ストレージについて

Phison社の次世代コントローラ「E26」を搭載したPCIe Gen 5.0 SSDを2022年に出荷開始、最大16GB/sの高速化を実現

投稿日:

Phison社は、PCIe Gen 5.0 SSD用の次世代コントローラ「E26」を2022年後半に出荷することを発表しました。

このSSDは、11月に発売されるIntel Alder Lake CPUシリーズを含む次世代のPCIe 5.0プラットフォームに対応します。

Phison社のE26コントローラ搭載PCIe Gen 5.0 Ready SSDは2022年に出荷開始

PCIe 5.0は、前世代のPCIe 4.0に比べて帯域幅が増加することが予定されています。

実際、PCIe 5.0では帯域幅の速度が2倍になります。

また、SSDなどのストレージソリューションには、7,000メガバイト/秒以上の高速化への対応が求められます。

Phisonは、ストレージの書き込み速度の高速化の必要性を認識しつつ、帯域幅のレベルにも注目しています。

現在、最高のパフォーマンスを誇るPCIe Gen 4ソリッドステートドライブの多くは、PhisonのE18コントローラを搭載しています。[中略)AMD Ryzen 3000シリーズがデビューしたとき、多くのSSDプロバイダはPhison PS5016-E16ベースのドライブをプロセッサと一緒に発売し、プラットフォームのPCI Express Gen4帯域幅の利点の一部を強調しました。

- Hot Hardware

Phison社は、E26シリーズで初のPCIe 5.0プラットフォームを作成する予定です。

同社はまだ仕様を公表していないが、メディアが聞いたPCIe 5.0の速度については、従来のPCIe 4.0ソリューションよりもはるかに高速になることが予想されると推測される。

「PCIe Gen4 SSDの出荷はまだ増加していますが、PCIe Gen5の技術が利用可能になるとすぐにPCIe Gen5への移行を希望するサーバやストレージの顧客は多くいます。Phisonのカスタマイズ可能なE26 SSDは、エコシステムの実現を支援することで、PCIe Gen5の導入の最前線に位置し、この技術による性能向上の恩恵を受けようとするデータセンターの顧客を促進します。"

-IDCリサーチバイスプレジデント、ジェフ・ジャヌコヴィッチ氏

一般消費者がPCIe 4.0 SSDの真の速度に到達するのはまだ先のことであり、企業がこの特別な市場でより繁栄することが期待されています。

Microsoft社のDirectStorage APIにより、ゲームの開発者はPCIe 4.0を利用して以前よりも速い速度の恩恵を受けられます。

インテル社のAlder Lakeとそれに沿ったPCIe 5.0テクノロジーの真の力を目の当たりにすれば、Phison社はビジネスやコンシューマー向けクライアントのSATA SSDストレージ機能に向けたソリューションを提供するための舞台を用意することができるでしょう。

実際、同社はすでに12ナノメートルのノジュール上に作成されたE26 PCIe 5.0テストチップを作成しています。

彼らは、E26コントローラを搭載したSSDカスタマイズソリューションを、早ければ2022年の後半には企業や家庭で利用できるようになると期待している。

ソース:wccftech - PCIe Gen 5.0 SSDs With Phison’s Next-Gen E26 Controller To Start Shipping in 2022, Up To 16 GB/s Speeds

 

 

 

解説:

SSDのコントローラーで有名なPhision社がPCIe5.0対応のコントローラーE26を出荷するとしています。

時期は2022年後半なので、常識的に考えると搭載製品の登場は2023年になると思われます。

私はPCIe5.0 SSDの登場が半年から1年後と予想しましたが、それよりも若干後ろ倒しになるようです。

出始めの頃のPCIe4.0対応SSDもPhision社のPS5016-E16ばかりでしたので、PCIe5.0対応SSDもそうなりそうな予感です。

今回は時期的にAMDも対応すると思いますので、WesternDigital、Samsung、Crucialなどの大手も最初から製品を投入してくるかもしれません。

型番を予想すると、

PS5012-E12S・・・PCIe3.0

PS5016-E16・・・PCIe4.0

でしたので、

PS5026-E26・・・PCIe5.0

になるんですかね。

コントローラー自体の出荷が2022年後半ですから、搭載製品が出てくるのはまだ先でしょう。

それまでは現行のPCIe4.0対応製品がフラッグシップモデルと言うことになります。

さすがに後1年以上待つのは愚かだと思いますので、新規で組む予定のある方は待たずにPCIe4.0対応製品を買うのが賢いと思います。

 

-ストレージについて
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.