GPU情報

AMD Radeon RX 6950X、RX 6750XT、RX 6650 XTの写真を掲載、発売日は5月10日に変更。

投稿日:

AMD RDNA2 refreshは5月10日販売される

次期フラッグシップRadeon RX 6950XTにリファレンスモデルの「新色」が採用されるという噂を確認しました。

このモデルは、確かにRX 6800XT Midnight Black Editionのデザインを踏襲して販売される(恐らく全く同じものであるはず)。

しかし、最初の噂で触れられなかったのは、RX 6X50XTの全モデルがブラックであるということです。

ほぼ完璧な実績を持つ情報源であるDisclosuzenから、リフレッシュされた新ファミリーの全モデルをフィーチャーした写真が送られてきた。

この情報によると、3つの新型モデルは、以前報道された4月20日ではなく、5月10日に発売されることになったようです。

そのため、日付は延期されましたが、ソースからは理由は述べられていません。

さらに、DIY市場向けのRX 6400も同日に正式発売される予定です。

これらのカードに共通しているのは、18Gbpsという新しいメモリスペックですが、これらの新しいSKUに適用された正確な変更点はまだ確認されていない段階です。

さらに高いブーストクロックとボードパワーは、まだ決まっているわけではありません。

また、RX 6650XTではクーラーのデザインが変更されているのも注目すべき点です。

もはやシングルファン設計ではなく、デュアルファンです。

そのため、ほぼすべてのRX 6600 XTのカスタムモデルの構成と一致しているが、これはこのSKUの新しい電力と性能の要件を満たすために必要だったのかもしれません。

RX 6750XTも同様で、現在は第3ファンを追加しています。

いずれのMBA(AMD製)モデルも、同社の公式ストアで販売される可能性が非常に高いでしょう。

RX 6500XTのシングルファン・リファレンスデザインでは、このようなことはありません。

RX 6X50XTシリーズについては、今後数週間のうちに詳細な情報が得られるでしょう(なにしろ発売までまだ1ヶ月あります)。

スペック、価格、カスタムデザインの可用性に関するさらなる情報を期待しているでしょう。

5月10日までには、すべてが明らかになるはずです。

AMD Radeon RX600シリーズ

GPUストリーム
プロセッサー数
メモリ容量
・種類
メモリ速度TBP
Radeon
RX 6950 XT
7nm
Navi 21 XTXH
5120 16GB
G6 256b
 18 Gbps 350W
Radeon RX
6900 XT LC
7nm
Navi 21 XTXH
5120 16GB
G6 256b
 18 Gbps 330W
Radeon
RX 6900 XT
7nm
Navi 21 XTX
5120 16GB
G6 256b
 16 Gbps 300W
Radeon
RX 6800 XT
7nm
Navi 21 XT
4608 16GB
G6 256b
 16 Gbps 300W
Radeon
RX 6800
7nm
Navi 21 XL
3840 16GB
G6 256b
 16 Gbps 250W
Radeon
RX 6750 XT
7nm
Navi 22 XT (?)
2560 12GB
G6 192b
 18 Gbps不明
Radeon
RX 6700 XT
7nm Navi 22 XT2560 12GB
G6 192b
 16 Gbps 230W
Radeon
RX 6650 XT
7nm
Navi 23 XT (?)
2048 8GB
G6 192b
 18 Gbps不明
Radeon
RX 6600 XT
7nm
Navi 23 XT
2048 8GB
G6 128b
 16 Gbps 160W
Radeon
RX 6600
7nm
Navi 23 XL
1792 8GB
G6 128b
 14 Gbps 132W
Radeon
RX 6500 XT
6nm
Navi 24 XT
1024 4GB
G6 64b
 18 Gbps 107W
Radeon RX
6500/6400
6nm
Navi 24 XL (?)
768 4GB
G6 64b
不明不明
Radeon RX
6400 (OEM)
6nm
Navi 24 XL
768 4GB
G6 64b
 16 Gbps 53W

ソース:Videocardz.ocm - AMD Radeon RX 6950X, RX 6750XT and RX 6650 XT pictured, release date moved to May 10th

 

 

 

解説:

RX6X50シリーズの発売日が後退

RX6950XTをフラッグシップとする新RDNA2ラインナップがリークされましたが、4/20発売予定だったところを5/10に発売が延期になったようです。

延期の理由は定かではないようですが、コロナ禍や半導体不足など、延期される要素は満載の状況のため、何れかなのでしょう。

また、外観に関しても銀色や白をフィーチャーしてきたAMDのリファレンスもでるですが、今回は黒を基調としたデザインになるようです。

これが今後出るかもしれないモデル全てに対してなのか、それとも今回だけなのか、リフレッシュモデル全てになるのかは定かではありません。

しかし、TuringでSUPERリフレッシュが当たり前になったように、AMDもSUPERリフレッシュのような1年経過後の新モデルと言うのは常態化する可能性はあるのではないかと思います。

nVidiaの方は半導体不足やコロナ禍、マイニング需要による猛烈なGPU不足などが原因でAmpere世代のSUPERリフレッシュはままなりませんでしたが、Turingのようにきれいに更新できるならば、わかりやすくて私は悪くないと思います。

元々、マイニングの需要が無ければ、GPUの価格はどんどん下落していくものでした。

そのため、価格が落ち切ってしまう前に新しいモデルを出して実質的に値下げするのは悪くない売り方だと思います。

今年からイーサリアムにPoSが導入される予定で、GPUマイニングは消滅する方向に舵を切ったと私は思っています。

早いところ正常化してほしいと思っています。

以前にも記事に取り上げましたが、Steamの使用率調査を見るとゲーム用として販売されているGPUがゲーム用として使われていない状況にはいかがなものかと思います。

どんなに素晴らしい技術を公開しても、使われなかったら意味がありません。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.