GPU情報

Intel Arc Alchemist「Xe-HPG」GPUのスペック、性能、価格、発売日 - 今、わかっていることの全て

更新日:

Xe-HPGアーキテクチャを採用した初のゲーマー向けGPU「Arc Alchemist」の発売を控え、Intelのディスクリートグラフィックス分野への待望の参入が間近に迫っています。

Intel Arc Alchemist GPU。あらゆる種類のゲーマーに向けた初の主要ディスクリート・グラフィックス・アーキテクチャ[更新日 - 23/01/22】。]

GPUといえば、AMDかNVIDIAの2つの名前しか思い浮かびません。

両社とも、多様な市場に向けて最新のGPUを提供してきた。

デスクトップ、モバイル、ワークステーション、サーバーなどです。

インテルは、グラフィックス分野ではまだ大きな存在感を示していませんが、全社の中で最も高いGPUシェアを誇っています。

なぜ、そうなるのでしょうか? IntelはGPUを搭載していますが、ほとんどすべてのCPUに搭載されている統合型GPUに過ぎません。

そのGPUをコンシューマが使うかどうかは、全く別の話です。

Intelは、ここ数年、Raja Koduri氏が率いるVisual Technologies Groupの設立以来、GPUの世界に参入するための全く新しいグラフィックス・アーキテクチャを2022年にリリースする予定だとしています。

インテルのグラフィックス・ビジョンにおける新たな章、Arcを紹介します。

インテルARC Alchemist GPU - では、それらをどう呼ぶか?

Intelのブランド名はArcで、最初のグラフィックスラインナップはAlchemistと呼ばれ、Xe-HPG(High-Performance Graphics)グラフィックスアーキテクチャを搭載する予定であることは分かっています。

アルケミストという名前はちょっとマニアックに聞こえますが、NVIDIAやAMDが使ってきたScientists & Starというコードネームに比べれば、いい感じです。

また、IntelはAlchemistにとどまらず、将来的にさらに多くのコードネームを発表することを計画しています。

その詳細については、このまま読み進めてください。

簡単に説明すると、各社の現在のグラフィックラインナップのブランディングはこのようになっています。[Company][Branding][Identifer][Family]です。

  • Intel Arc Alchemist
  • NVIDIA GeForce 30
  • AMD Radeon 6000

しかし、それだけでなく、製品の名称もわかってきました。これまでにリークされ、Intelが確認した製品は、少なくとも2つある。

1つは「Intel Arc A380」、もう1つは「Intel Arc A370M」である。

つまり、これらのグラフィックスチップの命名規則は、次のようなものになることが分かっている。

  • Intel Arc A300, A500, and A700 (performance-wise)
  • Intel Arc A130, A150, and A170 (performance-wise)
  • Intel Arc A800, A600, and A200 (referring to the number of Xe slices)

つまり、完全なブランディングは次のようになります(注:以下の製品はネーミングの比較のために使用しているだけで、同じ性能のカテゴリーに入るとは限りません)。

  • Intel Arc A380
  • NVIDIA GeForce RTX 3080
  • AMD Radeon RX 6800

さて、IntelのArc Alchemistグラフィックス製品の呼び方がわかったところで、スペックに話を移そう。

インテル Arc Alchemist GPU アーキテクチャ

インテルARC Alchemist GPUは、主にデスクトップおよびノートブックプラットフォーム向けに設計されています。

現在集まっている情報では、ラインナップは2つのGPUで構成され、それぞれに様々なSKUが用意され、デスクトップ用グラフィックスカードとモバイル用GPUのソリューションにそれぞれフィーチャーされる予定だという。

すべてのIntel ARC Alchemist GPUは、TSMC 6nmプロセスノードを利用し、すでに分かっているところでは、Intel Xe-HPG Alchemist GPUは、第1世代ARCラインアップの基本DNAであるXe-Coreを搭載していることです。

Xe-Coreは、16個のVector Engines(256-bit/エンジン)と16個のMatrix Engines(1024-bit/エンジン)からなるコンピュートブロックである。

