その他

Apple、2021年に向けてTSMCの5nm生産能力の80%を確保

投稿日:

TSMCがAppleの様々な製品のチップのチーフサプライヤーであることは周知の事実である。

TSMCは、長期的に投資を増やしてチップ開発技術を向上させ続けている。

もちろん、シリコン開発の限界に挑戦し続けるAppleのような有利な顧客がいれば、その顧客を維持するためにできる限りのことをするだろう。

また、iPhone大手のAppleはTSMCを貴重なビジネスパートナーとして認識しており、2021年に向けてTSMCの5nm生産能力の80%を占めているとの最新レポートが発表されている。

5nmの生産能力は、Appleの主要な発売に向けて確保されており、A15 Bionicを含む、次期iPhone 13シリーズの動力源として期待されている

台湾の情報筋からのレポートで、CnBetaが、AppleがTSMCから他の追随を許さない生産能力を確保したと伝えています。

詳細は、TSMCの工場の第3フェーズは2021年の第1四半期から量産を開始することに言及しています。

生産ラインが整うと、同社は毎月約9,000枚のウェハを処理することになります。Apple以外にも、Qualcomm、MediaTek、Broadcomなどの企業がTSMCから5nmの生産を確保している。

2021年にリリースされる予定のApple製品のいくつかは、TSMCの5nmノードで作られたチップを搭載する可能性が高い。

TSMCには、5nmから始まり、5nm+、そして最後に強化された5nmと、異なる顧客のためにいくつかのノードのバリエーションがあることを覚えておいてください。

これらのチップがどの製造プロセスを使用するかは確認されていませんが、来年発表されると予想されるカスタムシリコンを走らせることができます。

まず、我々は新しいiPad Proシリーズの情報を持っており、噂によると、タブレットの新しいファミリは、A14Z Bionicを使用する予定です。

また、これらはAppleからミニLEDスクリーンを搭載した初のタブレットとなるはずで、以前の報道によると、新しいiPad Proモデルは2021年上半期に発表されると予想されています。

次に、AppleのA14Tチップを搭載すると言われている新設計のiMacがありますが、これはAppleにとって専用GPUを搭載した初のマシンになるかもしれません。

最後になりましたが、確かに最後に、我々は9月に予想されるiPhone 13のラインナップを持っています。新しいモデルは、おそらくTSMCのパフォーマンスと電力効率が改善された5nmノード「N5P」で作られたA15 Bionicを動力源とします。

そうは言っても、今後12ヶ月の間には強力なシリコンを搭載した製品がたくさん期待されており、AppleがTSMCの5nm生産能力の80%を確保したのは事実だとしても不思議ではありません。

ソース:wccftech - Apple Has Secured 80 Percent of TSMC’s 5nm Production Capacity for 2021

 

解説:

札束で引っぱたかれるとはこういうこと。

AppleがTSMC5nmの容量の80%を予約したとのこと。

その他、5nmを予約した企業として、スマホ業界からはQualcomm、MediaTek、Broadcomなどの企業が名を連ねています。

5nmはスマホ関連でほとんど容量を使い果たしてしまいそうな勢いです。

2022年に3nmの量産が始まるまで5nmはスマホ関連に予約されたままでしょうね。

それを考えるとRyzenとRadeon、両方を5nmで生産するというのは難しそうです。

2021年はより微細化の効果が大きいRadeonのみが5nmを使うのではないかと思っています。

AMDがスライドなどの資料で詳細を出しておらず、当初の予定にはなかったのかもしれませんが、WarholはVeermer Refleshとなるのではないかと予測しています。

昔は最先端プロセスと言えばPCだったのですが、今は一人一台が常識のスマホがITデバイスの主役となり、巨大な資金が動くようになっています。

ITデバイスの脇役となったPCは残念ながら、スマホ企業が空けた準最先端プロセスを細々と使っているのが現状です。

一時期のWintel全盛時代と比較するとまさに黄昏の時代です。

こうした現状を見ると、nVidiaのLovelaceはSamsungの5nmになるのかなと思います。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.