので、かなり頑張ってファクトリーOCしたのでしょう。

長く使えるAM5を選ぶか、性能が飛躍的に向上しているが、次世代でマザーボード毎買い替えになるRaptorにするかの二択になります。

Zen5以降がどうなるのかほとんど情報が出ていません。

その中で判断するのはかなり難しいです。

しかし、Zen5ばIntelとは違った形でハイブリッドを導入することになるようです。

Zen6以降の情報はほぼ無いという状態になります。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,889 (2022/10/05 08:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.