ゲームについて

Nintendo Switch 2の疑惑のスペックがリークされる。NVIDIA Ampere GPUを搭載し、レイトレーシングとDLSS 2.2もサポート

投稿日:

先日のNVIDIAのリークにより、任天堂の次世代機Switch 2の本体とそのスペックが初めて明らかになったかもしれません。

任天堂の次世代機「Switch 2」のスペックがリーク、レイトレーシング&DLSS 2.2対応のNVIDIA Ampere GPUを搭載する可能性も

昨日のNVIDIAのリークは、間違いなく大きなもので、既存および今後の製品に関するいくつかの重要な機密情報を明らかにしました。

リークの1つには、NVIDIAのDLSS技術のソースコードが含まれていたようですが、ユーザーは、ソースファイルに記載されている、次世代コンソールSwitch 2またはSwitch ProのグラフィックスAPIとされる「NVN2」をすぐに発見したようです。

https://twitter.com/NWPlayer123/status/1498699245792239621?ref_src=twsrc%5Etfw

リークされたファイルを掘り下げると、NVN2 APIはNVIDIAのAmpere GPUアーキテクチャで動作するように設計されており、レイトレーシングと前述のDLSS (2.2) 技術の両方をサポートすることを複数のユーザーが発見することが出来ました。

さらに興味深いのは、Kopite7kimi によると、新しい Nintendo Switch 2 コンソールを駆動する予定だった T234/T239 SOC への言及がある点です。

なお、このリーク以前にも、DLSSを搭載したSwitchコンソールが開発中であるとの報告があります。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

これらのSOCはOrinのカスタムデザインで、「D」で始まるコードネームを持つことになります。

SOCのコードネームはDaneかDrakeの2つが考えられますが、これらのSOCとコードネームは、真の次世代Switchコンソールを優先してキャンセルされたSwitch Proにのみ固有のものであると考える人もいるようです。

T234 SOCは、2048 Ampere GPU CUDA Coresと12x ARM Cortex-A78AE (Hercules) 64-bitコアを搭載することが示唆されています。

これをベースにカスタム設計されるT239は、若干異なる仕様になることが示唆されている。

SOCが採用する具体的なGPUはAmpere GA10Fのようで、このチップはOrinと同じSEC8Nレート、Orinの半分にあたる1024 FP32レートを搭載すると言われている(あるいは噂されている)。

また、このSOCはAV1サポートを搭載するようです。

https://twitter.com/kopite7kimi/status/1498826833001066498?ref_src=twsrc%5Etfw

このリークは、これらの仕様が事実であると報告していますが、これらが次世代ゲーム機「Nintendo Switch 2」に採用される最終仕様であると断言することはできません。

これらのスペックは、未発表またはキャンセルされたバージョンのコンソールに固有のものであり、はるかに優れたスペックを持つ新しいバリエーションが登場する可能性も十分にあり得ます。

結局のところ、任天堂自身からの最終的な発表や確認を待つのが一番いいということですね。

SOC名Tegra X1ParkerXavierOrinAtlan
製造プロセスTSMC20nmTSMC16nmTSMC12nmSamsung8nmTSMC5nm?
SOC
トランジスタ数
20億 (Tegra X1)N/A70億 (Xavier)170億 (Orin)未確認
GPU
アーキテクチャー
Maxwell
(256 Core)
Pascal
(256 Core)
Volta
(512 Core)
Ampere
(2048)
Ada Lovelace?
CPU16 Core
ARM CPU
12 Core
ARM CPU
8 Core
ARM CPU
12 Core
ARM CPU
Grace Next
CPU コア
CPU
アーキテクチャー
4x Cortex A57
4x Cortex A53
4x Denver A53
8x Cortex A57
Carmel ARM64
8 Core CPU
(8 MB L2 +
4 MB L3)
ARM Herclues コア
(A72AE)
次世代
Neoverse
システム
メモリ
LPDDR48 GB LPDDR4
(50+ GB/s)
16 GB 256-bit
LPDDR4
LPDDR4xLPDDR5x

ソース:wccftech - Alleged Nintendo Switch 2 Specs Leak Out: Powered by NVIDIA Ampere GPU With Ray Tracing & DLSS 2.2 Support

 

 

 

解説:

先日のnVidiaの情報流出によるリークによってNintendo Switch 2のスペックではないかとされる情報が出回っています。

Ampere2048CUDAコアを搭載するOrinベースのSoCがそれで、DLSSとレイトレーシングに対応しているようです。

私はTegraX1があまり性能が高くなかったことから、Xavierベースになるのではないかと思っていましたが違いましたね。

Orinベースだった場合、CPUはHeracules 64bit ARM 12コアになるわけでかなりの重装備となります。

そのため、かなり大型化するか、かなりカットダウンしてデチューンせざるを得なかったと思います。

これが、Switchの後継機のスペックなのか、去年まで話が出ていて中止になったのではないかと言われるSwitch Proのことなのかはっきりとはしません。

こんな形で流出した情報に対してNintendoはコメントしないでしょうから、結局は発売がそれなりに近くならない限りは詳細は分からないということなのでしょう。

 

 

Amazonで「Nintendo Switch 有機EL」を検索する

-ゲームについて
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.