CPU情報

AMD Zen 3搭載Ryzen Threadripper「Chagal」HEDT CPU、8月に発表、9月に発売との噂

投稿日:

Zen 3コアアーキテクチャを採用したAMDの次世代HEDT CPU「Ryzen Threadripper」は、噂によると8月に発売され、9月に小売が開始される見込みです。

強力なZen 3コアを搭載したAMD Ryzen Threadripper 'Chagal' HEDT CPUが8月に発売、小売価格は9月に決定

数ヶ月前、AMDの第4世代Ryzen Threadripper「Chagal」HEDT CPUが8月に発売されると報告されました。

今回、ServerTheHomeのフォーラムメンバーから新たな噂が寄せられ、Zen 3を搭載したThreadripper CPUが8月に発売されることが確実になったと述べています。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

この噂によると、Zen 3コアを搭載したAMD Ryzen Threadripper「Chagal」HEDT CPUは2021年8月に発売されますが、小売販売は1ヶ月後の2021年9月に予定されています。

この噂では、ラインナップは16コアからになるとも言われています。AMDは、Zen 2コアアーキテクチャを採用した第3世代Threadripperのラインナップでは、16コアのプロセッサを提供していなかった。

同社はすでにRyzen 9 5950XをメインストリームのAM4プラットフォームで16コアのフラッグシップとして提供していますが、複数のPCIe Gen 4レーンと大容量のキャッシュを備えた安価なソリューションは、ハイエンドプラットフォームでも意味を持ちそうです。

第4世代Ryzen Threadripperチップは、既存のTRX40マザーボードと互換性がありますが、新たにBIOSのアップデートが必要になります。マザーボードメーカー各社は、発売直前に必要なBIOSをリリースすることが予想されます。

AMD Ryzen Threadripper 5000 HEDTデスクトップCPUの主な変更点は、Zen 3コアのアーキテクチャそのものであり、既存のZen 2ベースのThreadripper 3000ラインナップと比較して、IPCを19%向上させることができます。

コードネーム「Chagall」と呼ばれるRyzen Threadripper 5000 CPUは、64コアと128スレッドを維持します。

このCPUは、より高いクロック速度、再配置されたキャッシュ(L3)、そしてTSMCの7nmプロセスノードを若干改良して採用し、全体的な効率性を高めています。

AMD Ryzen ThreadripperおよびThreadripper PROは、現在、ハイエンドデスクトップおよびワークステーションの分野で、誰もが認めるチャンピオンです。

Intelは2019年に第10世代Core-Xファミリーを発売したばかりで、現在はまともな競争相手がいません。

AMDはそれ以来、この分野を支配しており、Intelが2021年から2022年の間に発売が予定されているEmerald Rapids HEDT CPUでHEDTとワークステーションへの取り組みに再び焦点を当てるまでは、この状況が続くでしょう。

AMD Zen CPU / APU ロードマップ:

Zen
アーキテクチャー
Zen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5
製造プロセス14nm12nm7nm7nm6nm?5nm3nm?
サーバーEPYC Naples
(1st Gen)
N/AEPYC Rome
(2nd Gen)
EPYC Milan
(3rd Gen)
N/AEPYC Genoa
(4th Gen)
未確認
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen Threadripper
1000
(White Haven)
Ryzen Threadripper
2000 (Coflax)
Ryzen Threadripper
3000 (Castle Peak)
Ryzen Threadripper
5000 (Chagal)
N/ARyzen Threadripper
6000 (未確認)
未確認
デスクトップRyzen 1000
(Summit Ridge)
Ryzen 2000
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000
(Matisse)
Ryzen 5000
(Vermeer)
Ryzen 6000
(Warhol / Cancelled)
Ryzen 6000
(Raphael)
未確認
デスクトップ
ノートPC向け
APU
Ryzen 2000
(Raven Ridge)
Ryzen 3000
(Picasso)
Ryzen 4000
(Renoir)
Ryzen 5000
(Lucienne)
Ryzen 5000
(Cezanne)
Ryzen 6000
(Barcelo)
Ryzen 6000
(Rembrandt)
Ryzen 7000
(Phoenix)
Ryzen 8000
(Strix Point)
低電圧
モバイル
N/AN/ARyzen 5000 (Van Gogh)
Ryzen 6000 (Dragon Crest)
未確認未確認未確認未確認

ソース:wccftech - AMD Zen 3 Powered Ryzen Threadripper ‘Chagal’ HEDT CPUs Rumored For Launch In August, Availability in September

 

 

解説:

デスクトップ版の発売から約1年遅れでようやくThreadripper発売

デスクトップ版の発売から約1年遅れ、今年の9月にZen3コアのThreadripper発売するようです。

Intelの製品ラインナップでThreadripperのライバルはCore-Xシリーズですが、Xeonと比較すると意図的に性能が落ちる仕様になっており、EPYCとそん色ない性能を誇るThreadripperの性能についていけずに第一世代Thraedripperの時代から脱落していました。

決定的になったのは第三世代Threadripperの世代からでしょう。

元々口の悪い人はCore-Xのことを「Xeonに慣れなかったゴミを廃品利用している」と揶揄していましたので、Intelのおごりが生んだ敗北と言ってもよいでしょう。

IntelはCore-Xを通じて「コア数が多い製品=高級品」と言うイメージを作っており、ここもCoreと言うブランドがRyzenに敗北した理由の一つとなっています。

現在のThreadripperはもはやオーバーキル状態となっており、開発リソースの少ないAMDが後に回す判断を行っても仕方ないのかなと思います。

開発リソースを多数持っているIntelがCore-Xをこのまま放棄するとは考えにくいので、また新しくラインナップすると思われます。

新生Core-Xがどうなるのかはわかりませんが、Threadripperのようにクロックの速いXeonと言う位置づけでないとThreadripperに勝つのは難しいでしょう。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.