GPU情報

Intel ARC Alchemistグラフィックスカードに主要GPU AIB3社が参加【更新情報】

投稿日:

編集部注, Added 9/25/2021 4:50 AM GMT+5: Raja Koduri氏はAIBからの参加についてコメントしているが、中国の情報源が挙げたエクセクトパートナー(ASUS、MSI、Gigabyte)は独自の情報源からの推測であり、IntelやRaja氏から直接得た情報ではないことを明らかにした。

インテル コーポレーションのAXG(Accelerated Computing Systems and Graphics)グループのシニア・バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーであるラジャ・コドゥーリは、先日、中国メディアのインタビューに応じ、次期ARC AlchemistラインナップGPUについて語っています。

なお、ASUS、GIGABYTE、MSIなどのAIBによるカスタム製品の情報は、中国以外のほとんどのメディアでは言及されていません。

Intel ARC Alchemist、ASUS、GIGABYTE、MSIがカスタムバリエーションを提供へ

Koduri氏は、この3社がIntel Arc Alchemistを搭載したカスタムGPUの開発を行うことを明らかにしました。

これがデザインの発表を意味しているのか、それとも3社が製造するカスタムオプションを意味しているのかはまだ不明です。

現在、ASUS、MSI、GigabyteなどのOEM工場がIntel Arcディスクリート・グラフィックス・カードの発売を予定しており、ディスクリート・グラフィックス技術やグラフィックス・カード市場において、より多くのビジネスチャンスを共に開拓していきたいと考えています。

- マイドライバー

ASUSとMSIは、Arc Alchemistプロジェクトについて、インテルと交渉中であることを確認していると報じられています。

一方、GIGABYTEは、インテルとの提携の可能性についてユーモアを持って話していることを完全には明かしていません。

ASUSは現在、「シングルスロットパッシブデザイン」を採用したIris Xe(DG1)アーキテクチャのバリエーションを発表しており、これはIntel Xe GPU構造とのコラボレーションを意味する。

MSIは最近、DG2 GPUアーキテクチャに関してインテルと協議しています。MSIからは、インテルとの協業に合意しているという話は出ていませんが、中国のメディアから流れてくる報道を見る限り、両メーカーの間で合意が生まれているようです。

VideoCardzによると、コドゥリ氏は日本のメディアチャンネルのひとつであるASCIIとのインタビューで、「Intel Arc Alchemist GPUに関しては、ODM(Original Design Manufacturers)間で差別化を図るべきだ」と述べたという。

これが意味するところは、新しいIntel Arc Alchemist GPUのデザインを採用した完全なカスタム製品か、Intelのデザインを採用した擬似的なカスタム製品のどちらかが登場するということだ。

3社は、インテルまたはAMD構造のマザーボード、NVIDIAおよびAMDのGPUを使用したデザインを採用しており、3社だけでなく他のメーカーも、新しいArc Alchemistデザインでインテルとのコラボレーションを望んでいるのではないかと推測されています。

ソース:wccftech - Intel ARC Alchemist Graphics Cards To See Participation From Three Leading GPU AIBs [Updated]

 

 

解説:

Intel ARC AlchemistのAIBにASUS,Gigabyte,MSIが名乗りを上げる。

前回のAlchemistの記事で気が付いてほっと一安心という感じですが、やはりというか当然というか、ARC ALchemistのAIBに主要3社が手を挙げたようです。

どうもソースがどこなのかと言うことで混乱しているようですが、AIBが付くのはほぼ確実と言ってもよいのではないかと思います。

もちろんですが、他社も手を挙げているのではないかと思います。

AIBが付くということはある程度強気な生産数になるのかもしれません。

今は強気で生産しても売れることは確実ですから、この機を逃す手はないのかなとも思います。

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.