GPU情報

サファイア社、8GBのAMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードを初めて発売

投稿日:

サファイアは、AMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードの8GBバージョンを正式に発表した最初のメーカーとなりました。

AMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードの8GBモデルをAIBとして初めて発売するサファイア社

Sapphireは、同社のTwitterで、デュアルスロットとデュアルファンクーラーを備えたカスタムデザインのPULSEバリエーションで、最新のグラフィックスカードを発表しました。

AMD Radeon RX 6500 XTは、最初に4GB GDDR6で発売されましたが、現在、AIBは8GBも発売する許可を得ています。

Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードに搭載されたAMD Navi 24 GPUは、内部的には「Beige Goby」と呼ばれ、RDNA 2ラインナップの中で最も小さく、シングルSDMAエンジンを搭載しているのが特徴である。

2つのシェーダアレイで合計8WGP、最大16Compute Unitsを搭載する。Radeon RX 6500 XTは、1024コアを備えていますが、RDNA 2ファミリーの中で最もエントリーレベルのGPU SKUではなく、その照合は、Radeon RX 6400が保持しています。

コア数に加え、各シェーダーアレイには128KBのL1キャッシュ、1MBのL2キャッシュ、さらに16MBのInfinity Cache(LLC)が搭載されることになる。

Radeon RX 6500 XTグラフィックスカード用のGPU「AMD Navi 24 RDNA 2」は、64bitバスインターフェイスを搭載する。

メモリクロックは18Gbpsで、総帯域幅は144GB/s、実効帯域幅(Infinity Cache使用時)は232GB/sとなる予定だ。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

公称クロックはGame 2610MHz、Boost 2815MHzだが、SapphireのAIBモデルはGame 2695MHz、Boost 2855MHzと高いクロックで動作している。

これらのクロックは、2685 MHzのゲームと2825 MHzのブーストクロックで来る4 GBのPULSE Radeon RX 6500 XTのバリエーションよりも高いものである。

Sapphire Radeon RX 6500 XT PULSEグラフィックスカードは、現在、8GBと4GBの両方のバリエーションが用意されています。

両モデルともTBPは130Wで、公式のTBPである107Wより23W高い。

価格は未定ですが、RX 6500 XT 4GBモデルが現在200ドルを大きく下回る価格で販売されていることを考えると、8GBモデルは200ドルに近い価格で販売されることになるはずです。

GPU性能については、VRAM増設による大きな差はないと思われるが、クロックアップにより、全体的な性能は若干向上すると思われる。

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」グラフィックスカードラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6950 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6750 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6700
AMD Radeon RX 6650 XTAMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6500 XT
AMD Radeon
RX 6400
GPUNavi 21 KXTXNavi 21 XTXNavi 21 XTNavi 21 XLNavi 22 KXTNavi 22 XTNavi 22 XLNavi 23 KXTNavi 23 (XT)Navi 23 (XL)Navi 24 (XT)Navi 24 (XL)
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm6nm6nm
ダイサイズ520mm2520mm2520mm2520mm2336mm2336mm2336mm2237mm2237mm2237mm2107mm2107mm2
トランジスタ数268億268億268億268億172億172億172億116億116億116億54億54億
演算ユニット数808072604040363232281612
ストリーム
プロセッサ数
51205120460838402560256023042048204817921024768
TMU数/ROP数320 / 128320 / 128288 / 128240 / 96160/64160/64144/64128/64128/64112/6464/3248/32
ゲームクロック2116 MHz2015 MHz2015 MHz1815 MHz2495 MHz2424 MHz2330 MHz2410 MHz2359 MHz2044 MHz2610 MHz2039 MHz
ブーストクロック2324 MHz2250 MHz2250 MHz2105 MHz2600 MHz2581 MHz2495 MHz2635 MHz2589 MHz2491 MHz2815 MHz2321 MHz
FP32演算性能23.80 TFLOPs23.04 TFLOPs20.74 TFLOPs16.17 TFLOPs13.31 TFLOPs13.21 TFLOPs11.50 TFLOPs10.79 TFLOPs10.6 TFLOPs9.0 TFLOPs5.7 TFLOPs3.5 TFLOPs
メモリサイズ16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinit
y Cache
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinit
y Cache
10 GB GDDR6
+ 80 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
4 GB / 8 GB
GDDR6 + 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
メモリバス幅256-bit256-bit256-bit256-bit192-bit192-bit160-bit128-bit128-bit128-bit64-bit64-bit
メモリ
クロック
18 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps16 Gbps16 Gbps17.5 Gbps16 Gbps14 Gbps18 Gbps14 Gbps
メモリ帯域幅576 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s432 GB/s384 GB/s320 GB/s280 GB/s256 GB/s224 GB/s144 GB/s112 GB/s
TDP335W300W300W250W250W230W220W176W160W132W107W53W
価格$1099 US$999 US$649 US$579 US$549 US$479 US不明$399 US$379 US$329 US$199 US$159 US?

ソース:wccftech - Sapphire First To Launch 8 GB AMD Radeon RX 6500 XT Graphics Card

 

 

 

解説:

RX6500XTの8GB版が発売予定

Asrockさんが製品を用意しているようです。

ツイッターでは8GB版はバス幅が128bitと勘違いしている人がいるようですが、インフィニティキャッシュが16MBなので、恐らくは64bitでしょうね。

写真をよく見ると部品がはんだ付けされているのが最初のX4部分にしかなく、後は開いています。

写真からはX4分以降のスロットにパターンが刻まれているのかどうかはっきりしませんが、恐らくはそうでしょう。

このことから残念ながら、RX6500XT8GB版も4GB版の残念な特性を継承しているということになります。

RX5500XTはPCIeX8でメモリも128bitバスだったので、次期RX7500XTがあるならば、ぜひともX8の128bitにしてほしいところです。

ただし、RDNA2以降(恐らくは)インフィニティキャッシュはメモリバス幅ごとの割り当てになっており、128bitバス幅になるとトランジスタ数に跳ね返ってコストが上がります。

そうなると出す意味が無いとAMDは考えていそうです。

RDNA3からはインフィニティキャッシュは64bit毎に32MBとRDNA2の倍になりますから、性能は多少は改善されるものと思われます。

コスト的な問題もあって64bitバスとX4は変更できない可能性が非常に高いです。

RX7500XTが予定されているならば、その広報の際には、きちんと逃げずに128bitバスX8にした時と64bitバスX4にした時のコストの差をPRして、その有用性をアピールしてほしいところです。

RX6500XTはその残念な性能からかなりユーザーから叩かれましたが、きちんと逃げずにコストを最優先した製品であることを堂々とPRできていれば、また違った評価になったかもしれません。

もちろんAMDの公式からの説明は一切なされていませんし、これは私の予測になりますので必ずしもあっているとは限りません。

しかし、そう言うことを考えるとRX6500XTは情報不足が製品の評価を下げてしまった気の毒な製品と言えるかもしれません。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.