CPU情報

Intel 10nm Sunny Coveの第10世代Ice LakeのES CPUシングルコア性能がわずか3.7 GHzで5.3 GHz 9700Kに匹敵 - Intel Intel Comet LakeとAMD Ryzen 3000の結果がリーク

投稿日:

Intelの10nm Sunny Coveは、先月初めに出荷を開始しましたが、少なくとも消費者向けの最終製品ではまだ実用化されていないようだ。

私達が公にされたデモを見た間、それはSunny Coveアーキテクチャ、Ice Lakeに基づくエンジニアリングサンプルからの疑わしい結果が同じくIntelのComet LakeとAMD Ryzen 3000プロセッサと共にCPU-Zでリークされたように見えます。

 

Intelの第10世代Ice Lake CPUがSunny Cove Coresの性能をリーク、大規模IPC向上がSkylakeアーキテクチャを凌駕 - いくつかのIntel Comet Lake&AMD Ryzen 3000 CPUがシングルコア性能を発表

Intelは、Computexで10nmのSunny Coveアーキテクチャを発表した際、IPCが18%改善され、一部のワークロードではSkylakeアーキテクチャよりIPCが最大40%改善されたことを発表しました。

AMDが15%のIPC改善を主張しているのと同様に、Intelの18%のIPCが上昇していることを確認するための独立した情報源はない。

これらの製品が発売されるのを待っている間、中国のフォーラムメンバーがCPU-ZベンチマークでいくつかのAMDとIntelのチップであると思われるものをそれらのシングルコアパフォーマンスの数値と共に投稿しました。

このチップには、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサと、第10世代彗星湖およびアイスレイクファミリーに搭載されるIntelのESチップが含まれます。

 

AMD Ryzen 3000 CPU CPU-zシングルコアパフォーマンスナンバー

AMD Ryzen 3000シリーズ以降、ユーザーは3つのチップ、Ryzen 5 3600X、Ryzen 7 3700X、およびRyzen 7 3800Xをリストしました。

Ryzen 5 3600Xは4.5 GHzの最大クロックで609ポイントのスコアを提供し、Ryzen 7 3700Xは4.6 GHzの最大クロックで622ポイントのスコアを提供し、Ryzen 7 3800Xは4.7 GHzの最大クロックで635ポイントのスコアを提供します

今、あなたはこれらのクロック速度がAMDがリストした最大ブーストクロックよりなぜ高いのか疑問に思うかもしれません。

その理由は、各チップが高精度ブーストオーバードライブを備えており、標準のブースト周波数に対して100〜200MHzの追加ブースト範囲を提供するためです。

したがって、各チップはできるだけ多くのコアにわたってより高いブースト周波数で動作します。

この特定のCPU-Zベンチマークでは1つのコアしか使用しないため、周波数はシングルコアのみの場合です。

そうは言っても、AMDのRyzen 7 2700Xは4.35GHzで488ポイントのスコアを提供し、Core i9-9900Kは5GHzで600ポイントになるので、AMDはZen 2でIPCを大幅に向上させました。

 

Intel 10nm Sunny Coveの「Ice Lake」および14nmの「Comet Lake」のCPU-zシングルコアパフォーマンスの数値

Intel ESチップに移って、まず10nm Sunny CoveベースのIce Lake CPUについて話をする必要があります。

2つのチップがリストされています。Corei7-1065G7(4コア/ 8スレッド)と非常に初期の6コア、コード名なしの12スレッド部分です。

Core i7-1065G7は3.7 GHzで動作し、639ポイントを獲得しています。 比較のために、5.3GHzのオーバークロック周波数を持つCore i7-9700Kは645ポイントを獲得し、基準Core i9-9900Kは約600ポイントを獲得します。

 

6コアのSunny Cove製品は3.6 GHzの周波数で、5.2 GHz Kaby Lake-Sと4.7 GHzのRyzen 7 3800Xと同等以上の630ポイントを出しています。

これらの結果が真実であるならば(そして大きな疑問)、数年間のIPCの大きな増加の後で、Intelはついに第10世代プロセッサ上でSunny Coveで来る大きなアーキテクチャ上の勝利を得るかもしれません。

 