各ベクトルエンジンは8個のALUで構成されており、合計で128個のALUが1つのXe-Coreに搭載されていることになる。

各マトリックスエンジンブロックはXMXブロックとも呼ばれ、FP16とINT8の両方のモードでテンソル演算を扱います。

Xe-Coreはさらに、専用のL1キャッシュを備えています。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

Intelは、4つのXe-Coreを融合して、4つのRay Tracing Unit、4つのSampler Unit、Geometry/Rasterize/HiZエンジン、そしてそれぞれに8ユニット搭載した2つのPixel BackendブロックからなるRender Sliceを形成しています。

これらのRender Sliceをまとめて、メインGPUを構成しています。

フラッグシップは、8 Render Slice構成で、32 Xe-Core、512 Vector Engines、4096 ALUを搭載している。

2、4、6 Render Slicesの構成もあるが、今回はフラッグシップの部分にフォーカスしてレポートする。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

IntelのXe HPGアーキテクチャは、Xe LPの1.5倍のクロックレートを実現し、ワットあたりの性能も1.5倍向上させる予定です。

これは、Xe LPのディスクリートGPUのクロックが1.4GHzであったことを考えると、2.1GHz台のクロックが期待できることを意味する。

また、Intelは、消費電力を増やさずに(あるいは性能を一定に保ったまま消費電力を減らして)、このアーキテクチャからさらに電力を絞り出すことができるようになることを意味します。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

2つのGPUのうち、最初の1つはDG2-512(SOC-1)と呼ばれます。

これは最上位のSKUで、メインストリームおよびハイエンドの設計に搭載されます。

2つ目のGPUは、DG2-128(SOC-2)として知られています。

これはエントリーレベルのSKUで、エントリーレベルおよびメインストリームの設計に搭載されます。

各GPUには、それぞれ異なる仕様のSKUがあります。これまでに確認されている構成の一部を次の表に示します。

Intel Xe-HPGベースのディスクリートAlchemist GPUコンフィギュレーション:

GPUモデルグラフィック
カードモデル
GPUダイ実行ユニット数Shading
ユニット数
(コア数)
メモリ容量
・種類
メモリ速度メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
ARC A780?Alchemist
-512EU
512 EU4096最大32/16 GB
GDDR6
18 / 16 / 14 Gbps256-bit~225W (Desktop)
120-150W (NotePC)
Xe-HPG
384EU
ARC A750?Alchemist
-512EU
384 EU3072最大12 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps192-bit150-200W (Desktop)
80-120W (NotePC)
Xe-HPG
256EU
ARC A580?Alchemist
-512EU
256 EU2048最大8 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps128-bit60-80W (NotePC)
Xe-HPG
128EU
ARC A380?Alchemist
-128EU
128 EU1024最大6 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps96-bit~75W (Desktop)
Xe-HPG
128EU
ARC A350?Alchemist
-128EU
128 EU1024最大4 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps64-bit35-50W (NotePC)
Xe-HPG
96EU
ARC A330?Alchemist
-128EU
86 EU768最大4 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps64-bit~35W (NotePC)

インテル Arc Alchemist「DG2-512」GPU仕様 - 上位GPUモデル

Arc Alchemistの最上位GPUはDG2-512となる予定です。サイズは396.2mm2で、NVIDIAのGA014やAMDのNavi 22チップよりも大きいと言われている。

DG2-512を搭載したGPUは、NVIDIAのGeForce RTX 3070(Ti)やAMD Radeon RX 6700 XTに対抗することになる。

NVIDIAは、テンソルコアと非常に大きなRT/FP32コアをチップに詰め込み、AMD RDNA 2チップは、CUごとに1つのレイ・アクセラレータ・ユニットとInfinity Cacheを詰め込んでいます。

