GPU情報

AMD Navi 23「NVIDIA Killer」GPUが来年ハードウェアレイトレーシングをサポートすると噂

投稿日:

AMDは、内部的に「NVIDIA Killer」と呼ばれるNavi 23という次世代GPUコードを準備中であるとされており、来年発売予定です。

このNavi 23 GPUについては、今年の8月の早い時期に技術分野でささやきが聞こえましたが、Linuxコードダンプに忍び込んだ1週間ほど前に実際に存在することを確認しただけです。

 

AMD Navi 23「NVIDIA Killer」GPUが最初にハードウェアレイトレーシングをサポート

最近のLinuxドライバーのおかげで、Navi 23は、AMDがTSMCの7nm +プロセスノードとRDNA2ゲーミンググラフィックマイクロアーキテクチャで構築している3つの異なるGPUの1つにすぎず、その他はNavi 21とNavi 22であることがわかります。

AMDが登録した数多くの特異な特許と業界の噂、AMDの公式ロードマップに基づいて、第2世代のRadeon DNAアーキテクチャは、ハードウェアアクセラレーションレイトレーシングを完全にサポートする最初の企業になります。

ただし、この特定のソースによると、Navi 23のみが内部的に「NVIDIA Killer」と呼ばれています。

これは、Navi 23が、RTX 2080とRTX 2080 Tiが現在競合していないハイエンドセグメントでNVIDIAとの競争を勝ち抜く大きな(ダイの)Navi GPUだと言われているためです。

ただし、これは単なるうわさであり、多少割り引いて考える必要があるため、ここでは注意を促します。

企業は通常、自社の製品の1つを競合他社のキラーとは呼ばず、まれにそれを行うとはかなりの博打になります。

Big Naviは間違いなく競争し、ハイエンドのグラフィックス市場に価値を加えるように設定されていますが、少なくともそれを「殺す」ことを期待しないでください。 このGPUの競争力を伝えるのは時期尚早です。

特に、NVIDIAのAmpereは角を曲がっており、Turingからかなり大きな世代の飛躍をもたらすようです。

RDNA2 Navi 23 GPUが来年ハイエンドでNVIDIAに競争をもたらす

私たちがこれまで聞いてきたことすべてを考慮すると、Navi 23は2020年にハイエンドセグメントで競合する大型GPUになるでしょう。

完全なハードウェアアクセラレーションレイトレーシングだけでなく、多数の新しいアーキテクチャの改善が期待されています。

最近公開されたいくつかの特許のおかげで、次のようなことがわかっています。

 

  • -可変レートシェーディング
  • -より効率的な混合精度計算
  • -よりスマートで高速なキャッシュ
  • -永続的なコンピューティングとクロックあたりのより高い命令
  • -他の多くの改良点の中で、より高いクロック速度のためのより高度な電圧調整

AMDのCEOであるLisa Suは、同社の最新の決算報告で、来年の次世代製品の焦点はプロセスノードではなくアーキテクチャーになることを確認した。

5nmはプライムタイムの準備が整うまでに数年かかり、7nmはかなり長い間ここにあります。

AMDはすでにプロセス移行の最も困難な部分を過ぎており、新しいノードで最初の製品セットを市場に投入することに成功しています。同社は今年、Ryzen 3000シリーズとNaviでこれを行いました。

エンジニアは、より大きなアーキテクチャの変更に集中できるようになりました。それは来年、CPUとGPUの両方の分野で見られることです。

これは、AMDが今年のIntelとNVIDIAの両方で享受したのと同じプロセスリードを持っていないことを意味します。

しかし幸運なことに、Navi 10は比較的小さなGPUであり、7nmテクノロジー上でさらに大きく強力なGPUを作成する余地があります。

秘Theは、定義された250Wの予算から可能な限り多くのパフォーマンスを引き出すための電力管理です。

Navi 10は、比較的小さいサイズですでに渇望されていたGPUです-251mm²のサイズ(RX 5700 XT)で、545m²の大型TU104(RTX 2080)と同等の電力を引き出します

-そして、赤チームにとっての本当の課題は、アーキテクチャの電力効率をNVIDIAと同等に近づけることで、ハイエンドだけでなく競争する本当のチャンスを得ることです

しかし、来年のNVIDIAの新しい7nm Ampereグラフィックカードのラインナップとは対照的です。

一つ確かなことは、2020年はエキサイティングなものになるだろうということであり、CPUとGPUの両方の市場がどのように変化するのか楽しみです。

ソース:wccftech - AMD Navi 23 ‘NVIDIA Killer’ GPU Rumored to Support Hardware Ray Tracing, Coming Next Year

 

解説:

Navi23はハードウェアレイトレーシングに完全対応し、「nVidia Killer」になると言われているGPUだそうです。

記事中にはかなりこの話に懐疑的な表現が使われていますが、私もそう思います。

誤解の無いように言っておきますが、私はAMDのファンです。

ただし、やはり嘘はつきたくないというだけの話です。

まず文中にある通り、Navi10はダイサイズがたったの251mm2であり、にもかかわらず、225Wという莫大な電力を消費するGPUであることです。

これは、実装されているにも関わらず、未だにVRSという機能が有効になってないと言われていますが、それが原因一つだと思います。

Radeonはしばしば爆熱と言われてきましたが、この点をどうにかしない限りはやはりNvidiaに追いつくのは難しいと思います。

誤解の無いように言っておきますが、Radeonは素晴らしいGPUだと思います。

しかし、積極的に選択する理由が無いのも事実です。

来年、IntelもGPUを発売し、恐らく、Adobeなどの主だったメーカーはほとんどがXeのハードウェアエンコードに対応すると思います。

ゲームだけではなく、アプリケーションにおいても強力な支援をソフトメーカーに行い、その地位を盤石なものにしていくと思います。

Naviが如何に素晴らしいGPUであってもIntelとnVidia、この2社を凌ぐサポートが無い限り先行きは厳しいと言わざるを得ないと思います。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 5700シリーズ発売開始

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.