CPU情報 その他

伝説のチップアーキテクト、ジム・ケラー氏が、AMDが退社後にARM CPUプロジェクト「K12」を「愚かにも中止した」と語る。

更新日:

伝説のチップアーキテクト、ジム・ケラー氏は、彼が以前の雇用主であるAMDを去った後、彼のK12 ARM CPUプロジェクトが「愚かにもキャンセルされた」とカンファレンスで発言している。

AMDの元チップアーキテクト、ジム・ケラー氏は、Zen 1、Zen 2、Zen 3に取り組んだが、K12 ARM CPUは以前の雇用主によってキャンセルされたと語る。

インド科学研究所のコンピュータサイエンスとオートメーション学科が開催した「Future of Compute」カンファレンスでは、ジム・ケラー氏がこれまで手がけたさまざまなプロジェクトの概要やチップ設計の基本について説明した。

ジムは、AMDに在籍中、Zen 1に取り組み、Zen 2とZen 3の計画を策定したと述べています。

これは、最新のZen 4とZen 5プロジェクトがAMDの新しいチームによって内部設計される可能性があるので、Zen 3がおそらく最後のジム・ケラー設計になるかもしれないことを意味します。

AMDに在籍していた頃、ジムと彼のチームは、ARMとx86 CPUのキャッシュ設計が実行ユニットなどの他のものとほとんど同じで、2つのプロセッサアーキテクチャの唯一の違いはデコードユニットであることに気づき、彼らは新しいチップに取り組むことにしました、私たちはK12として知られ、後にAMDによってキャンセルされたものです。

実はこのK12 ARM CPUプロジェクトは、彼が退社した後、あるマネージャーによってキャンセルされたことがジム・ケラー氏によって明かされている。

彼が言うように、ほとんどのマネージャは物事を変えることを怖がるが、彼自身はアーキテクトであったため、このような変化を怖がらず、AMD時代に行った仕事は「Fun」であったという。

AMDのK12がどうなるかというと、ARMv8-AベースのCPUはZenプロジェクトと並行して立ち上げられるように設計されており、高密度サーバー、組み込み、セミカスタムの市場セグメントを目指して、高周波と電力効率環境にフォーカスすることが期待されていた。

AMDはその後、Zenコア・アーキテクチャをベースにしたさまざまなセミカスタム・サーバーチップを発表し、来年にはEPYC Bergamoプラットフォームでデビューする新しいZen 4Cアーキテクチャで高密度コンピューティングセグメントに移行しようとしています。

AMDの組み込みチップもZenシリコンを利用しているので、AMDはARMに特化した別のアーキテクチャに依存するのではなく、コンピューティングのニーズ全体にZenを利用するという、実に異なる計画を持っていたようです。

「しかし、私の立場から言わせてもらえば、コンピュートソリューションを見るとき、それがx86であれARMであれ、あるいは他の分野であれ、それは我々にとって重点的に投資する分野だ」と、AMDのCFO、Devinder Kumar氏は、競合するArmチップに対する同社の見方についての質問に答えている。「われわれはコンピュートをよく知っている。ARMとさえも、あなたが言及したように、我々はARMと非常に良い関係を持っている。そして、顧客がその特定の製品と一緒になってソリューションを提供したいと望んでいることを理解している。x86でなくても、その分野ではx86が圧倒的な強みを発揮していると考えていますが、我々はそれを進めていく準備が整っています。"

AMDより

とはいえ、AMDのCFOであるDevinder Kumar氏は、ニーズと需要があれば、ARMチップを作る用意があるとすでに発言しています。

AMDは近い将来、サードパーティのチップレットを活用する予定のセミカスタム分野にも参入するので、それもARMチップを活用するかもしれないが、それらはAMDがジムがいた頃にK12で作っていた完全自社設計のものにはならないだろう。

ジムも2018年にIntelに入社し、様々なチッププロジェクトに携わった後2020年に退社&現在はTenstorrentでCTO代理を務めています。

ソース:wccftech - Legendary Chip Architect, Jim Keller, Says AMD ‘Stupidly Cancelled’ K12 ARM CPU Project After He Left The Company

 

 

 

解説:

時代の流れを変えた天才がAMDの決断を「愚か」と一刀両断

K12はAMDが2017年に発売を予定していたCPU製品です。

前年の2016年にはARMベースのOpteron A1100を発売しており、現時点ではK12は発売されていませんので、計画は凍結されたことになります。

ARMをけん引していたのは間違いなく中国で、一番力を入れていたのはアメリカに潰されたファーウェイであることは確かです。

ファーウェイの失速とIntelが息を吹き返してAlderlakeを発売するに至りましたので、商業的に言えば、ジム・ケラー氏の決断は正しいとは言えないのではないかと思います。

しかし、私も米中貿易戦争によってARMは失速したと思う一方で、今後はゲームも含めたすべてのサービスはいずれクラウド化して、x86である意味が無くなると思っています。

AppleもM1/M2を発売して、モバイルPCの世界に殴り込みをかけ、QualcommもSnapdragon 8cxシリーズでモバイルPC向けARM CPUを生産しています。

Appleだけでなく、Google、Amamzonなども独自シリコンを作っていました。

やはり、AMDやIntelからx86を買うのはコストが高くなるようです。

amazonの独自シリコンはGravitonといいますが、こちらに切り替えた方がコストが安くつくということのようです。

われわれが目にする場所は主にPCやスマホですが、一般のユーザーからは見えない場所でarmの独自シリコンはじわじわと広がっているようですね。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/30 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報, その他
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.