また、Intelは、レイトレーシング&AIアシストスーパーサンプリング技術用のAlchemist GPUを専用ハードウェアとしてオンボードで搭載する。

フルダイは、32 Xeコア、512 EU、4096 ALU、256-bitバスインターフェイス、最大16GB GDDR6メモリを備え、クロックスピードは16~18Gbpsとなっている。

以下は、DG2-SOC1をベースに予想されるARC 512 EUのすべてのバリエーションである。

  • 512 EU (4096 ALUs) / 16 GB @ Up To 18 Gbps / 256-bit / 225W (Desktops) & 120-150W (NotePC)
  • 384 EU (3072 ALUs) / 12 GB @ Up To 16 Gbps / 192-bit / 150-200W (Desktops) & 80-120W (NotePC)
  • 256 EU (2048 ALUs) / 8 GB @ Up To 16 Gbps / 128-bit / 60-80W (NotePC)

Xe-HPG Alchemist 512 EUチップのクロックは約2.2~2.5GHzとされているが、これが平均クロックか最大ブーストクロックかは不明である。

これらのチップのTDPターゲットは、ラップトップ用の120Wから始まり、デスクトップ用の300Wまで上がるようだ。

いずれの場合も、最終的なモデルは8+6ピンコネクタ構成になると予想され、リファレンスモデルは、IntelがARCブランド公開時に公開したドローンマーケティングショットに非常によく似た外観になる予定です。

インテル ARC Alchemist vs NVIDIA GA104 & AMD Navi 22 GPU

グラフィック
カード名
Intel
ARC A780?
NVIDIA GeForce
RTX 3070 Ti
AMD Radeon
RX 6700 XT
GPU名Alchemist
DG-512
NVIDIA GA104AMD Navi 22
アーキテクチャーXe-HPGAmpereRDNA 2
製造プロセスTSMC 6nmSamsung 8nmTSMC 7nm
ダイサイズ~396mm2392mm2335mm2
FP32演算コア数32 Xe Cores48 SM Units40 Compute Units
FP32演算ユニット数409661442560
メモリバス幅256-bit256-bit192-bit
メモリ容量
・種類
16 GB GDDR68 GB GDDR6X16 GB GDDR6
発売時期2022Q12021Q22021Q1

インテル Arc Alchemist「DG2-128」GPUの仕様 - 小型GPU

Intel DG2-128は、エントリーレベルおよびメインストリームPCプラットフォームをターゲットとした、より小型のArc GPUとなる予定です。GPUの大きさは約147.7~154.9mm2程度とされている。

これは、このチップが競合する200mm2のTU117のダイよりもずっと小さい。GA107のダイサイズはまだ不明だが、160~180mm2程度になると思われる。

最近リリースされたAMD Navi 24が107mm2しかないのと比べると、より大きなチップとなる。

1024コアのフルファットSKU、96ビット、64ビットのバリエーションがあり、それぞれ6GBと4GBのメモリ容量があります。

96bitは1024コア、64bitは4GBのGDDR6メモリを搭載する。

このチップは、約2.2~2.5GHzのクロックスピードと75W以下の消費電力を特徴とする見込みで、エントリーレベル・セグメント向けのコネクタレス・グラフィックスカードが登場することになります。

以下は、DG2-SOC2をベースに予想されるARC 128 EUのすべてのバリエーションである。

  • 128 EU (1024 ALUs) / 6 GB @ Up To 16 Gbps / 96-bit / ~75W (Desktops)
  • 128 EU (1024 ALUs) / 4 GB @ Up To 16 Gbps / 64-bit / 35-30W (NotePC)
  • 96 EU (768 ALUs) / 4 GB @ Up To 16 Gbps / 64-bit / ~35W (NotePC)

このGPUは、DG1 GPUベースのディスクリートSDVボードと非常によく似ていますが、Alchemistは、より改善されたアーキテクチャ設計で、第1世代のXe GPUアーキテクチャよりも確実に性能が向上しています。

