CPU情報

AMD EPYC Bergamoは5nmノードで128個のZen 4コアを搭載、Monetは12nmでZen 3コアを搭載したエントリーレベルのモバイルAPUとの噂も

投稿日:

5nmのZen 4を搭載したEPYCと、7nmのZen 3を搭載したAthlon APUという、2つの新しいAMD CPUファミリーが噂されています。

これらのファミリーは、これまで見てきたものとは全く異なり、また、これまであまり耳にしたこともありませんでしたので、その全体像を見てみましょう。

AMD 5nm Zen 4 EPYC Bergamoと12nm Zen 3 Monet APUの詳細 - 最大128コアのサーバーチップとエントリーレベルのクアッドコアのモバイル向けソリューション

まず最初に、AMD EPYC BergamoチップについてはMoore's Law is Deadが、Monet APUについてはRedGamingTechが言及しています。

どちらのソースも、それぞれのビデオで主張を裏付ける十分なデータを提供していますが、AMDが確認するまでは、若干の割り引いて受け止めるべきでしょう。

AMD EPYC Bergamo CPU - 5nm Zen 4 & 最大128コア

AMDのEPYC Genoaが128コアになるという噂がかなり流れていましたが、そろそろそれも収束してきました。

MLIDの情報によると、AMD EPYC GenoaのラインナップにはTSMCの5nmプロセスベースのZen 4コアが搭載され、その数は合計96個になるという。

我々が知る限りでは、AMDは社内で128コアのGenoaを評価またはテストしたかもしれないが、最終的なデザインでは96コアを採用したようだ。

96コアのGenoaチップは、HBMを搭載していないSapphire Rapids Xeon CPUと競合することになります。

しかし、Genoaの後すぐに、AMDはBergamoと呼ばれる別のZen 4ベースのサーバーラインナップを発表する予定です。

EPYC Bergamoチップは、最大128コアを搭載し、HBMを搭載したXeonチップや、コア数の多いAppleやGoogleのサーバー製品(ARMアーキテクチャ)をターゲットにしているという。

MLIDの説明によると、GenoaとBergamoは同じSP5ソケットを使用し、Genoaはより高いクロックに最適化され、Bergamoはより高いスループットのワークロードに最適化されているのが主な違いです。

AMD EPYC Genoaチップのレンダリング結果によると、96コアを達成するためには12個のZen 4 CCDが必要であり、Bergamoが128コアを達成するためには、合計16個のZen 4 CCDが必要となる。

最終的なダイの配置は間違いなく興味深いものになるだろうし、一連のリーク情報からいくつかのリビジョンがレンダリングされている。

AMD Athlon Monet CPU - 7nm Zen 4 & 最大4コア

次にご紹介するのは、エントリーレベルのAPUのラインナップです。AMDのAthlon 3000 モバイル APUは、現在Daliデザインをベースにしていますが、その後継モデルが「Monet」になると言われています。

リーク情報によると、Monetは12nmのZen 3コア・アーキテクチャーを採用し、超薄型ノートPCなどのエントリーレベルのモバイルソリューションに搭載されるようです。

主な違いは、AMDがTSMCの7nmプロセスではなく、GloFoの12nmプロセスノードを利用することです。

現在、すべてのZen 3チップはTSMCの7nmノードを採用しており、Zen 3がTSMC以外のノードで発表されるのは今回が初めてとなります。

同社は、GlobalFoundries 12LP+プロセスを利用すると主張している。

仕様については、エントリーレベルのモビリティAPUで、最大4コア、8スレッドを搭載します。

LPDDR4/Xメモリをサポートし、同様の12nmプロセスノードを採用したRDNA 2グラフィックスアーキテクチャを採用する予定です。

また、APUは2~4個のCPUを搭載し、合計で128/256コアになる見込みです。

クロックについては、7nmプロセスの製品に比べて不足しているため、標準的なZen 3 APUのような高クロックは期待できません。

繰り返しになりますが、これらの仕様はOlrak氏の推測に基づいているため、噂の域を出ませんが、信憑性は高いと思われます。

翻訳

Monetについての予備知識(私の勝手な憶測ですが)ソース:

エントリーレベルのチップを別のFabに移す主な理由は、明らかに将来の供給問題を避けるためです。

Athlonのラインナップはマス・コンシューマ・セグメントを対象としているので、TSMCが現在過剰な制約を受けている中で、いくつかのチップをGloFoに載せるのは良いアイデアだと思う。

AMD Zen CPU/APUロードマップ:

Zen
アーキテクチャー
Zen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5
製造プロセス14nm12nm7nm7nm6nm?5nm3nm?
サーバーEPYC Naples
(1st Gen)
N/AEPYC Rome
(2nd Gen)
EPYC Milan
(3rd Gen)
N/AEPYC Genoa
(4th Gen)
未確認
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen Threadripper
1000
(White Haven)
Ryzen Threadripper
2000 (Coflax)
Ryzen Threadripper
3000 (Castle Peak)
Ryzen Threadripper
5000 (Chagal)
N/ARyzen Threadripper
6000 (未確認)
未確認
デスクトップRyzen 1000
(Summit Ridge)
Ryzen 2000
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000
(Matisse)
Ryzen 5000
(Vermeer)
Ryzen 6000
(Warhol / Cancelled)
Ryzen 6000
(Raphael)
未確認
デスクトップ
ノートPC向け
APU
Ryzen 2000
(Raven Ridge)
Ryzen 3000
(Picasso)
Ryzen 4000
(Renoir)
Ryzen 5000
(Lucienne)
Ryzen 5000
(Cezanne)
Ryzen 6000
(Barcelo)
Ryzen 6000
(Rembrandt)
Ryzen 7000
(Phoenix)
Ryzen 8000
(Strix Point)
低電圧
モバイル
N/AN/ARyzen 5000 (Van Gogh)
Ryzen 6000 (Dragon Crest)
未確認未確認未確認未確認

ソース:wccftech - AMD EPYC Bergamo CPUs To Feature 128 Zen 4 Cores on 5nm Node, Monet Entry-Level Mobility APUs With 12nm Zen 3 Cores Also Rumored

 

 

 

解説:

一時期噂されていた128コアEPYCの噂がまた出ているようです。

こちらはIntelのXeon、SapphireRapidsの対抗ではなく、ARMのサーバー用CPU Neoverseの対抗であるようです。

ここはゲームとはあまり関係が無いのでさらっと流します。

一時期、Van GoghやDragon Crestとして噂されていた超低電圧版のRyzenですが、Steamが発売を予定していたNintendo Switchのようなタブレット型のゲーム機に搭載予定だったとされていました。しかし、このVan Goghはキャンセルされたと言われています。

新たな超低電圧版APUとして、Monetの噂が今回新しく流れてきました。

このMonetの最大の特徴はZen4をGFの12nmで生産するというところでしょう。

※ Zen3でした。

TSMCの容量に余裕が無いので、GFを使うというところには説得力を感じます。

4コア8スレッドと言う今更なコア数、スレッド数ですが、超低電圧版CPUとしてはなかなかパワフルな仕様なのではないかと思います。

Zen4を12nmで作るとどのくらいのダイサイズになるんでしょうか。

超低電圧版のAPUと言えばOEM向けでしょうから、どこからか大量の発注でも受けたんでしょうか。

GFの12nmは約36MTr/mm2、TSMCの5nmは約185MTr/mm2と約5.13倍も(TSMCの7nmは102.1MTr/mm2と2.8倍も)差がありますので、かなりサイスが大きくなりそうな予感です。

 

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.