CPU情報

Intel Fishhawk Falls HEDT「Sapphire Rapids-X」プラットフォームの詳細:メインストリーム向けに24コア/5GHz、エキスパート・ワークステーション向けに最大112コア/8チャネル・メモリを搭載。

投稿日:

IntelのFishhawk Falls HEDTプラットフォームにSapphire Rapids-X「Xeon-W」CPUが搭載されるという最新情報がMoore's Law is Deadからリークされた。

この新情報は、Xeon-WメインストリームとXeon-Wエキスパートプラットフォームという、2つのセグメントのラインアップに関する詳細な情報を追加したもので、Xeon-Wメインストリームとエキスパートプラットフォームは、それぞれ1つずつ、計2つのセグメントに分かれている。

Intel Sapphire Rapids-X 'Xeon-W' for Fishhawk Falls Platformは2種類:メインストリームは24コア/5GHz、エキスパートは最大112コア/8チャネルメモリ搭載可能

前回、Sapphire-Rapids-Xの「Xeon-W」ラインナップを紹介しましたが、まだいくつか足りない部分がありましたが、Moore's Law is Deadの最新リークにより、すべて揃いそうな気配です。

このTechTuberは多くの新しいディテールを明らかにし、同時にいくつかの古いディテールやそれらが新しいFishhawk Fallsプラットフォームでどのように展開するかを再確認することができた。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

まず、Intelは「Core-X」シリーズのブランドをラインアップから外し、代わりに「Xeon-W」ブランドを採用することになりました。

これは、AMDも従来のRyzen Threadripperのネーミングをやめて、Zen 3ファミリーのすべてのSKUで「Pro」ブランドを採用したのと同様のアプローチだ。ハイコア数のチップを搭載したメインストリーム・ファミリーは、エンスージアスト・デザインとみなされるものですが、HEDTプラットフォームを本当に知っている人は、今度のプラットフォームをそのように見て、その逆はないでしょうね。

Intel Sapphire Rapids-X - Xeon-W エキスパートワークステーションプラットフォーム

Intelは、Sapphire Rapids HEDTプラットフォームを、エキスパートワークステーションとメインストリームワークステーションという2つのカテゴリにさらに細分化することを計画している。

エキスパートワークステーションプラットフォームは、2020年に発売されたIce Lake-W Xeon CPUの後継となる。

これらは、最大56個のGolden Coveコアと、4GHzを超えてブーストする最小12個のコアを搭載する予定です。

また、TDPはフラッグシップモデルで350Wまで拡張され、多くのSKUを持つ多様なポートフォリオとなる予定です。

価格については、これらのチップは3000ドルから5000ドルの間と予想され、ウルトラプレミアムパフォーマンスカテゴリーに位置づけられます。

Fishhawk Fallsプラットフォームは、8チャネルのDDR5-4400(1DPC)/DDR5-4800(2DPC)と最大112レーンのPCIe Gen5.0からなる堅牢で次世代のエコシステムとなる予定です。

これらはECCをサポートし、最大4TBのDDR5メモリが可能です(理論上)。

また、デュアルソケットのSPR Expert Workstationマザーボードが登場する可能性も高く、プラットフォームあたりのコア数は、AMDのフラッグシップThreadripperである5995WX(64 Zen 3コア)のほぼ倍となる112コアにアップすることになる。

つまり、総括すると

  • インテル「エキスパート」サファイア・ラピッドHEDT CPU
  • 最大56コア/112スレッド
  • LGA 4677ソケットのサポート(デュアルソケットマザーボードの可能性あり)
  • 112のPCIe Gen 5.0レーン
  • 8チャネルDDR5メモリ(最大4TB)

Intel Sapphire Rapids - Xeonメインストリーム・ワークステーション・プラットフォーム

2つ目のプラットフォームは、よりメインストリームなワークステーション向けに設計されており、Cascade Lake-XとXeon-W Skylake-X (Xeon W-3175X)チップを置き換える予定である。

