CPU情報 GPU情報

Intelの強力な新しいTiger Lake CPUのリーク– Sony PS4と同様に強力なiGPUが含まれています

投稿日:

At CES 2020, Intel previewed upcoming mobile PC processors code-named “Tiger Lake.” Tiger Lake’s new capabilities, built on Intel’s 10nm+ process and integrated with new Intel Xe graphics architecture, are expected to deliver massive gains over 10th Gen Intel Core processors. First systems are expected to ship this year. (Credit: Intel Corporation)

クラウド上のベンチマークスイートは、今後のリリースを追跡するためのより信頼性の高い方法の1つであり、Intelの今後のTiger Lakeプロセッサは非常にグラフィカルなパンチを詰め込むようです。

1.2 GHzのクロック速度の96 EUを搭載したiGPUは、Sony PS4(ギブまたはテイク)と同じグラフィック馬力を出力することができ、エントリーレベルのグラフィック(NVIDIAのMX 150など)の生活を非常に悲惨なものにするはずです。

IntelのTiger Lakeは、エントリーレベルのグラフィックスの市場を完全に排除するよう設定されており、Sisoft Sandraからのこのリークはそれを確認しているようです。

 

IntelのTiger Lake CPUのSisoft Sandraベンチマークをリーク:96EUで1.84 TFLOPのGPU演算性能で1.2 GHzのクロック

Intel TGL-Uプロセッサには、それぞれ96 EUの大規模なiGPUが搭載されます。

EUのSPに対する比率(またはそれらを何と呼んでも)が同じ場合、およそ768コアを見ています。

1.2 GHzのクロックで動作するこれらのコアは、1.84 TFLOPのコンピューティングを出力できます。

興味深いことに、これは元のSony Playstation 4がマークしたグラフィックスパワーとまったく同じレベルです。

誰かがマーケティングでこれを指摘しなければ、Intelは真剣に見逃してしまうでしょう!

難しい話は抜きにして、Sisoftのデータベースから実際に取ったリークの値千金のスクリーンショットを以下に示します。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

問題のリークは、使用中のドライバーが「Release Internal」であるため、インテルのラボから直接発生したようです。

Intel Tiger Lake iGPUは、3.1 GHzのベースクロックを持つCPUとペアになっており、ゲームのコンピューティングサイドを処理する能力を超えている必要があります。

これらの演算性能レベルで、IntelのTGLは統合グラフィックスの見方に革命を起こすように設定されています。

同社は1年の大半をドライバーの調整とGUI体験の改善に費やしており、Tiger LakeによりXe IPは最終的競争に加わり、Intelの一つ目の約束を実現します。

IntelのTiger Lakeモバイルプロセッサは、仕様とアーキテクチャがまったく同じであることを考慮すると、本質的にモバイルフォームファクターのDG1です。

唯一の違いは消費電力であり、これが25W製品か15W製品かによって、大きな違いが生じます。

そうは言っても、このGPUがNVIDIAのMX150や、おそらくMX250と比較してもがっかりすることはないと確信しています。

実際、そのために、NVIDIAはエントリーレベルのラインナップの価格を大幅に引き下げると聞いており、MX350をTiger Lakeに対抗する準備をしています。

とはいえ、少なくともGTX 1650のような本格的な専用GPUを使用するのでなければ、IntelのTiger Lakeグラフィックスは、あらゆる下位のディスクリート・グラフィックス(MX 250のような)の販売価格を非常に難しくするでしょう。

OEMは、IntelのTiger Lake CPUを搭載したパッケージにほぼ同じ性能レベルを収容できる場合、ディスクリートチップに個別の冷却および電力ソリューションを実装する複雑なプロセスにはおそらく入れたくないでしょう。

現時点で懸念しているのは、Intelの需要を満たす能力だけです。これは、NVIDIAのMXラインアップの節約になる可能性があります。

私は、AMDのZenアーキテクチャが注目すべきものであると、地球上で最初に呼んだジャーナリストの1人でした。

これを今から言います。

IntelのTiger Lakeグラフィックスは、モバイル業界のエントリーレベルのグラフィックスの様態を永遠に変えるでしょう 。

ソース:wccftech - Intel’s Powerful New TGL CPU Leaked – Contains An iGPU As Powerful As The Sony PS4

 

 

解説:

Intelの反撃はiGPUから

IntelのTiger Lake内臓グラフィックスは1.84TLOPSとなり、これは、PS4のグラフィックス性能に匹敵します。

間違えないように特に指摘しておきます。PS4です。

PS5ではありませんので、誤解しないようにしてください。

私も最初に見たとき、PS5と勘違いして驚きました。(笑

AMDのRyzen 5 3400GのVega11は1.975TFLOPSであり、これで、ようやくAMDの内臓グラフィックスのレベルに追いついたということになります。

モバイル向けだともう少し落ちると思いますので、ほとんど互角でしょう。

単体GPUでいうと、丁度、GTX1050と同程度です。

RadeonでいうとRX560の2GB版が一番近いでしょうか。

しかし、すでにご承知の方もいると思いますが、Ryzen 5 3400GのGPU性能はこれら単体GPUの性能に遠く及びません。

理由はもちろんメモリの帯域幅です。

GDDR5を使い潤沢なメモリ帯域幅を誇る単体GPUと違い、CPUとメモリを共有し、メモリの帯域幅をも共有する内臓GPUでは、1.84TFLOPSもの演算性能を使いきれないということです。

これはAMDがRenoirのGPUを強化しようとしないことから考えてもよくわかるのではないかと思います。

Intelのことですから、最上位のモデルには128MBのeDRAM(キャッシュ)を埋め込んでくるかもしれません。

しかし、GPUが必要とするメモリの大半はテクスチャの処理に使われますので、128MB程度では焼け石に水です。

一部の処理は高速化するかもしれませんが、限られた範囲になるでしょう。

それよりも、AdobeなどのIntelべったりのソフトハウスが早々にIntel GPUのエンコードなどのGPUの機能に対応することによる高速化のほうが恩恵があるかもしれません。

逆に言えばこれ以上GPUを強化しても、メモリの速度が上がらない限り性能は頭打ちになり、あまり意味がないということになります。

なんにしてもAMDのAPUと同じだけのGPU性能を手に入れたのは素晴らしいことだと思いますし、意義のあることだと思います。

第10世代のモバイル版Coreシリーズは14nmと10nmの併売となり、IceLakeの10nmモデルはタマ数があまり出回りませんでした。

※と少なくともわたくしは感じました。14nmと10nmを併売することによって非常に分かりにくくなっているのも関係していると思います。

今回はかなり大きく差別化されていますので、元記事にも指摘されている通り、最大の問題はきちんと供給できるかどうかでしょう。

 

 

-CPU情報, GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.