GPU情報

ASUS、暗号GPUの需要は枯渇したが、ゲーミングの需要は依然強く、価格の正常化には時間がかかると発表

投稿日:

ASUSは、暗号通貨のGPU需要はほぼ枯渇しているが、ゲーム需要が強いため、価格は正常化するのに時間がかかると報告している。

ASUSは暗号通貨需要が枯渇しているにもかかわらず、GPUの価格が正常化するのに時間がかかると予想している

ASUSの共同CEOであるSy Hsu氏は、最新の業績報告の中で、暗号通貨のGPU需要は枯渇しているが、価格が正常化するかどうかは暗号通貨の需要変数だけでなく、全体の需要に依存すると述べている。

"GPU出荷における暗号通貨マイニングの需要が徐々に下がってきているため、市場全体のグラフィックスカードの需要は正常化しつつある "と述べた。

"暗号通貨による需要がなくなってきているため、GPUの価格設定も正常化するかどうかが気になるところです。"とHsu氏は述べています。"現実には、ゲームの需要はまだ強いので、我々はまだ必ずしもすべての需要を満たすことができるとは思っていません。"

ASUSの決算電話会議  PCMagより

 

GPU価格は、マイニングのピークシーズンに3倍以上の大幅な価格上昇を見せましたが、2022年は利益率の低下と難易度の上昇により、暗号通貨の需要が減少して始まりました。

これらのことから、GPUの価格と入手性は圧倒的に改善されています。

今現在、NVIDIA GeForceとAMD Radeonグラフィックスカードは、ほぼすべての主要な小売店で入手可能で、価格は希望小売価格の5-10%程度(平均)で推移しています。

価格は、GPUマイニングを実質的に段階的に排除するはずのイーサリアム2.0アップデートでさらに下がると予想されていますが、ASUSは暗号の補正が価格に少し影響を与えるかもしれないと考えているようです。

上記の声明からわかるように、ASUSは、ゲーム業界のGPU需要はまだ強いままなので、価格の正常化はすぐには起こらないかもしれないとしています。

これは事実ですが、新しいカードが希望小売価格を下回る価格でリストアップされている例が多くあります。

最近、NeweggでRX 6900 XTが希望小売価格より低い価格でリストされているのを見た。

上記の声明からわかるように、ASUSは、ゲーム業界のGPU需要はまだ強いままなので、価格の正常化はすぐには起こらないかもしれないとしています。

これは事実ですが、新しいカードが希望小売価格を下回る価格でリストアップされている例が多くあります。

最近、Neweggで6900 XTが希望小売価格より低い価格でリストされているのを見た。

ソース:wccftech - ASUS Says Crypto GPU Demand Has Dried Up But Gaming Demand Remains Strong & Will Take Time For Pricing To Normalize

 

 

 

解説:

以前、ASUSがマイニング需要の価格上昇のために社員にボーナスをはずんだというニュースがありましたが、今回、マイニング需要が減少しても価格の上昇は収まらないという話が出ています。

RX6900XTやRTX3080Tiなど買う人が極々限られているモデルでは既にAIBによっては希望小売価格以下の値札が付いているものも存在しています。

しかし、去年末のSteamのハードウェア調査ではAmpereのSteam使用率は多くても2%程度となっており、ゲーマーの手には全くわたっていないことが明らかになっています。

こういった需要が限られている一部のモデルを除いては基本的にはまだまだユーザーの手にはわたっておらず、品不足の状態が続いているということになります。

恐らく、PoSが正式に導入されれば、現在マイニングで使用されている中古のGPUが一斉に中古市場に出回ると思います。

その時、一斉に価格が崩壊することになるのかもしれません。

そうなるには未だしばらくの時間がかかりそうです。

 

 

 

-GPU情報
-, , , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.