これらのSapphire Rapids-X CPUは、単一のモノリシック設計で最大24コア48スレッドを揺り動かすことになります。

クロックスピードは5GHz以上(ブースト)、オールコアブーストは4.4~4.6GHz程度に設定される予定です。

CPUのTDPは200〜300WのPL1程度となるが、最終的なクロック構成によっては、トップモデルで300〜400WのPL2程度になる可能性もある。

現時点でCore i9-12900KSのPL2値は241Wなので、より高クロックで動作するコアが増えれば、300Wを超えることも可能だ。

性能面では、24個のGolden Coveコアは、マルチスレッドで32コアの3970Xを簡単に上回ると言われており、32コアの5970Xに対しても同様のことが期待できるが、64コアのトップラインは、Expertプラットフォームでなければ太刀打ちできないだろう。

プラットフォームとしては、4チャネル(EEC)DDR5サポート&PCIe Gen5.0のレーン数が64に減少します。

価格は、これまでのCore-X CPUとほぼ同様となるため、これらのチップは500~3000USドル程度と予想される。以前の噂では、Fishhawk HEDTファミリーはW790/C790 PCHを中心としたものになるとされていたが、少なくとも2つのプラットフォームが用意されていることを考えると、もっと上位のPCH SKUが用意されるかもしれない。

発売は2022年第3四半期、第13世代Raptor Lake CPUと同時期とされているが、今月末のComputexでIntelからプラットフォームのファーストルックが公開されるかもしれない。

Sapphire Rapidsのメインストリームセグメントについてまとめる。

  • Intel 'メインストリーム' Sapphire Rapids HEDT CPU
  • 最大24コア/48スレッド
  • 最大5.2GHzのブーストクロック
  • 最大4.6GHzのオールコアブースト
  • LGA 4677ソケット対応
  • 64 PCIe Gen 5.0レーン
  • 4チャネルDDR5メモリ(最大512GB)
  • 2022年第3四半期発売

Intel HEDT プロセッサー・ファミリ:

Intel HEDT
ファミリ
Sapphire Rapids-X?
(Sapphire Rapids
Expert)
Alder Lake-X?
(Sapphire Rapids
Mainstream)
Cascade Lake-XSkylake-XSkylake-XSkylake-XBroadwell-EHaswell-EIvy Bridge-ESandy Bridge-EGulftown
製造プロセス10nm ESF10nm ESF14nm++14nm+14nm+14nm+14nm22nm22nm32nm32nm
フラッグシップ
モデル
未確認未確認Core i9-10980XEXeon W-3175XCore i9-9980XECore i9-7980XECore i7-6950XCore i7-5960XCore i7-4960XCore i7-3960XCore i7-980X
最大コア数/
スレッド数
56/112?24/4818/3628/5618/3618/3610/208/166/126/126/12
クロック~4.5 GHz~5.0 GHz3.00 / 4.80 GHz3.10/4.30 GHz3.00/4.50 GHz2.60/4.20 GHz3.00/3.50 GHz3.00/3.50 GHz3.60/4.00 GHz3.30/3.90 GHz3.33/3,60 GHz
最大キャッシュ
容量
105 MB L345 MB L324.75 MB L338.5 MB L324.75 MB L324.75 MB L325 MB L320 MB L315 MB L315 MB L312 MB L3
最大PCI-Express
レーン数 (CPU)
112 Gen 565 Gen 544 Gen344 Gen344 Gen344 Gen340 Gen340 Gen340 Gen340 Gen232 Gen2
チップセット
互換性
W790?W790?X299C612EX299X299X99 ChipsetX99 ChipsetX79 ChipsetX79 ChipsetX58 Chipset
ソケット
互換性
LGA 4677?LGA 4677?LGA 2066LGA 3647LGA 2066LGA 2066LGA 2011-3LGA 2011-3LGA 2011LGA 2011LGA 1366
メモリ互換性DDR5-4800?DDR5-5200?DDR4-2933DDR4-2666DDR4-2800DDR4-2666DDR4-2400DDR4-2133DDR3-1866DDR3-1600DDR3-1066
最大TDP~500W~400W165W255W165W165W140W140W130W130W130W
発売時期2022Q3?2022Q3?2019Q42018Q42018Q42017Q32016Q22014Q32013Q32011Q42010Q1
発売時価格未確認未確認$979 US~$4000 US$1979 US$1999 US$1700 US$1059 US$999 US$999 US$999 US

