ゲームについて

Valve社、Steam Deckハードウェアの詳細を発表、AMD Zen2/RDNA2 SoCのコードネームは「Aerith」に決定

投稿日:

Steam Deckの詳細

Steam Deck開発ライブストリームで、Valve社の社員が次期ハンドヘルドデバイスの原理を説明しました。

AMD Aerith SoCは、Zen2マイクロアーキテクチャーを採用した4つのコアを搭載し、クロックスピードは2.4GHzから3.5GHzまでの範囲で変化します。

Valve社は、長時間維持できないピーククロックにこだわるのではなく、安定したクロックを提供することを目指したとしています。

8つのコンピュートユニットを搭載したGPU「RDNA2」も同様に、1.0〜1.6GHzのクロックを実現しています。

Aerith SoC全体のTDPは4〜15Wになります。

Valve社は、開発者がデバイスに何らかのフレーム制限を設けるべきだと主張しています。

Valve社は、SoCが消費する電力に人工的な制限を設けていないことを確認しています。Valve社は、SoCが消費する電力に人為的な制限を設けていないことを確認しています。

ただし、夏場の屋外での使用など、極端なケースでは、高いGPUクロックを維持するために電力消費を抑える必要があるかもしれませんと述べています。

なお、Valve社は、Steam Deckが将来的にグローバルフレームリミッターを搭載することを確認していますが、ゲーム開発者がこれを実装しない場合には、Steam Deckがグローバルフレームリミッターを搭載することになります。

メモリについては、このフォームファクターでは最高の効率を発揮するLPDDR5テクノロジーを採用しました。

ほとんどのゲームは、8GBまたは12GBのRAMでスムーズに動作しますが、まだ発売されていないゲームにも対応できるよう、16GBまで容量を拡張することにしました。

64GBのeMMCメモリを搭載した最も安価なモデルは、NVMeベースの512/1024GBモデルよりも遅くなります。

Valve社のベンチマークによると、ゲームのロード時間は12.5%多くかかり、システムのロード要求は25%遅くなります。

Valve社は、「Steam Deck」が内蔵のUSB3 Gen2/DisplayPort 1.4 DSCコネクタを介して、最大2台の4Kスクリーンを60Hzでサポートすることを確認しました。

このケーブルは最大45Wの充電能力を備えており、ゲーム機をフルスピードで充電しながら、同時にゲームを持続するのに十分です。

また、Webカメラなどの周辺機器を接続しても、最大7.5Wまでしか充電できないため、ゲームの継続に支障はありません。

また、ゲーム開発者を対象としたライブストリームでは、ユーザーインターフェース、ゲームの最適化、デバイスの全体的なゲーム体験についても紹介しています。

Steam Deckは、正式に2ヶ月延期されました。

Valve社初のハンドヘルド・ゲーミングデバイスは、2022年2月頃に最初の顧客に向けて出荷を開始する予定です。

携帯型ゲーム機

Steam DeckOne XPlayerAYA NEONintendo SwitchNintendo Switch
OLED
アーキテクチャーAMD Zen2 & RDNA2Intel Tiger LakeAMD Zen2 (Renoir)ARM CortexARM Cortex
SoCAMD AerithCore i7-1185G7***
Core i7-1165G7**
Core i7-1135G7*
Ryzen 5 4500UNVIDIA Tegra X1NVIDIA Tegra X1
SoC CPU4C/8T @ 3.5 GHz4C/8T * 4.2*, 4.7**, 4.8*** GHz6C/6T @ 4.0 GHz4x A57 + 4x A534x A57 + 4x A53
SoC GPUAMD RDNA2 8 CUs
@ 1.6 GHz
Xe-LP (Iris) 96 EUs
@ 1.35 GHz
AMD Radeon Vega 6
@ 1.5 GHz
NVIDIA Maxwell
256 CUDA
NVIDIA Maxwell
256 CUDA
メモリ16GB LPDDR5-550016GB LPDDR4X-426616GB LPDDR4X-42664GB4GB
ストレージ64GB eMMC
(PCIe Gen2x1)
256GB NVME
(PCIe Gen3 x4)
512GB NVMe
(PCIe Gen3x4)
512GB*, 1TB **
, 2TB *** NVMe SSD
512 GB / 1TB *
NVMe SSD
32GB64GB
ディスプレイ7″ 1280×800 IPS8.4″ 2560×1600 IPS7″ 1280×800 IPS6.2″ 1280×720
5.5″ 1280×720*
7″ 1280×720 OLED
接続性Wi-Fi 5, Bluetooth 5Wi-Fi 6, Bluetooth 5
, USB 4.0 x2
WiFi 6E, Bluetooth 5.2802.11 a/b/g/n/ac,
Bluetooth 4.1
802.11 a/b/g/n/ac,
Bluetooth 4.1
バッテリー40 Whr15,300 mAh12,300 mAh4310 mAh
重量669 g820 g650 g400g / 277g*420g
寸法29.8 x 11.7 x 4.9 cm28.8 x 13.0 x 2.1 mm25.5 x 10.6 x 2.0 cm23.9 x 10.1 x 1.4 cm
20.8 x 9.1 x 1.4 cm*
24.2 x 10.2 x 1.39 cm
OSSteam OS 3.0 (Arch)Windows  10Windows  10CustomCustom
発売価格399 USD (64GB)
529 USD (256GB)
649 USD (512GB)
1,059 USD*
1,158 USD **
1,599 USD ***
$789 (16G/512GB)
$869 (16G/1TB)
299 USD,
199 USD (Lite)
349 USD
発売日2022/22021/6or72021/32017/3
2019/9
2021/10
* Standard Edition
** Pro Edition
*** Ultimate Edition
* 1TB model* Lite

ソース:Videocardz.com - Valve details Steam Deck hardware, the AMD Zen2/RDNA2 SoC is codenamed Aerith

 

 

解説:

Steam DeckのSoCはVan Goghではなく、Aerith

2022年2月に発売日が遅れると言われているSteam Deckですが、ここにきてSoCの情報が出てきました。

Aerithと名付けられたこのSoCが以前噂に出ていたVan Goghと同一のものなのかどうかはわかりません。

 

Steam Deckの欠点

Steam Deckの欠点は64GB版では使い物にならなさそうなところです。

大容量化する昨今のゲームをプレイするにはやはり256GBくらいはあった方が良いでしょう。

また、Steam DeckのNVMe SSDは2240の特殊なもので、一般売りされていません。

購入時にオプション選択するしかないということです。

それを考えると、399ドルの最下位モデルはラインナップされているだけと言うことになります。

ほとんどの人が指摘していませんが、Steam DeckのOSはLinuxベースのSteamOSだということです。

SteamOSはゲームによって動かないこともあるため、完全な互換性を求めるならば別途Windowsを購入しなくてはなりません。

そうすると、さらにストレージの容量を圧迫します。

また、OSの乗せ換えはゲームをするだけのプレイヤーにとってはかなり面倒で、人によっては手に余るということになります。

よくSwitchと比較されますが、それを考えると特にSwitchのライバルではないと私は思います。

 

 

-ゲームについて
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.