GPU情報

NVIDIAのGeForce RTX 3080 Tiは2021年1月に発売されると報告され、20GBのGDDR6Xメモリを搭載し、AMD RX 6900 XTに挑む

投稿日:

NVIDIAのGeForce RTX 3080 Tiグラフィックスカードは、早ければ2021年1月に発売され、AMDのフラッグシップグラフィックスカードであるRadeon RX 6900 XTに対抗すると報じられている。

HKEPCによると、数日前に報じられていたように、このカードは大幅なスペックブーストを受け、より多くのメモリを搭載し、AMDの999ドルのグラフィックカードに対して非常に競争力のある価格を実現するという。

NVIDIA GeForce RTX 3080 Tiは2021年1月に発売され、AMDのRX6900 XTに対抗するために、20GBのG6Xメモリ、巨大なコアカウント、競争力のある価格を特徴とする。

NVIDIA GeForce RTX 3080 Tiグラフィックスカードは、AMDのフラッグシップグラフィックスカードであるRadeon RX 6900 XTグラフィックスカードにタックルするように設計されている。

これは、RTX 3080とRTX 3070がRX 6800シリーズのグラフィックスカードに取り組むために存在し続けることを意味します。RTX 3070 Tiバリエーションの噂もあり、これはRX 6800(非XT)と競合するが、RTX 3080は、より低いメモリサイズではあるが、RX 6800 XTと快適に位置しているはずだ。

NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti "噂の "グラフィックスカードのスペック

それからわずか数ヶ月、NVIDIAがついにGeForce RTX 3080 Tiグラフィックスカードの仕様を決定したようです。Kopite7kimiからの詳細情報によると、GeForce RTX 3080 Ti FE(Founders Edition)グラフィックスカードは、PCBデザインがPG133-SKU15、グラフィックスコアがGA102-250-KD-A1となるようです。

GA102-250 GPUの仕様も前回から変更されており、現在はGeForce RTX 3090と全く同じ10496 FP32 CUDAコアとなっている。

つまり、基本的には価格が安いRTX 3090と同じ性能の製品ということになります。

GA102-250 GPUはいくつかの選択ブロックを無効にする可能性があり、カードはほぼ確実に低いクロック速度で動作するだろうが、それはまだ不明だ。

メモリについては、このカードは20GBのGDDR6Xメモリを搭載しています。

RTX 3090の19.5Gbpsの速度とは異なり、GeForce RTX 3080 Tiは19GbpsのRTX 3080と同じメモリ速度になると言われている。

我々は20GBのバスインターフェイスと聞いているので、NVIDIAは760GB/sの合計帯域幅を持つ320ビットのバスインターフェイスを使用することになります。

カードのTGPは、320ワットでRTX 3080と同じに設定されています。

電力は間違いなく増量されたコアを動かすために必要なので、NVIDIAはここで少しクロックを最適化する必要があるかもしれません。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ「Ampere」グラフィックカードの仕様:

グラフィック
カード名
NVIDIA
GeForce RTX
3050 Ti
NVIDIA
GeForce RTX
3060
NVIDIA
GeForce RTX
3060 Ti
NVIDIA
GeForce RTX
3070
NVIDIA
GeForce RTX
3070 Ti?
NVIDIA
GeForce RTX
3080
NVIDIA
GeForce RTX
3080 Ti?
NVIDIA
GeForce RTX
3090
アーキテクチャー
チップ型番
Ampere
GA106?
Ampere
GA106?
Ampere
GA104-200
Ampere
GA104-300
Ampere
GA102-150
Ampere
GA102-200
Ampere
GA102-250
Ampere
GA102-300
製造プロセスSamsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
ダイサイズ未確認未確認395.2mm2395.2mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2
トランジスタ数未確認未確認174億174億280億280億280億280億
CUDAコア数3,5843,8404,8645,8887,4248,70410,49610,496
TMU数 / ROP数未確認未確認152 / 80184 / 96232 / 80272 / 96328 / 112328 / 112
Tensor /
RT Core数
未確認未確認152 / 38184 / 46232 / 58272 / 68328 / 82328 / 82
ベースクロック未確認未確認1410 MHz1500 MHz未確認1440 MHz未確認1400 MHz
ブーストクロック未確認未確認1665 MHz1730 MHz未確認1710 MHz未確認1700 MHz
FP32 演算性能未確認未確認16.2 TFLOPs20 TFLOPs未確認30 TFLOPs未確認36 TFLOPs
RT TFLOP未確認未確認32.4 TFLOPs40 TFLOPs未確認58 TFLOPs未確認69 TFLOPs
Tensor-TOP未確認未確認未確認163 TOPs未確認238 TOPs未確認285 TOPs
メモリ容量
・種類
6 GB
GDDR6?
6 GB
GDDR6?
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
10 GB
GDDR6X?
10 GB
GDDR6X
20 GB
GDDR6X
24 GB
GDDR6X
メモリバス幅192-bit?192-bit?256-bit256-bit320-bit320-bit320-bit384-bit
メモリ速度未確認未確認14 Gbps14 Gbps未確認19 Gbps19 Gbps19.5 Gbps
メモリ帯域幅未確認未確認448 Gbps448 Gbps未確認760 Gbps760 Gbps936 Gbps
TGP未確認未確認180W?220W320W?320W320W350W
価格
(リファレンス
モデル価格)
未確認未確認$399 US?$499 US$599 US?$699 US$899 US?$1499 US
発売2021?2021?2020/12/022020/10/292020Q4?2020/09/172021/12020/09/24