以下に掲載したSKU分解図では、サーバー市場向けのSapphire Rapids-SP XCC dieを筆頭に、少なくとも4つのSKUと3つの異なるプラットフォーム構成が存在する。

これは本格的な製品で、Xeon Workstation HEDTファミリーの一部にはならない。

次に、Sapphire Rapids-112L XCCは、最大112のPCIe Gen 5.0レーンを提供し、Expert Workstationプラットフォーム(デュアルソケットデザインが主流)の下で機能する予定である。

エントリーレベルのSPR-MSWSメインストリームワークステーションプラットフォームは、同じMCCダイを搭載し、4チャネルDDR5メモリをサポートする。

今回の情報では、新しいIntel HEDTファミリーは以下のようなものになりそうです。

  • Sapphire Rapids-AP(Xeonクラスのワークステーション代替品)
  • Sapphire Rapids-X (ハイエンド・エンスージアストクラス代替)
  • Sapphire Rapids-X(メインストリーム・エンスージアストクラスの置き換え)

さて、問題はIntelが3つのファミリーをすべてSapphire Rapidsと呼びたいのか、それともエントリーレベルのメインストリーム向けラインナップを別の呼び名にするのかだ。

すでにAIDA64にはAlder Lake-Xのサポートが追加されており、ワークステーション向けのSapphire Rapidsプラットフォームというよりは、Alder Lake-Sのアップグレード版といった印象のメインストリーム向けファミリーだが、SPRとADLの大きな違いは、HEDTファミリーがPコアのみであるのに対し、後者はハイブリッドコア設計であることかもしれない。

ソース:wccftech - Intel Fishhawk Falls HEDT ‘Sapphire Rapids-X’ Platform Detailed: 24 Cores at 5 GHz For Mainstream, Up To 112 Cores With 8-Channel Memory For Expert Workstations

 

 

 

解説:

Saphire-Rapids-Xには2種類ある。

AMDがThreadripperをほぼOEM専売にしたことによって、自作向けHEDTはCore-Xしか選択肢が無くなりました。

Threadripperに敗れてInetlのHEDTは事実上消滅したわけですが、Golden Coveを得て、復活することになりそうです。

Golden Coveは素晴らしいコアだと思いますが、残念ですが、サーバーの世界ではMilan/-Xに決定的な差をつけていません。

理由は、仕事量が増えればその分発熱も増えるからです。

AlderLakeが高速なのはハイブリッドの仕組みによるところが大きいということです。

全てがPコアで構成されると、仕事量が多い分、発熱も大きくなり、クロックを上げるのが難しくなるということになります。

しかし、AMDが製品供給の点で途中下車してしまいましたので、自作向けのHEDTはSaphire-Rapids-Xが不戦勝と言うことになります。

販売力のあるLenovoに卸した方が安定して売れるのでしょうが、自作erとしては残念な話です。

一時期Core-Xを駆逐する勢いだったThreadripperがこんなに早く自作市場から姿を消すということを誰が予想できたでしょうか?

この世界は本当に先が読めないなと思います。

HEDTはThreadripperも含めて、無理して買うものでもないなと言うのが私の中での位置づけです。

現在はIntelが猛烈な勢いでデスクトップ製品を更新していますが、アップデートの内容によっては更新サイクルの遅いHEDTがすぐに陳腐化する場合もありますので、HEDTを購入されている方はよく考えた方が良いでしょう。

Threadripperをお持ちの方はAMDにこだわらず、Intel製品も視野に入れた方が良いと思います。

HEDTを購入されている方はHEDTでなければならない理由をお持ちだと思いますが、非常に残念なことにThreadripperが自作市場に流れてくることはかなり難しい状況です。

 

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.