CPU情報 その他

AMD、748,544個の Zen 2コアでヨーロッパで最も強力なスーパーコンピューターを強化

投稿日:

英国政府は本日、HPのスーパーコンピューティング専門子会社であるCrayに、同国の次世代国家スーパーコンピューターの契約を授与したと発表しました。

ARCHER2と呼ばれる新しいスーパーコンピューターは、エジンバラ大学に配備され、AMDのEPYC RomeエンタープライズCPUを搭載しています。

 

言うまでもなく、ARCHER2は、2020年5月にサービスが開始されたときに、最速の完全汎用(CPUのみ)システムの中に位置することが予想されるため、英国の科学コミュニティの能力において大きな前進を示しています。

 

AMD、748,544個の Zen 2コアで英国の最新およびヨーロッパ最速のスーパーコンピューターを強化

ARCHER2は、その前身であるARCHERの計算スループットの11倍以上を提供します。 新しいスーパーコンピューターの機能:

 

  • 28 PFLOP / sのピークパフォーマンス
  • 2.2 GHzのデュアルAMD Rome 64コアCPUを搭載した5,848の計算ノード、合計748,544コアおよび合計1.57 PByteのシステムメモリ
  • 23x Shasta Mountain直接水冷キャビネット
  • 4つのファイルシステムで14.5 PByteのLusterワークストレージ
  • 1.1 PByteのオールフラッシュLustr BurstBufferファイルシステム
  • NetApp FAS8200を使用した災害復旧構成の1 + 1 PByteホームファイルシステム
  • 46の計算グループ、1つのI / Oグループ、1つのサービスグループで構成される、直径3トンボトポロジのCray次世代Slingshot 100Gbpsネットワーク
  • 管理および後処理用のShasta Riverラック
  • 事前にインストールするテスト開発システム(TDS)プラットフォーム
  • 16個の次世代AMD GPUに接続された4個の計算ノードを備えたコラボレーションプラットフォーム

ソフトウェアに関するARCHER2は、AMDのEPYC Rome用の特定の最適化コンパイラとライブラリを備えたCrayプログラミング環境を備えています。

このシステムは、AMDのローマ向けに最適化されたCrayのLinux環境に依存します。

来年ARCHER2が稼働すると、世界で5番目に強力なスーパーコンピューターであり、世界で最も強力なCPUのみのスーパーコンピューターになると予想されます。

ソース:wccftech - AMD Powers Europe’s Most Powerful Supercomputer Ever With 748,544 Zen 2 Cores

解説:

イギリスのエジンバラ大学が採用したARCHER2にAMDのEPYCが採用

・各国の政府案件に刺さりまくるAMD

これらの前のシステムであるARCHER1はどのようなシステムだったのでしょうか?

ARCHER1の概要

ソース:HPCI - スーパーコンピュータ Cray XC30(システムD)

計算ノード:通期32ノード(約30TFLOPS)、256,000ノード時間、集中20週64ノード(約60 TFLOPS)、1,280ノード週
ストレージ:64 TB

計算ノード単体

  • プロセッサ: Intel Xeon 2.5GHz (12core) x 2 (暫定値)
  • 演算性能: 960GFLOPS (暫定値)
  • 主記憶: 64GB

インターコネクト

  • Aries (Dragonfly トポロジ)
  • インジェクションバンド幅:15.7GB/s

機種名

  • Cray XC30

ARCHER1はCrayのXC30というスーパーコンピューターを採用したシステムで使用したCPUはXeonだったのですが、今回はAMDのZen2コアを使ったEPYCが採用されています。

こういったシステムに採用されやすくなっているのももおそらく、中華マネーとか中華人脈が関係していたのではないかと思います。

Intelから売り上げを奪ったということになりますね。

快進撃が続くAMDを象徴するようなエピソードです。

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.