性能面では、このカードがAMD Radeon RX 6800 XTに挑むことが期待できるが、NVIDIAがRTX 3080よりも高い価格帯でRTX 3080 Tiを提供する予定なのか、それとも競合に合わせて既存のRTX 3080とRTX 3070カードの価格を引き下げる予定なのかはわからない。

NVIDIAのGeForce RTX 30シリーズの供給は、工場から小売セグメントに出荷されるとすぐに販売されるので、値下げはすぐには行われないと思います。

RTX 3080 Tiの価格は899-999ドルで、少なくともRX 6800 XTより249ドル高い。

また、GeForce RTX 3090はRTX 3080よりも10-15%ほど速く、RTX 3080 Tiも同じ範囲内に収まると予想されている。

これは、ほとんどの場合、780が競争相手に対して私たちを感動させることができなかったGeForce GTX 780とRadeon R9 290Xの間にあったことの繰り返しのように見え、NVIDIAは、R9 290Xによって行われたダメージを元に戻すために、わざわざGeForce GTX 780 Tiをリリースしなければならなかった。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti Reportedly Launching in January 2021, Will Feature 20 GB GDDR6X Memory & Tackle AMD RX 6900 XT

 

 

解説:

身内から出るRTX3090キラー、RTX3080Ti

前から噂があったRTX3080Tiが1月に発売されるという情報が出てきました。

RTX3090と同じCUDAコア数で価格は$899ですので、RTX3090はほぼ死んだと言ってもよいでしょう。

こういうことがあるのでPCパーツは転売に向かないと言っていたのですが、転売屋は大爆死でしょう。

既存のRTX3090ユーザーもかなりのダメージでしょう。

一寸先は闇、それが最先端PCパーツの世界です。

とても素人が簡単に入ってこれる世界ではありません。

ではRX6900XTを高額で販売して売れるかと言えばそれも疑問です。(苦笑。

理由はRadeonはGeforceと違ってブランドが弱いこと、RX6900XT、RX6800XT、RX6800とこの3つのモデルは同じチップの選別品を使っており、一定の割合で供給されることになります。

RX6800XTはSP数有効率90%、RX6800はSP数有効率75%なのでそれなりの数が出回るでしょう。

RX6900XTが手に入らなくてもRX6800XTが出回れば妥協するユーザーも多いと思いますし、そもそもGeforceでなければ嫌と言うユーザーも多いと思います。

Polaris発売前後からnVidiaとは差がついていき、競ることはなくなってしまいましたが、ちょっと前まではこう言うことは普通にあったと思います。

PCパーツで転売できるなんて痛い勘違いしてるのは最近入ってきたニワカだけです。

RX6900XTはRTX3090と同程度の性能を誇り価格が$999ですので、RTX3080Tiのリリース決定(?)はある意味仕方なかったのかなと思います。

RTX3090との違いはメモリ周りだけと言うことになります。

クロックも調整されると書いてありますが、AIBのカスタムモデルが出ればクロックの上限などあってないようなものです。

これでRX6900XTに勝てるかと言われれば、はなはだ疑問と言わざるを得ません。

なぜなら、RTX3090とほとんど同じ性能だからです。

しかし、価格を下げるためにはスペックを落とさざるを得なかったのでしょう。

RX6000シリーズがXDMA(CrossFireのNavi版)に対応しているのかどうかはわかりませんが、このRTX3080TiがSLiに対応するのかはわかりません。

していたら極限まで性能を追求するためにRTX3090を二枚買ったユーザーはかなりのダメージでしょう。

まあ、いずれにしても来年(もしくは2023年初頭)のRDNA3に対抗するには全く新しい製品を出すか、GA102やGA104をTSMCの7nmで作るしかありませんので、今後も今までの製品が無意味になるような高性能製品が出ることは確実でしょう。

転売とは無関係の我々一般ユーザーにとっても残酷な話ですが、これがPCパーツの世界です。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.