マザーボード関係

ASRock Z790 および H770 マザーボードが流出、Intel の Raptor Lake CPU 用の DDR4 フレーバーで登場

投稿日:

ASRock の次世代 Z790 および H770 チップセットマザーボードがリークされ、Intel の第 13 世代 Raptor Lake CPU 用に DDR4 フレーバーも登場する予定です。

ASRock から Intel 第 13 世代 Raptor Lake CPU 対応の Z790 & H770 マザーボードがリークされました。

Videocardzからリークされたマザーボードリストには、Z790が9枚、H770チップセット搭載ボードが3枚の計12枚のデザインが掲載されています。

Intel 700シリーズチップセットのラインナップは、Z790、H770、B760シリーズのマザーボードとなり、H610は引き続きローティアのセグメントを担当することになる。

マザーボードの内容は以下の通りです。

  • ASRock Z790 Taichi
  • ASRock Z790 Pro RS/D4
  • ASRock Z790 PG Lightning
  • ASRock Z790 PG Lightning/D4
  • ASRock Z790M PG Lightning/D4
  • ASRock Z790 PG Riptide
  • ASRock Z790M PG Riptide
  • ASRock Z790-C
  • ASRock Z790-C/D4
  • ASRock H770 PG Lightning
  • ASRock H770 PG Lightning/D4
  • ASRock H770 Steel Legend

予想通り、Z790とH770の両マザーボードにはDDR5とDDR4設計が搭載されます。

新しいボードは、Intelの第12世代Alder Lakeと第13世代Raptor Lakeの両方のCPUに対応する予定です。

どちらのCPUラインもDDR5とDDR4をサポートしているので、ここまでは分かっていたことです。

IntelのRaptor Lake CPUは、既存の600シリーズマザーボードでもサポートされるので、Alder Lakeを新しいRaptor Lakeチップに交換する予定があれば、簡単に交換することができます。発売間近にBIOSファームウェアが公開される予定なので、それを使えば、マザーボードをRaptor Lakeのフルサポートに対応させることができる。

今のところASRockのラインナップにIntelのB760マザーボードはないようだが、すでにBIOSTARが以前のリークで確認しているので、間違いなく登場する。

また、Intel Raptor Lake-Sチップは、報道にあるようにDDR4メモリのサポートを維持するとともに、最大5600Mbps(6500Mbps LPDDR5(X))の高速DDR5メモリをサポートする予定だ。

Intel Raptor Lake CPUは、9月15日に発売が予定されているAMDのZen 4搭載Ryzen 7000ラインアップと競合することになる。

IntelメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットプラット
フォーム
メモリ
サポート
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge
(2nd Gen)
32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(3rd Gen)
22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(4th Gen)
22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(5th Gen)
14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(6th Gen)
14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(7th Gen)
14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(8th Gen)
14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(9th Gen)
14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(10th Gen)
14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(11th Gen)
14nm8/1635-125W500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(12th Gen)
Intel 716/2435-125W600-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02021Q4
Raptor Lake
(13th Gen)
Intel 724/3235-125W700-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake
(14th Gen)
Intel 4未確認35-125W800-Series?LGA 1851DDR5PCIe Gen 5.02023
Arrow Lake
(15 th Gen)
Intel 20A40/48未確認900-Series?LGA 1851DDR5PCIe Gen 5.0?2024
Lunar Lake
(16 th Gen)
Intel 18A未確認未確認1000-Series?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake
(17 th Gen)
Intel 18A未確認未確認2000-Series?未確認DDR5?PCIe Gen 6.0?2026

ソース:wccftech - ASRock Z790 & H770 Motherboards Leak Out, Coming In DDR4 Flavors For Intel’s Raptor Lake CPUs

 

 

 

解説:

RaptorLake向けのIntel700シリーズマザーボードも着々と準備が進む

今回話題になっているのはAsrockのマザーボードで、700シリーズではIntelは基本DDR5を推奨しているようですが、ラインナップの文字を見ると、明らかにDDR4対応のモデルが多くあるようです。

私はZ790やB760などの上位から中位マザーに関しては全部DDR5になるのかなと思っていましたが、Z790でも半分くらいはDDR4対応のマザーが出るようです。

これだと殆どAlderlakeの時と変わらない位ですね。

ただ、来年にはDDR5の価格がDDR4並に落ちると言われていますので、Z790を購入されるような方は基本DDR5で組んだ方が良いとは思います。

前から指摘していましたが、僅差の勝負になると、DDR4/5両対応などの細かいところで差がついていくものです。

AMDに対して大きなアドバンテージになっていると言ってもよいのではないでしょうか。

やはりライバルがいると、ユーザー本位のラインナップになっていきますので、競争が生み出す心地よい環境と言うものを存分に楽しみましょう。

囲い込んでいるユーザーが流出しないようにIntelも2世代は互換性を保つようになっています。

ここもユーザーにとってはうれしいところでしょう。

AMDがZen4でAVX-512に対応したことによってPS3エミュレーターのRPCS3の速度が大幅に上がったとのことなので、Intelもコンシュマー向けデスクトップCPUにAVX-512を解放するかもしれません。

それだけAMDに脅威を感じ、本気になっているということだと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥76,380 (2022/06/25 07:20:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-マザーボード関係
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.