このラインナップは、スペックから見て、間違いなくエントリーレベルのデスクトップ用ディスクリート市場に向けたものになるでしょう。

インテルARC AlchemistとNVIDIA GA106 & AMD Navi 24 GPUの比較

グラフィック
カード名
Intel ARC A350?NVIDIA GeForce
RTX 2050
AMD Radeon
RX 6500 XT
Intel ARC A380?NVIDIA GeForce
RTX 3050
GPU名ARC Alchemist
DG2-128
NVIDIA GA107AMD Navi 24ARC Alchemist
DG2-128
NVIDIA GA106
アーキテクチャーXe-HPGAmpereRDNA 2Xe-HPGAmpere
製造プロセスTSMC 6nmSamsung 8nmTSMC 6nmTSMC 6nmSamsung 8nm
ダイサイズ~155mm2不明不明~155mm2276mm2
FP32演算
コア数
8 Xe Cores16 SM Units16 Compute Units8 Xe Cores24 SM Units
FP32演算
ユニット数
10242048102410242560
メモリバス幅64-bit64-bit64-bit96-bit128-bit
メモリ容量
・種類
4 GB GDDR64 GB GDDR64 GB GDDR66 GB GDDR68 GB GDDR6
TDP35-50W30-45W~75W~75W~75W
発売時期2022Q12022Q12022Q22022Q12022Q1

インテル Arc Alchemist GPUのゲーミング機能

Intelは、GPUの製造がグラフィックス・エコシステム全体の一部に過ぎないことを理解しており、Arc GPUのラインアップを強化するための幅広い機能のポートフォリオを作成しています。

Raja KoduriとLisa Pearceは、グラフィックス開発においてドライバが重要な役割を果たすことを強調し、現在および次世代のAAAゲームとクリエイティブアプリケーション向けにGPUを最適化するために、多くの開発者とスタジオと協力しています。

IntelのDG2 ARC Alchemistは、初の真のゲーミングドライバを提供することになりますが、これは同社独自の取り組みです。

NVIDIAとAMDは、現在のゲーミングドライバ群を最適化するために何年も努力しており、Intelの最初のディスクリートゲーミングGPUを競合と同じレベルにすることは、確かに大きな意義があります。

Intel の Arc Alchemist GPU 向けには、ドライバ固有のさまざまな最適化も Linux に導入される予定です。

Intel Arc GPUが搭載する技術には、以下のようなものがあります:

  • XeSS(Xe Super Sampling) AI支援スーパーサンプリング技術
  • XeGTAO(グラウンド・トゥルース・アンビエント・オクルージョン)
  • Xe DeepLink技術
  • XeXMXとXe-Coresの組み合わせ
  • ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシング
  • インテルGameDevブーストと1oneAPIツールキット

Intelは、505 GameのDeath Stranding、IO InteractiveのHitman 3、Exor StudioのThe Riftbreakerなど、最近のデモでXeSSを利用するゲームをいくつか紹介しているが、これらはいずれもかなり新しいAAAタイトルである。

Intelは、未発表のXe-HPG ARC Alchemist GPUで動作する両ゲームを展示した。

両ゲームは、1080pの解像度と4K XeSSアップスケーリングで比較された。

動画は1080p品質ですが、それでも4K XeSSが両タイトルのビジュアル品質の向上に大きく貢献していることが分かります。

Hitman 3でのインテル ARC Alchemist 4K XeSS Super Resolution デモ :

      

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

Riftbreakersでのインテル ARC Alchemist 4K XeSS Super Resolution:

               

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

アップスケールされた映像は、シャープでぼやけた感じがなく、さまざまなオブジェクトの質感がより詳細に表現されています。

XeSSのプリンシパルエンジニアへのインタビューでは、今後のアップデートでどのようにこの技術を拡張していくかについて詳しく説明しています。

また、4K XeSSの内部デモや、XeSSの技術的な詳細はこちらでご覧いただけます。

XeSSのサポートに加え、Intelは、自社のARC Alchemist GPUでMetro Exodusのレイトレーシングを実行する簡単なデモを示しました。

もう一つのキーテクノロジーはXeGTAOで、これは全く新しいGound-Truth Ambient Occlusionメソッドで、スクリーンスペース環境オクルージョンの進化形であり、より高い画質を実現するための精度を提供するものです。

