GPU情報

インテルARCグラフィックス、ショータイムの準備完了。A750、A580、A380 GPUの販売解禁、希望小売価格、位置付けについて

投稿日:

台湾の友人によると、Intelは1週間前にサプライチェーン・メンバーを対象とした電話会議を開催し、近日発売予定のARCに関する最終情報をいくつか明らかにしたとのことです。

ディスクリートGPUの世界で2つが3つになることは、3年前には単なる希望的観測でしたが、今や非常に現実的なものになりつつあるのです。

]Intel ARC GPUの初期ラインアップがリーク。A750, A580, A380の希望小売価格と位置付けの詳細

我々は、近い将来に発売されるすべてのSKUの詳細を知っています。

Intelは、時期をずらして発売する方向でいくでしょう。

この最初の一撃は、3つのGPUで構成され、そのうち2つは一緒に発売され、1つは数週間後に発売される予定です。

最初のローンチは、A750とA380で、その数週間後にA580が登場する予定です。

フラッグシップのA780は、第一弾では発売されない。興味深いのは、今回、Intelはパートナーに対して具体的な販売解禁時期を明らかにせず、その代わりに範囲を明らかにしたことだ。

早速だが、以下にその詳細を紹介する。

GPU競合製品希望小売価格発売時期
A750RTX 3060$3505月末から
6月初頭
A580RTX 3050$2805月末から
6月初頭
A380GTX 1650$1507月予定
デスクトップ向けARCの販売禁止時期5月15日から6月30日

IntelのミドルレンジパフォーマンスカードはIntel ARC A750グラフィックスカードで、RTX 3060に匹敵する性能になるとのことです。

また、Intelはパートナーに対して、ドライバが急速に改善されており、発売後も継続的な性能向上が期待できると伝えている(AMD FineWineはどうだろうか)。

A750の希望小売価格は350ドルです。

NVIDIAのRTX 3060は希望小売価格が330ドルだが、現在Neweggでは479ドルから599ドルの間で販売されている。

もしIntelがその希望小売価格を強制できれば、かなりお買い得になります。

続いて、RTX 3050とほぼ同等の性能を持つIntelのGPU「ARC A580」が格安でエントリーしている。

ドライバ/パフォーマンスに関するアドバイザリーも同じだ。

A580の希望小売価格は280ドルになる予定だ。

同様に、NVIDIAのRTX 3050は、希望小売価格が250ドルですが、Neweggでは329ドルで販売されています。

最後に、エントリーレベルのIntel ARC A380GPUですが、これはGTX 1650とほぼ同等で、希望小売価格は150ドルと低めに設定される予定です。

NVIDIA GTX 1650の希望小売価格は150ドルですが、現在Neweggでは220ドル程度で販売されています。

Intelがリベートやマーケティング支援を通じてこれらの希望小売価格を強制し、Intelの素晴らしいXeSSの実装(および幅広いゲームサポート)と相まって、同社は市場において非常に良いスタートを切ることができるようになるでしょう。

初期シェアを確立するために、希望小売価格をさらに引き下げた強引な価格設定も問題外ではないはずだ。

しかし、これらの希望小売価格を強制することができない場合、初期の市場シェアを確立するための牽引力を得ることは難しいかもしれません。

ソース:wccftech - Intel ARC Graphics Ready For Showtime: A750, A580 and A380 GPU Sales Embargo, MSRP and Positioning

 

 

 

解説:

Alchemistの販売戦略---販売時期と価格が明らかに

A750/A580が6月初頭、A380が7月初頭くらいになるようです。

詳しくは記事中の表にありますが、A750のライバルがRTX3060、A580のライバルがRTX3050、A380のライバルがGTX1650となるようです。

価格はそれぞれ、競合製品よりもかなり安めに設定されています。

転売屋が買い集めて価格を吊り上げない限りはかなり好意的にみられるのではないかと思います。

RTX3060Ti相当と言われていたA780については販売時期は明言されていないようで、販売解禁時期のみを告知したようです。

それによると5/15から6/30までと言うことになっています。

最初はRTX3080相当と言われていたA780ですが、現在ではRTX3060Ti程度とかなり厳しい立ち位置です。

第1代目のデスクトップ向け高性能ゲーミングGPUはミドルレンジからのスタートとなります。

このラインナップを見るとRDNA1世代を思い出しますが、RDNA1世代の方が全体的にラインナップ中の性能レンジが高かったと思います。

※ 絶対性能ではなく、ライバル製品に対する位置ですから、間違えないようにしてください。

全く新しい製品を発売するということの難しさが見て取れるラインナップてす。

 

こうして考えてみるとnVidiaがARC A780のライバルとしていたRTX3070Ti 16GBの販売を中止した理由がよくわかりますね。

第一世代のARCはあまりぱっとしないスタートになりました。

これで単体GPU製品の設計・製造・販売と言う経験を積んだIntelが一気にコア数が5倍になる第二世代のBattlemageでどのような性能の製品を販売してくるのか注目です。

第一世代のARCはやはりファン向けのアイテムでしょう。

私がツイッターでアンケートを取ったところ、255人中、約1/4の方がAlchemistを購入すると答えていましたので、思いのほか売れるかもしれません。

この時期に販売される製品としてはかなり購入意欲が高いなと感じました。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.