CPU情報

AMD Radeon RX 6600およびRX 6600XT GPUが新しいアップデートに掲載され、発売が間近に?

投稿日:

ウェブサイトVideocardzを通じて、Twitterで有名な情報提供者である@KOMACHI_ENSAKA氏が、AMDが最近リリースしたドライバーに関する詳細をリークし、将来的にNavi 23を搭載したRadeon RX 6600 GPUおよびRX 6600XT GPUを発売する可能性を示唆しました。

AMDは現在、モバイル向けGPU「Radeon RX 6600M」に「Navi 23」を採用しています。ドライバーアップデートに記載されている両GPUは、以下に示すようにPCデバイスID「73FF」に対応しています。

AMDは、最新のドライバーアップデートで、最新のRadeon RX 6600およびRadeon RX 6600XT GPUを隠しました。

今年初めのCES 2021で、AMDは、将来的にシングルファンを搭載したグラフィックスカードをリリースすることを発表しました。

この新たなリーク情報は、Radeon 6600 GPUおよび6600XT GPU(それぞれNavi 23 GPUを搭載)のことを言っていたようです。

ドライバーアップデートのエントリーとAMDからのヒントに基づいて、私たちはこの2つのグラフィックスカードを同じように発売することになるでしょう。

現在、AMDは、ASUS ROG Strix G15ノートPCに採用されているモバイルRDNA2シリーズを発表しました。

現在のノートパソコンには、RX 6800Mグラフィックスが搭載されています。

また、AMD社は、他のメーカーとの競争力を維持するために、Radeon RX 6700 XTシリーズを今後発売することにも言及しています。

AMD Radeon 6600 GPUおよび6600XT GPUについては、現時点では仕様に関する詳細はわかりません。

しかし、過去の噂では、Radeon 6600XT GPUは8GBのGDDR6メモリを搭載できるようになると言われています。

これが事実であれば、Radeon 6600 GPUは、4GBのGDDR6メモリで動作するか、XTモデルと同じ8GBで動作するかのどちらかになります。

これは、現在すでに使用されているNavi 23 GPUの仕様に基づくものです。

AMDのNavi 23 GPUは、128ビットのメモリバスを備え、最大2048ストリームのデータを処理します。

テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏は、現在、モデルSにAMD Navi 23を搭載しています。マスク氏は、このシステムの性能は、ソニーのゲーム機「Playstation 5」に匹敵すると述べています。

Navi 23は、10 TFLOPs(テラフロップス:1秒間に1兆回の浮動小数点演算が可能)の演算性能を持ち、最大100ワットの電力を採用しており、現在はオフィス用ハイエンドワークステーション向けのAMD Radeon Pro W6600グラフィックスカードに搭載されています。

長くなりましたが、今回のリークのタイミングからすると、AMD 6600および6600XT GPUの発売は(四半期以内に)迫っていると予想されます。

AMD Radeon RX 6000シリーズ "RDNA 2 "グラフィックスカードのラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
GPUNavi 23 (XL?)Navi 23 (XT?)Navi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXH
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ237mm2237mm2336mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数110.6億110.6億172億172億268億268億268億268億
演算ユニット数2832364060728080
SP数17922048230425603840460851205120
TMU数/ROP数未確認未確認未確認160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック未確認未確認未確認2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz
ブーストクロック未確認未確認未確認2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz
FP32演算性能未確認未確認未確認13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅128-bit?192-bit192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック16 Gbps?16 Gbps?16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅256 GB/s?256 GB/s?384 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s
TDP未確認未確認未確認230W250W300W300W330W
価格未確認未確認未確認$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6600 And RX 6600XT GPUs Listed In New Update, Launch Imminent?

 

 

 

解説:

RX6600/XTの記述がドライバ内に登場

いよいよ登場間近と言う感じです。

仕様に関して少し書いておきます。

RX6600/XTに搭載されるNavi23チップはダイ面積237mm2でこれはRX5700XTの251mm2より若干小さい程度です。

Navi22のRX6700XTはRX5700XTよりも性能が上がっていますが、ダイ面積で言えば本来、RX5700XTに近いのはRX66600XTの方でしょう。

トランジスタ数に関してもほぼ同じになります。

こちらはRX5700XTよりも明確に性能が落ちると思いますが、どの程度まで迫れるのか注目です。

と言うのもやはり、レイトレーシング機能とインフィニティキャッシュと言うラスタライズの性能とは関係のない機能が入っていますので、RX5700Tと比較すると明確に不利になる部分なのかなと思います。

インフィニティキャッシュは性能向上に寄与していますが、演算性能に関わるものではなく、メモリ周りと言うことになりますので、敢えて除外しています。

その他、票に関しては上の本文記事中ではRX6600XTのバス幅が192bitとなっていますが、こちらは恐らく128bitの間違いです。

搭載メモリは8GBになりますので、192bitではないと思います。

Geforceも含めた非インフィニティキャッシュ搭載GPUの常識からすると128bitのメモリ幅はかなり心もとないですが、インフィニティキャッシュがありますので実行帯域はもっと広いはずです。

私は64MBだと思っていたのですが、まさかの32MBで、これでどのくらいの性能になるのでしょうか。

RX6700XTと比較すると半分以下の容量になっているので、ネイティブFullHDまでのGPUということなのかなと思います。

AMDもFSRをロンチしましたので、解像度でのくくりは今後あまり意味が無くなるかもしれませんね。

あとはRX6700無印が一向に出ませんがどうなっているのか気になるところ。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.