Metro Exodusでのインテル ARC Alchemist Raytracing デモ :

     

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

インテルXeSSはDG1「Xe-LP」&第11世代CPUとの下位互換性

また、Intelは、XeSS技術が第11世代Tiger Lake GPUのXe-LPベースのDG1 GPU & iGPUの両方と後方互換性があることを確認しました。

Intelはまた、Xe-HPG GPUでワークステーションやコンテンツ制作市場を活用し、3DSMaxなどのアプリケーションで、NVIDIAのQuadroやAMD Radeon PROグラフィックスカードに厳しい競争を挑みたいと考えているそうです。

IntelのARC GPUは、コンテンツ制作や開発アプリケーションにおいて、優れたグラフィックス性能を提供できると明言している。

また、Intelは、ドライバのリリースについても強調し、定期的にリリースし、主要なタイトルが発売されるたびに新しいリリースを行う予定であることを明らかにした。

同社は、グラフィックス部門に大規模な採用を行い、ここ数週間で業界から著名な人物を獲得しています。

ドライバについて触れたので、Intelは、Arc Alchemist GPUが店頭に並ぶときに利用できる最新のドライバスイート内にオーバークロックのツールも統合する予定です。

インテルARCアルケミスト内蔵XeGTAOのデモ:

         

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

また、インテルは、DevMeshプログラムを通じて、インディーからAAAまでの開発者がXeSS技術にアクセスできるようにすることを発表し、インテルのDevMesh公式サイトからフォームを提出することができるようになりました。

IntelはXeSS超解像技術で最大2x FPSを謳っており、ゲーマーにとって選択肢が増えることは素晴らしいことで、この技術はNVIDIAとAMDの両方のGPUで動作する予定です。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

GPUから少し離れて、Intelは第12世代Alder Lake CPUに導入されたハイブリッド設計をゲームエンジンでどのように活用するかについても議論しました。

IntelとIO Interactiveは、GPU側とCPU側の双方を最適化している。

開発者はAIアクセラレーション、キャラクターアニメーション、物理、衝突、オーディオ処理などのバックグランドタスクを活用し、シングルスレッド性能に優れたパフォーマンスコアを、より負荷の高いタスクに利用できるようになると述べられている。

ARC AlchemistとIris Xe GPUを使用したIntel DeepLinkのデモ:

 

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

最後に、Intelが最も興味を示したのは、Xe-HPG ARC Alchemist GPUとIris Xeを連携させ、クリエーション用途での性能を高めるDeepLink技術である。単体のARC Alchemist GPUと、IntelのCPUに統合されたIris Xe GPUと同じARC Alchemist GPUを連携させたDeepLinkを使ったシステムのデモが公開された。

DeepLinkシステムは、Iris Xeチップの性能をより多く活用できたため、Handbrakeでのトランスコーディングが40%高速化されました。

Intel Arc Alchemist GPUのパフォーマンス

インテルは、Arc Alchemistグラフィックスの性能について、これまで口を閉ざしてきました。

発売が超近くなれば、もっと多くのベンチマークを公開することになると思われる。

しかし、それにもかかわらず、我々はいくつかのリークを通じて、これらのGPUがどこに着陸するかがわかっている。

DG2-512は、NVIDIA GA104 & AMD Navi 22の競合となり、DG2-128は、NVIDIA GA106 / GA107 and AMD Navi 24 GPUと競合すると予想される。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

フラッグシップモデルのFP32演算性能は約18.5TFLOPsで、RX 6700 XTより40%高いが、NVIDIA RTX 3070より9%低くなるはずである。

性能の位置づけとしては、デスクトップでは、上位の512EUのバリエーションがRTX 3070 / RTX 3070 Tiに、384EUのバリエーションがRTX 3060 / RTX 3060 Tiに対抗すると言われている。

