その他

マリファナ製造の疑いで逮捕され、秘密裏に行われていたビットコイン・マイニングを発見

投稿日:

ウェスト・ミッドランズ警察署のこの投稿を見たとき、私はこれを取り上げなければならないと思いました。

隠蔽された葉っぱの工場と思われていたところを、実際にはビットコインの採掘を行うために電気を盗んでいた男がいたことが判明しました。

私たちがどのような時間軸で生きているのかはわかりませんが、私はコンテンツの質に完全に満足しています。

疑われたマリファナ農場は、実際には違法なビットコインマイニングを行っており、少なくとも月に5000ドルを稼ぎ、グリッドから91KWH(最低)を引き出していた

※ Weed farmはマリファナ農場と翻訳しました。

この投稿では、警察の活動は大麻関連事業に対する50件ほどの令状の一部であり、代わりにビットコイン農場を偶然発見したと言及しています。

熱と電気の消費は、大規模な温室事業(これは大麻工場です)の特徴的な兆候ですが、警察がこの場所に踏み込んだとき、大規模なビットコイン・マイニング事業がグリッドから電気を盗み、大きな換気パイプに熱を捨てているのを発見しました。

5月18日、我々はサンドウェルの工業団地にある施設で麻薬取締令状を執行し、主電源から数千ポンド相当の電力を盗んでいた暗号通貨の「鉱山」を発見しました。

一日のさまざまな時間帯に大勢の人がこの施設を訪れていたこと、たくさんの配線や換気ダクトが見えたこと、警察のドローンが上空からかなりの熱源を捉えたことなどを聞きました。

しかし、警察官が侵入した際には、ビットコインの採掘を行うための約100台のコンピューターが置かれていました。

この令状は、カウンティライン強化週間(5月17日~23日)の一環として執行された約50件のうちの1件で、84人の逮捕者を出し、大量の薬物を押収し、のこぎり状のショットガンや実弾を発射できるように改造された空砲を含む武器を回収しました。

-ウェスト・ミッドランズ警察署

では、この男はどれくらい稼いでいたのでしょうか?ウェストミッドランズ警察が、使用したビットコイン採掘機の正確なモデルを掲載していて、とても参考になりました。

最初の写真には57台のS9 Antminerが写っています。この機種は1秒間に少なくとも13.5THashを出力し、1320W(ピーク時)を消費します。これらのデバイスがすべてS9機種であると仮定すると、この鉱山の収益性をすぐに計算することができます。

このフレームには明らかに採掘者がいて、フレームの左に向かって少なくとも12本の白い送電線を数えました。

つまり、最低でも69人の鉱夫がいたことになります。

つまり、この鉱山の総ハッシュレートは931TH/sで、電力網から合計91KWH(ピーク時)を引き込んでいたことになります。

これはかなりの電力量ですね。一方、ラックには99までの番号が振られているので、その前提で考えると、130KWHの電力を引いていた場合、利益は月に約7000ドルになります。

残念ながら、この人にとっては、この時代遅れのハードウェアでそのハッシュレートでは、現在の難易度で月に4972ドル程度しか得られないので、ビットコインの量としては多くない。

自由に使えるお金ではありますが、気が遠くなるような金額ではありません。

一方、消費電力は膨大な電気代となり、一攫千金を狙って法に触れることを考えたのもわかる。なお、犯人が捕まったかどうかは現在のところ不明である。

ソース:wccftech - Suspected Weed Factory Drug Bust Uncovers A Clandestine Bitcoin Mining Operation Instead

 

 

 

解説:

麻薬生産業者=ビットコインマイナーと言う構図

世界中でGPUを不足させているマイニング業者の一部は麻薬生産農場で麻薬を生産している業者であり、裏社会の資金源になっているということです。

全員が全員そうではないでしょうが小売店の棚に並ぶ前に製品をかっさらっていき、ゲーマーを苦しめている原因を作っているマイニングが犯罪者の資金源になっているという事実は実態よりも多くの印象を市場に与えると思います。

仮想通貨は国際送金システムSWIFTに真っ向から対立する仕組みであり、アメリかも苦々しく思っていることでしょう。

こういった事実が明らかになれば欧米のメディアは喜んで取り上げると思います。

暗号通貨のマイニングの中心になっているのはどう考えても中国の業者なので、現在の欧米vs中国の対立軸を考えるとこうした事実を広められたとしても自然なのかなと思います。

ビットコインのような暗号通貨はあまりに価格の上下が激しく、資産として持つのは適切ではありません。

しかし、通常の銀行口座などよりは当局が把握しにくい上に口座を複数簡単に持つことができますので、犯罪者にとっては楽園のように見えるでしょう。

現在はアメリカの制裁リストに載ると、銀行口座を作ることが出来なくなります。

日本ではヤクザのトップが制裁リストに載っているため銀行の口座が作れなくなっています。

「半グレ」などの集団が出てきたのはこうした国際的な制裁もあってヤクザの力が弱くなってきたことも関係しています。

こうした制裁リストに載ったものの口座が見つかると見つかった銀行の支店は閉鎖されて調査が入るため、銀行も死活問題になります。

このような事情のため、口座を持つのに特に身元の確認が必要ない暗号通貨は「犯罪者に優しい」仕組みを持っていると言えるでしょう。

Moneroなど匿名性の高い通貨もありますので、ある程度の額ならば送金するにも便利だと思います。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.