GPU情報

AMD、ボードパートナー向けRDNA 2 Radeon RX 6000 GPUの全製品を密かに値上げしていた可能性、10%の値上げ疑惑が浮上

投稿日:

Board Channelsの最新レポートによると、AMDはRDNA 2を搭載したRadeon RX 6000シリーズGPUの価格を引き上げた可能性があるという。

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」GPUの価格がボードパートナー向けに10%値上げされたとの報道

数日前、AMD社のRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードが、世界中で再び希望小売価格の約2倍で販売されていることをお伝えしました。

しかし、最新の報道によると、最悪の事態はまだ来ていないようです。

Board Channels Forumsは、AMD RX 6000シリーズのグラフィックカードが引き続き大幅に値上げされること、また、この値上げはすべてのRadeon RX 6000シリーズのグラフィックカードに影響し、特定の地域に限定されるものではないことを明らかにしました。

今年11月、AMD Radeon RX 6000シリーズは前月比で9%の値上げを行いましたが、今回の10%の値上げは、今月末に出荷される新しいRDNA 2 GPUバッチに適用される予定です。

その主な理由として、TSMCのファウンドリーコストと7nmウェハーの取得価格が挙げられています。

TSMCは、生産コストとプロセスノード取得コストの増加により、AMD RyzenとAMD Radeonの全ラインナップが7nmプロセスノードに依存しているAMDを含むすべてのパートナーに対して価格を引き上げたとのことです。

AMD RadeonグラフィックスカードとGPUの価格 - 2021年11月 (Hardware Unboxedより):

そのため、AMDはその後、AIBパートナーに対して、同社のRDNA 2 GPUラインナップに基づくRadeon RX 6000シリーズカードの価格を調整するよう通知しました。

そのため、消費者の皆様は、これまでよりもさらに高い価格を支払うことになると思われます。

GPU市場が正常化するのは2023年と言われていますので、それまでは、こちらの記事にあるように、さらに価格の上昇や品薄状態が続くかもしれません。

現在、すべてのレポートは2023年の正常化を指しており、それ以前に奇跡を期待してはいけません。今後数ヶ月の間に新しいGPUの発売が予定されていますので、価格は高くならないまでも、同じような価格になると思われます。

ソース:wccftech - AMD Might Have Silently Increased The Prices of All RDNA 2 Radeon RX 6000 GPUs For Its Board Partners, 10% Price Hike Alleged

 

 

 

解説:

RDNA2のメーカーへの供給価格が10%アップか?

こちらはeBayなどの出品価格からの推測になっています。

恐らく、半導体不足による部材の高騰やTSMCの価格上昇などによるもので致し方ないのではないかと思います。

RadeonはGeforceと比較すると生産量が小さいですから、価格高騰の波をもろに食らうということなのでしょう。

非常に残念なことですが、暗号通貨が暴落でもしない限り、この状況はしばらく続くでしょう。

買えないグラボに意味はあるのかと思いますが、今のところどうしようもない感じですね。

ゲーマーにとっては冬の時代が続くということになります。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.