Intel Ice Lake-U / G 10nmモバイルプロセッサの仕様

CPU名コア数/スレッド数ベースクロックブーストクロック(1コア)ブーストクロック(全コア)内臓GPUTDP
Intel Core i7-1065G74/81.3 GHz3.9 GHz3.5 GHzGen 11 (64 EUs)15W
Intel Core i5-1035G74/81.2 GHz3.7 GHz3.3 GHzGen 11 (64 EUs)15W
Intel Core i5-1035G44/81.1 GHz3.7 GHz3.3 GHzGen 11 (48 EUs)15W
Intel Core i5-1035G14/81.0 GHz3.6 GHz3.3 GHzGen 11 (32 EUs)15W
Intel Core i5-1034G14/80.8 GHz3.6 GHz3.3 GHzGen 11 (32 EUs)15W
Intel Core i3-1005G12/41.2 GHz3.4 GHz3.4 GHzGen 11 (32 EUs)15W

 

Intelは間違いなく6コア、12スレッド製品について言及していませんが、このリークが本当であれば、今年は10世代Gen Ice Lakeファミリーのクアッドコア製品しかないので、来年にはこのチップが実際に動作するようになるでしょう。

最後に、8つのコアと8つのスレッド構成を持つESチップでもある単一のComet Lake製品があります。

このチップは14nm ++ Coffee Lakeのデザインを基にしており、より高度な10nm Sunny Coveアーキテクチャを基にしていません。

 

このチップは5.2 GHzで動作し、640ポイントを獲得しました。これはCore i7-9700K@5300MHzのわずか5ポイント下なだけです。

9700Kと記載されているComet Lake-Sの部分はアーキテクチャの点では非常によく似ており、その唯一の利点は周波数の上昇によるものであることを考えると、このスコアは非常に質実である可能性が高いようです。

しかし、すべてのことを考慮に入れても、これらの結果を割り引いてかが得ることをお勧めします。

下記のコメントでベンチマークについてのあなたの考えを教えてください。

ソース:wccftech - Intel 10nm Sunny Cove ’10th Gen Ice Lake’ ES CPU Single-Core Performance Leaks Out, On Par With A 5.3 GHz 9700K at Just 3.7 GHz – Intel Comet Lake & AMD Ryzen 3000 Results Leaked Too

 

解説:

intleがついに動きました。

6/12スレッドのIceLakeのベンチマークスコアがリーク、わずか3.6GHzでRyzen 9 3800Xと同等のシングルスレッド性能をたたき出したという話です。

Comet Lakeも5.2GHzで動作し、Ryzen 9 3800Xと同等レベルのシングルスレッド性能をたたき出しています。

このリークは中国のフォーラムからのようですが、こういうのはライバル会社へのけん制のために意図的にリークされている可能性もあります。

この話が本当であれば凄いと思いますが、

逆に言えば、

・IceLakeのマルチコア化、高クロック化が難航している

・Comet Laekが14nm++であることから、intel10nmのプロセスは現在モバイル向けであり、デスクトップ向けとして高クロック化するのが難しい

ということです。

問題になるのは時間であり、これらが解決するのが2021年の見込みということです。

2021年にはAMDは5nmになりますので、おそらくクロックも上がり、アーキテクチャーにも手が入ると思います。

Zen4(=Ryzen5000)になると思いますが、それとIceLakeでマッチアップできるかどうかが最大の焦点になると思います。

それまで黙ってみているわけにはいかないのでこうした情報を小出しにして引っ張る予定なのでしょう。

intelという会社は恐ろしく強靭なので必ずRyzen3000シリーズに対してカウンターを入れてくると思いますが、intelファンの方は当面様子を見た方が良いと思います。

現在最新機種をお持ちの方はいくら何でも2年では陳腐化しないでしょう。

ご自分がお持ちのPCで2年という歳月をやり過ごせるかどうか、よく考えて行動してください。

再度お断りしておきますが、intelという会社は間違いなくPCの世界で最強の企業なので何らかのカウンターを入れてくることは確実です。(だからこそ面白いわけですが。)

まあ、AMDの成功の立役者である人材も多数引き抜いていますからね。

ただ、当面はAMDが有利であることには変わりはないので、「宗教的な」こだわりが無ければ、2019年/2020年にPCを更新予定の方はRyzen3000シリーズにした方が良いと思います。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.