GPU情報

AMD Radeon RX 6950XT 「RDNA 2 Refresh」グラフィックカード、ブーストクロック2.5GHz以上を揺るがす。

更新日:

今日もまた、AMD Radeon RX 6950XT 'RDNA 2 Refresh' グラフィックカードに関する噂がGreymon55によって投稿されました。

AMD Radeon RX 6950XT 'RDNA 2 Refresh' リファレンスグラフィックスカードは2.5GHzを超えるブーストクロックを搭載へ

AMDは、既存の7nm Navi 21 XTXH GPUで、クロック速度にいくつかの素晴らしい改善をもたらし、より高く安定したクロック周波数だけでなく、3GHzを超えるオーバークロック仕様も可能にしました。

後者は、オーバークロッカーがNavi 21 XTXH GPUを搭載したRadeon RX 6900 XTグラフィックスカードをいくつかのベンチマークで上位に押し上げるのに役立ったことが確認されています。

しかし、Navi 21 XTXHは、同じチップのより洗練されたRDNA 2リフレッシュGPUバリエーションに取って代わられようとしているようです。

https://twitter.com/greymon55/status/1490167588252372993?ref_src=twsrc%5Etfw

RDNA 2 Refresh Navi 21 XTXH GPUにいくつかの最適化を施したAMD Radeon RX 6950XTが2.5GHz超のリファレンスブーストクロックを達成できるなら、同じチップのカスタムモデルはさらに高いブーストクロックを提供できると期待できるだろ。

現在のカスタムモデルはリファレンス比で+250~+300MHz程度なので、同じ数値で計算すると2.8~2.9GHz程度になると思われる。

これは、次期ラインナップで噂されている18Gbpsのメモリダイとの組み合わせで、より大きなパフォーマンスアップとなることが予想されます。

しかし、その代償として、消費電力が上がることになります。

AMDはまだ7nmノードを採用しており、この点は変わりません。さらに、より高いクロック速度とメモリ速度が得られるため、より多くの電力を必要とするのです。

Radeon RX 6900 XTリファレンス・モデルのTDPは300Wなので、RX 6950XTグラフィックス・カードでは350Wまたはそれ以上の数字が期待されます。もちろん、これはまだ確定したわけではありませんが、そうなる可能性は非常に高いと思います。

このグラフィックスカードは、第2四半期、早ければ2022年4月に発売されるという噂もあり、私たちは間違いなくもうすぐ見ることが出来るでしょう。

AMD Radeon RX 6000「RDNA 2」デスクトップ・グラフィックス・カード・ラインナップ:

グラフィックス
カード名
GPU
コードネーム
製造
プロセス
演算ユニット数
/コア数
メモリ容量
/バス幅
メモリ
クロック
TGP希望
小売価格
発売時期
Radeon RX
6950 XT
Navi 21 XTXH?7nm80 / 512016 GB / 256-bit18 Gbps300W?$999 US?2022/4?
Radeon RX
6900 XT LC
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB / 256-bit18 Gbps330W$1199 US2021/1
Radeon RX
6900 XTX
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB / 256-bit16 Gbps300W$999 US2020/10
Radeon RX
6900 XT
Navi 21 XTX7nm80 / 512016 GB / 256-bit16 Gbps300W$999 US2020/10
Radeon RX
6850 XT
Navi 21 XT?7nm72 / 460816 GB / 256-bit18 Gbps300W$649 US?2022?
Radeon RX
6800 XT
Navi 21 XT7nm72 / 460816 GB / 256-bit16 Gbps300W$649 US2020/10
Radeon RX
6850
Navi 21 XL?7nm60 / 384016 GB / 256-bit18 Gbps250W$579 US?2022?
Radeon RX
6800
Navi 21 XL7nm60 / 384016 GB / 256-bit16 Gbps250W$579 US2020/10
Radeon RX
6750 XT
Navi 22 XT7nm40 / 256012 GB / 192-bit18 Gbps230W$479 US?2022?
Radeon RX
6700 XT
Navi 22 XT7nm40 / 256012 GB / 192-bit16 Gbps230W$479 US2021/3
Radeon RX
6600 XT
Navi 23 XT7nm32 / 20488 GB / 128-bit16 Gbps160W$379 US2021/7
Radeon RX
6600
Navi 23 XL7nm28 / 17928 GB / 128-bit14 Gbps132W$329 US2021/10
Radeon RX
6500 XT
Navi 24 XT6nm16 / 10244 GB / 64-bit16 Gbps107W$199 US2022/1
Radeon RX
6500
Navi 24 XL6nm12 / 768?4 GB / 64-bit16 Gbps?TBD$149 US?2022?
Radeon RX
6400
Navi 24 XL6nm12 / 7684 GB / 64-bit16 Gbps53W$139 US?2022/1

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6950XT ‘RDNA 2 Refresh’ Graphics Card To Rock Over 2.5 GHz Boost Clock

 

 

 

解説:

RX6950XTはよりハイクロックまで回る?

リファレンスで2.5GHzまで回るようです。

RX6950XTの一番のウリはメモリの高速化ではなく、こちらの部分かもしれません。

RX6900XTのブーストクロックは2.25GHzまで、なんと250MHzもクロックが上がっています。

安定的にハイクロックが出せるようになったのか、それともOCのマージンそのものが高くなったのか?

現在の3DMark Hall of FAMEはRX6900XTですから、OCのマージンそのものが上がったのであれば、また世界記録を更新するかもしれません。

RTX3090Tiとどちらが性能が高いのか?ちょっと見ものです。

予想がつきません。

RTX3090Tiの方はクロックが上がった分、製品に不具合が出ており、RTX3090の時点でかなり限界までプッシュしていたことが伺えます。

RX6950XTは何のトラブルもなくロンチしてほしいところです。

nVidiaがAmpereを発表した当初、10nmの改良に過ぎないSamsung8nmと知ってがっかりしました。

生産性と性能を計りにかけて「なめプ」したということになります。

そしてモデル末期に差し掛かった今、3DMark Hall of Fameで負けるという「なめプ」した大きな代償を払うことになっています。

次のLovelaceはTSMC5nmでAMDに死に物狂いで勝ちに来るでしょう。

自分としてはいくらAMDを見下していてもGA102だけでも全力を出してほしかったですね。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.