ノートPC側では、512 EUがRTX 3080と同程度の速度、384 EUのバリエーションがRTX 3070レベル程度、256 EUがRTX 3060に対抗して終了するかもしれない。

エントリーレベルのDG2-128 GPUの性能は、GeForce GTX 1650とGTX 1650 SUPERの間に位置すると思われるが、レイトレーシング機能が搭載されている。最初のリークによると、DG-128はGeForce RTX 3050 Tiと同程度、DG2-512はNVIDIAのGeForce RTX 3070 Tiと同程度であることが示されている。

この性能レベルは、価格が適正であれば、NVIDIAやAMDの類似ソリューションに対して高い競争力を持つことになる。

インテル Arc Alchemist GPUの価格と入手方法

そこで、Intel Arc Alchemist GPUの次のセグメント、それは価格と入手性である。

IntelがAMDやNVIDIAに対して持ちうる大きなアドバンテージは、これらのカードによって、しばらく価値のある製品を見ていなかった250ドル以下の米国市場に参入できる可能性があることだ。

最近の199ドルのAMD Radeon RX 6500 XTは、多方面で失敗に終わり、249ドルのNVIDIA RTX 3050は、機能/性能面では優れていますが、価格設定がまた疑問視されそうです。

現在、IntelもTSMCの6nmプロセスノードに依存することで、他の企業が直面しているのと同じチップ調達の問題に縛られることになりますが、6nmノード自体は、7nmプロセスと比べてそれほど需要があるわけではありません。

そのため、ウェハーの調達は、TSMCでどれだけドルを融通できるかがすべてであり、Intelは実に広い懐を持っています。

その点、Intelは懐が広いので、同レベルかそれ以下の価格設定にすれば、AMDよりも大量に供給できる可能性があり、NVIDIAにも挑戦できるかもしれません。

この場合、Intelにとっては大勝利となるが、それはまだわからない。

ラジャ氏の戦略の1つとして、エントリーレベルのGPUが199~249ドルのトップビン価格になるのに対して、トップパーツは実際には499ドルに近い希望小売価格になる可能性もある。

しかし、それよりも気になるのは入手性だ。これは、Intelにとって、デスクトップPCとノートPCの両方に向けた初の大型ディスクリートGPUの投入となる。

Intelは、Arc GPUの2022年第1四半期と言ったが、それがデスクトップとノートPCの両方なのか、どちらか一方だけなのかは、はっきり言っていない。

噂によると、モバイル向けパーツが先に投入され、デスクトップ向けパーツは2022年のComputexあたりに投入される可能性があると聞いている。

Intelは複数のAIBを持っており、次世代GPU「Arc Alchemist」&カスタムボードの設計に協力していると言われているが、今のところ分かっているのはここまでだ。

Intel Arc GPUのロードマップと今後の製品について

ARC GPUの各世代には、様々なゲームに登場する架空のキャラクタークラスの名前が付けられる予定です。

1つ目はAlchemistで、第1世代のXe-HPG GPUに付けられた命名方式だ。

Intelによれば、Alchemistの名前は、Final Fantasy XIV & Dungeons and Dragonsなど、さまざまなファンタジーゲームに由来しているという。これらのゲームでは、アルケミストは基本的な薬草や元素などのクラフト材料から強力なポーションを作ることができる。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

また、次世代Xe-HPGのラインナップのコードネームがBattlemage、Celestial、Druidであることを明らかにしたように、AlchemistはインテルのARCグラフィックスの旅立ちとなる。これらのキャラクターは、Architecture Day 2021のプレゼンテーションのスライドにも埋め込まれていた。

同サイトによると、Battlemageの名前はElder Scrollsの世界から、Celestialは最近のMarvel Eternalsの映画を含むいくつかのファンタジーから、DruidはファンタジーRPG/RTSの世界でよく見られるキャラクターであるとのことです。

