マザーボード関係

Intel B660/H610マザーボードは1月5日に発売、H670シリーズは中止の可能性あり

投稿日:

 

インテル600シリーズマザーボードの発売日がリークされたかもしれない

Intelは現在、1月4日にCES 2022のプレスカンファレンスを開催し、安価な600シリーズと並んでIntel第12世代Core 無印(ロック)CPUを発表することが決まっている。

明らかにされていないのは、このハードウェアの実際のリリース日だ。

しかし、これは2つの中国メディアによって確認されたかもしれない。

ITHomeは、ミドルレンジのB660マザーボードと、エントリーレベルのH610が、噂されていた発表の翌日、1月5日に発売されると報じている。

同サイトによれば、両SKUとも1月には品薄となり、全体的な価格設定は前モデル(H560/H510シリーズ)よりも高く維持される予定だという。

MSI B660M Mortar、ソース:@g01d3nm4ng0

 

一方、MyDriversは、ミドルレンジのH670シリーズが完全にキャンセルされるかもしれないと報じています。

同サイトが指摘するように、B660シリーズがメモリのオーバークロックをサポートして以来、H670は、ほとんどの場合、はるかに良い選択だった安価なZ690マザーボードにほとんど勝るものを提供しない厄介な位置にある。

更新:元のソースは、H670シリーズのキャンセルには言及していませんが、B660/H610と同時にはリリースされないという事実だけは述べています。

インテル600シリーズマザーボード、ソース:日本経済新聞社 TechPowerUP

 

CES 2022でIntelは、モバイル向けAlder Lake-Pシリーズを含む第12世代Coreシリーズの全ラインナップの禁輸を解除する予定です。

また、ノートPC向けのディスクリートGPU「Arc Alchemist」も公開される見通しだ。

ソース:Videocradz.com - Intel B660/H610 motherboards to launch on January 5th, H670 series might be canceled

 

 

 

解説:

H670は遅れるかキャンセルされる?

2022年1月5日に出るとされるH670/B660/H610ですが、1/5に発売されるのはB660とH610だけで、H670は出ないそうです。

キャンセルされるのか遅れるだけなのかわかりません。

B660の機能がアップし、H670との差別化が難しくなって、製品の位置づけが微妙になってきているのでVideocradz.comではキャンセルされるのではないかと予想しています。

ハッキリ区分けされていた製品の差別化が難しくなってくるのは、激しい競争原理にさらされているときによくおきます。

AMDのRyzenは無印モデルとX付の2種類ありますが、その差はIntelよりハッキリしてません。

負けている方が勝っている方に追いつくには値ごろ感やお得感を演出する必要があり、明確な区分けは邪魔になります。

そのため、今回はH670はキャンセルされる可能性もあるのかなと私も思います。

IntelがAMDを引き離し、H670が復活すると、また前のような高止まりの価格に戻るという理解でよいのではないかと思います。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-マザーボード関係
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.