GPU情報

AMD Radeon RX 7900 XT、RX 7800 XT、RX 7700 XTグラフィックスカードがSeasonicにリストされる、既存ラインアップと同じPSUを推奨

投稿日:

SeasonicがまさかのAMDの次世代RDNA 3搭載Radeon RX 7900 XT, RX 7800 XT, & RX 7700 XTグラフィックカードをWebページでリストアップしています。

PSUメーカーSeasonic、AMDの次世代RDNA 3搭載Radeon RX 7900 XT, RX 7800 XT, RX 7700 XTグラフィックカードをリストダウン。

このワット数計算機では、さまざまなハードウェアコンポーネントを設定して、PCセットアップに必要な電力要件を把握し、PSUを購入する前にその構築のための最適な選択肢を見つけることができます。

今、ワット数計算機のページに行くと、グラフィックス・タブに3つの未発表GPUがリストアップされていることに気づくだろう。

ウェブサイトには仕様が記載されていませんが、他の6900 XT、6800 XT、6700 XTグラフィックスカードがドロップダウン・メニュー内にまだリストされているので、これは何らかの誤表示ではないことを述べておきます。

電源要件については、Seasonicは、AMD Radeon RX 7900 XTおよびRX 7800 XTグラフィックス・カードには750W+のPSUを、Radeon RX 7700 XTには650W+のPSUを推奨すると述べています。

これは、RX 6900 XTおよびRX 6800 XTが750W以上のPSU、RX 6700 XTグラフィックスカードが650W以上のPSUを推奨している現在のラインナップと同じ電力要件です。

また、16ピンGen 5コネクタの要件はなく、これは以前の噂と一致していますが、次世代RDNA 3ラインナップがGen 5プロトコルをサポートする最初の製品となることが期待されています。

今回の件は、PSUメーカーによる予備的な、またはプレースホルダーのリストアップである可能性が高いようだ。

AMDは公式には仕様を発表しておらず、OEMや部品メーカーと重要な詳細を共有していますが、Seasonicはこの情報がこの時期に漏れてレッドチームとトラブルになることを望んでいないはずです。

とはいえ、数週間前にTCLによってRadeon RX 7700 XTグラフィックスカードの同様のリストが作成されており、これは何かが調理されている可能性があることを意味しています。

私たちは、Navi 33を搭載したRadeon RX 7700 XTが最初に発売され、よりマニアックなオプションはやや遅れて発売されるという噂を聞いていますが、すべては噂の世界なのでまだわかりません。

また、まだ結論を出したくはありませんが、AMD Radeon RX 7000用のSeasonic PSU要件が真実である可能性がほんの少しでもあるなら、ハイエンドグラフィックカードラインナップで450~600Wを視野に入れているNVIDIAにとって、電力効率領域での問題を意味することになります。

AMD RDNA 3 Navi 3X GPUの構成(速報値):

GPU名Navi 21Navi 33Navi 32Navi 31
製造プロセス7nm6nm5nm/6nm5nm/6nm
GPU
パッケージ
モノリシックモノリシックMCMMCM
シェーダー
エンジン
4246
WGP数4020-1640-3260-48
WGP毎の
SP数
128256256256
演算ユニット
数 (ダイ毎)
8040-32160 -128 (Total)240-192 (Total)
コア数
(ダイ毎)
51205120-40965120-40967689-6144
Cores (Total)5120512010240-819215360-12288
メモリバス幅256-bit128-bit256-bit384-bit
メモリ種類GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ容量最大16 GB最大8 GB最大16 GB最大24 GB
インフィニティ
キャッシュ
128 MB128-256 MB384 MB512 MB
フラッグシップSKURadeon RX 6900 XTXRadeon RX 7700 XT?Radeon RX 7800 XT?Radeon RX 7900 XT?
TBP330W~200W~300W~400W
発売時期2020Q42022Q4?2022Q4?2022Q4?

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 7900 XT, RX 7800 XT, RX 7700 XT Graphics Cards Listed By Seasonic, Recommends Same PSU As Existing Lineup

 

 

 

解説:

RDNA3はPCI Gen5が必須ではない

900Wの製品を出すという噂のあるnVidiaに対して、Radeonはクラッシックな仕様になるようです。

RDNA2のRX6000シリーズと大きく変わることなく、最大でも8PX2の仕様になるようです。

と言うことは最大でも375W、定格では300-350W程度の範囲に収まるものと思われます。

RX7900XTがトーンダウンしたのは従来の8PX2、375Wまでの仕様を守るためなのかもしれませんね。

正直、私は900Wにはとてもついていけないので、Radeonのような仕様の方が安心できます。

GPUだけに450W/600W/900Wと言うのはあまりに非常識だと私は感じます。

恐らく、RTX4090/Tiで組まれる方はブレーカーを落としまくることになると思います。

まっとうに生活していて、ブレーカー1系統辺り1台のPCで1500Wギリギリの消費電力を長時間使用するというのは不可能に近いと感じます。

家庭用電源と言うのはそう言う使い方をするものではないと思います。(苦笑

狂ったようにゲームにのめりこんでいるゲーマーでもさすがに電源のブレーカーの限界を超えることはできないので、RTX4090/Tiの消費電力の仕様がどんな風に受け入れられるのか注目しています。

一応アメリカでは電気オーブンなどで1800Wのものがあるようですので、日本固有の問題なのかもしれませんが・・・。

レンダリングなどで使用される方でも900Wの消費電力を連続3日とか使い続けることは可能なんですかねえ。

プリレンダされている方、教えていただけると幸いです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.