競合他社が科学者や星をモチーフにしたGPU命名規則を使っているのに対し、Intelが既成概念にとらわれず、よりゲームにインスパイアされた名前を採用しているのは良いことだと思います。

また、第5世代Arc GPUのコードネームは「Elasti」と呼ばれ、2026年のリリースが予想されているという噂も見かけました。

現在、これらのキャラクターは、それぞれのARC GPU世代のアイコンとして機能していますが、Intelは、これらのキャラクターを使って他に何ができるかについて、コミュニティに対して意見を求めています。

Intelは、これらのキャラクターを使ったTシャツなど、ARCブランドのグッズを提供する可能性を示唆しており、それはクールなアイデアのように聞こえます。

最近のXeSSショーケースのような将来の技術デモにこれらのキャラクターを登場させるという案もあります。

とはいえ、インテルのARC GPUファミリーをサポートしていることをアピールするために、デスクトップやモバイルデバイスの壁紙として使用できる高解像度の画像をいくつか見ることができます。

 

  

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

インテル ARC ゲーミング GPU ラインアップ:

GPUファミリIntel Xe-HPGIntel Xe2-HPGIntel Xe3-HPGIntel Xe NextIntel Xe
Next Next
GPU製品ARC Alchemist GPUsARC Battlemage GPUsARC Celestial GPUsARC Druid GPUsARC E*** GPUs
GPU
セグメント
メインストリーム
/ ハイエンド
Gaming
(単体GPU)
メインストリーム
/ ハイエンド
Gaming
(単体GPU)
メインストリーム
/ ハイエンド
Gaming
(単体GPU)
メインストリーム
/ ハイエンド
Gaming
(単体GPU)
メインストリーム
/ ハイエンド
Gaming
(単体GPU)
GPU世代Gen 12Gen 13?Gen 14?Gen 15?Gen 16?
製造プロセスTSMC 6nm未確認未確認未確認未確認
仕様 / 設計512 EUs /
1 Tile /
1 GPU
未確認未確認未確認未確認
メモリサブ
システム
GDDR6未確認未確認未確認未確認
発売時期20222023?2024?2025?2026?

ソース:wccftech - Intel Arc Alchemist ‘Xe-HPG’ GPUs Specs, Performance, Price & Availability – Everything You Need To Know

 

 

 

解説:

Intel ARC Alchemistの情報まとめ

発売前の情報纏め記事です。

個人的には2022Q1とだけ告知され、発売日がはっきり明示されていないのは気になります。

と言うのは今まで情報がリークされて、しばらく、音沙汰が無くなり、また情報がリークされるということを繰り返してきたからです。

日にちまではハッキリ出せなくても2022Q1なら2月なのか3月なのかくらいはハッキリ明示してほしいところです。

現時点で音沙汰がないので恐らく3月になると思うのですが、今までズルズルとここまで来てしまったので、Q2に延期になる可能性も小さくはないのかなと思っています。

性能レンジはRTX3070ti前後と正直パッとしませんが、最初の製品と言うことを考えると、悪くないと思います。

通常の場合、RTX3090のような製品は数は売れませんが、存在することによって価格の決定権を得ることができます。

しかし、現在のGPU市場はnVidiaの寡占がすすみ、GeforceにあらずんばGPUにあらずと言う状況が続いているため、Intelがこの分厚い牙城をどこまで崩せるかと言うのが注目のポイントの一つだと思います。

私はAMDのファンですが、今のGeforceの強さはAMD一社ではどうにもならないところまで来ていますので、Intelが参入してくるのは賛成ですね。

第一世代のXeはシェアは取れて10%と見ています。

理想はGeforceからシェアをとるのが良いのでしょうが残念ながら、かなりRadeonと食い合うことになると思います。

私も今から他人にゲーミングPCを組むアドバイスをするならば、やはりGeforceを勧めます。

それが一番無難だからです。

当面はIntelとAMDで弱者連合を組むことになると思いますが、どれだけGeforceの牙城を崩すことが出来るのか注目です。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.