GPU情報

AMD Radeon RX 590 / RX 580 / RX 570 / RX 470 お買い得情報(2019/3/30更新)

更新日:

お断り:この情報は記事執筆時点のものであり、価格が変動している場合がございますので、その際はご了承ください。

※2019/3/30更新

nVidia がTuring世代の新製品Geforce GTX 1660/Tiを発売したのに合わせて、AMD Radeon RX590/580//570/470が特価で出ていますのでご紹介いたします。

まず、Radeon RX590/580//570/470の概要を説明します。

Radeon RX590Radeon RX580Radeon RX570/RX470GTX1660GTX1060 6GBGTX1070
GPU世代Polaris30Polaris20Polaris20 /Polaris10TuringPascalPascal
CUDAコア数(nVidia)140812801920
SP数(AMD)230423042048
ベースクロック146912571168/926153015061506
ブーストクロック154513401244/1206178517081683
メモリ速度8Gbps8Gbps7Gbps8 Gbps8 Gbps8 Gbps
メモリ構成8GB GDDR54GB,8GB GDDR54GB,8GB GDDR56GB GDDR56GB GDDR58GB GDDR5
メモリインター
フェース幅
256bit256bit256bit192bit192bit256bit
メモリ帯域幅
(GB/sec)
256256224192192256
CF/SLI対応YesYesYesNoNoYes
GPU消費電力225W185W150W120W120W150W
推奨電源容量600W500W450W450W400W500W
補助電源
コネクタ
8PX18PX16PX18PX16PX18PX1

 

性能

3DMark Fire Strike & TimeSpyにて比較

性能は上の通りになっている。

比較内ではGTX1070が頭一つ抜けており、続いてRX590=GTX1660、RX580、GTX1060 6GB、RX570、RX470といった感じだ。

おおよそだが、GTX1060でFullHD 6GB最高オプションで60FPSが出る程度の性能だと思っていただいて差し支えない。

 

それでは実際に特価品を見てみよう。

中古

こちらはマイニング落ちの中古になる。

中古は酷使された個体が混じっている可能性があるので、上級者向けだと思ってほしい。

MSI Radeon RX470 Miner 4G

価格 \5,800・・・・売切れ

「いやいや、これ値段おかしいでしょう」という価格のマイニング用RX470。

マイニングブームが終わったとはいえ、GTX1060とほとんど性能の変わらないRX470がこの価格で手に入るのは驚異だ。

在庫僅少なのですでに売り切れの可能性もあるのでご了承を

マイニング用とはいえ、写真だとDVIが一つ付いているので、改造の必要がなく、お得感が非常に高い。

残念ながら売り切れました。

 

Radeon RX 470 MINER 4G バルク 3ヵ月保証

価格 \9,980

こちらは三か月保証付きのバルク品。

中古なのかどうかはっきりわかりません。

多少難ありでもいいかなと思わせる価格。

 

新品

新品は当然不良に当たる確率が小さく、初心者の方にもお勧めだ。

なお、いつもと違ってamazon本体以外の業者が販売している商品もあるので、価格と引き換えにリスクが上がっていると思ってください。

 

ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード

価格 \11,300 → \11,700に値上げ12,100に値上げ

「おいおい、どんだけ在庫処分に困ってんねん」という価格のバルク品RX570。

なんとこの価格で8GB版。どっかのパチもんじゃないかというほどの価格。

バルクとはいえ新品。多分原価割れしてると思います。

値段を見たら「マジかよ」と思わず漏れること確実。

すぐに売り切れしましたが、また在庫が復活しています。

在庫が復活するたびに少しずつ値上がりしています。

お得なものはすぐに売り切れ、決断が早ければ早いほど得をするという良い例です。

欲しい人はすぐに買いましょう。

3/31 すでに売り切れました。決断が遅くて買えなかった方、決断をすべき時がいつなのか、心にとめておきましょう。

一緒に上のケーブルを買っておくと便利です。

 

MSI Radeon RX 570 ARMOR 4G OC グラフィックスボード VD6330

価格 \13,000+送料1,500 \12,800+送料1,500

4Gとは言え箱付きの新品がこの価格というのはありなんですか?と思います。

正気かどうか疑う価格です。

GTX1050Tiを2万で買うなら絶対にこっちを選んだ方がよいでしょうね。

 

MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G グラフィックスボード VD6851

価格 \17,318 →\16,697

amazon本体取り扱いの特価品。

新品で一番安全性の高い特価品でしょう。

箱付きなんでまともな商品が欲しい人はこれで決まり。

今まで紹介した商品と比較すると高く見えますが、これまでの価格があまりにも異常だったのでこれでも十分安いです。

 

 

SAPPHIRE サファイア PULSE RADEON RX 570 8G GDDR5 グラフィックスボード VD6869 SA-PULSERX570-8GGD5OC

価格 \17,318\17,258

こちらはAMDと関係の深いサファイア製のRX570 8GBの箱付きでこの価格はやはり安い。

amazon以外の取り扱いですが、amazon取り扱い品も価格は僅差ですので、お好みで。

 

Radeon RX580 8GB

Radeon RX580になると20,000台になります。

ひたすら価格を追及するか、ある程度性能を追求するかは好みでしょう。

特に特価というわけではありませんが、GTX1600シリーズの登場に合わせて価格改定を受けた新しい製品が安いです。

 

amazon取扱品 \23,680\23,998

 

\23,544

 

\24,600 \23,400

 

 

Radeon RX 590 8GB

特に特価というわけではないのですが、こちらもGTX1600シリーズの発売に合わせて値下げをされた時期に出荷された新しい製品が安いです。

 

\27,720 →\25,370

さらに値下げ!RX590がこの価格はあり得ません。

 

\28,872\28,610

 

最新の12nmで生産されて2018年の末に発売されたばかりのRX590がもう30000円以下です。

こちらはGTX1660とほとんど変わらない性能でGTX1060 6GBよりは明確に性能が上です。

消費電力が高いのが玉に瑕ですが、それが気にならないという人には8GBのVRAMもあって、こちらがお勧め。

ゲーム以外の演算に使うならば256GB/sの帯域を誇るこちらの方が良いでしょう。

 

AMD Freesync対応ディスプレイ

AMD FreesyncテクノロジーはGPUの画面書き換えに合わせて液晶ディスプレイ側も書き換え回数を合わせる技術です。

Freesync対応ディスプレイを使うことによって気になる画面のちらつきや揺れ、がたつきを完全に抑えることができます。

 

価格\13,854 最安のFreesync、IPS液晶

 

FPSゲーマーに贈る 144Hz TN液晶、応答速度0.6msの高リフレッシュレートモニター。キルレートを倍増させる魔法のモニター \24,120

4/1までタイムセールで\22,222

 

 

終わりに:

「いやー、これ、利益出てるんですか?」という価格ばかりの製品でAMDやGPUボードメーカー、店が気の毒になってくるほどです。

まあ、どんなゲームでも安定して性能を出したい人はそれでもGeforceのほうが良いと思いますが、特にこだわってない人は、上の製品の中から選んでも後悔はしないと思います。

とにかく安いです。

特にRX590なんて出たばっかりの製品ですからね。

それだけGPUの世代交代と性能競争が激しいことの証拠なのですが、特にこの時期はGeforceの下位製品が発売されているので血みどろの戦いといってもよいと思います。

これだけの価格ならば、自作狂の人なら、特に必要がなくても一つ買っておいてもいいかなあ・・・と思ってもおかしくないです。

3/30価格情報を更新しました。

いつまでも在庫があるとは限らない製品がありますので、検討中の方はすぐに決断して買った方がよいです。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.