GPU情報

512個のEU、4096個のコア、12GB GDDR6 VRAM、最大1800MHzのクロックを備えたIntel Xe-HPG DG2フラッグシップゲーミングGPUを発見

更新日:

Intel社のフラッグシップモデルであるゲーミングGPU「Xe-HPG DG2」が、その仕様とともにGeekbenchデータベースに掲載されました。

Xe-HPGは、ゲーミンググラフィックスカードに特化したラインナップで、今年後半に発売される製品には、エンスージアスト向けとメインストリーム向けの両方のオプションが用意される予定です。

Intel Xe-HPG DG2」フラッグシップ・ゲーミングGPUが登場 - 512個のEU、4096個のコア、1800MHzクロック、12GB GDDR6 VRAMを搭載?

Intel Xe-HPG DG2」は、512個の実行ユニットを搭載し、4096個のコアを搭載していることが分かりました。

GPUのクロックスピードは1800MHz(最大)を維持していますが、今回テストされたGPUはまだエンジニアリングの状態なので、このクロックスピードがグラフィックスカードの最終的なクロックスピードになるかどうかはわかりません。

VRAMについては、12.6GBのメモリ容量となっていますが、これは間違いです。ベンチマークがVRAMの容量を正しく認識できていないようで、合計で12GBとなっている可能性があります。

また、Xe-HPG DG2 GPUは、Geekbenchのログファイルに見られるように、4MBのL2キャッシュを搭載しています。

驚くべきことに、Xe-HPG DG2 GPUは、16コア24スレッドの第12世代プロセッサーで構成されるIntel Alder Lake-S Desktop CPUプラットフォームでテストされました。

このCPUのクロックは、ベースクロックが2.20GHz、ブーストクロックが4.60GHzです。

Alder Lake CPUは、L3キャッシュ30MB、L2キャッシュ6MBを搭載し、LGA 1700ソケットに対応しています。

テストプラットフォームは32GBのDDR5メモリで構成されています。

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

Intel Xe-HPG DG2 GPUのOpenCLテストの結果は実に悪く、Fermiアーキテクチャを採用したGeForce 500シリーズのグラフィックカードさえもはるかに凌駕しています。

これは、今回テストしたXe-HPG DG2 GPUが、評価された最初のユニットの1つであることを裏付けています。

まだ最適化されたドライバーが提供されていませんが、ドライバーが提供されれば、性能は間違いなく向上し、最新のグラフィックカードと同等の性能を発揮するでしょう。

なお、先月、intel社のXe-HPG DG2のラインナップについて、いくつかの可能な構成がリークされました。

それらのバリエーションには、12GBのVRAMを搭載した512EUの製品はリストアップされていなかったので、今回の製品はテスト用のバリエーションか、あるいは単にリストに記載されていないバリエーションである可能性が高いです。

これが最終的なGPUのバリエーションである場合、512 EU GPUには12GB(192-bit)と16GB(256-bit)の両方のフレーバーがあることになります。

Intel Xe-HPG DG2 512 EUディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カード

Xe-HPGベースのDG2 GPUの各SKUは、フルファットチップからいくつかのカットされたバージョンまで、さまざまな構成で提供されます。これは、NVIDIAのAmpere GA102-400、GA102-200や、AMDのNavi 21 XTX、Navi 21 XT、Navi 21 XLのような命名規則に似ています。

最上位のDG2 512 EUバージョンは、今のところ1つの構成しか掲載されておらず、4096コア、256ビットバスインターフェース、最大16GB GDDR6メモリ(8GB GDDR6も掲載されている)のフルダイを使用しています。

需要と歩留まりに応じて、Intelはこのフラッグシップチップのバリエーションをさらに増やす可能性がありますが、今のところ断言はできません。

Intel Xe-HPG DG2 GPUベース・ディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カードの仕様:

GPUモデルGPU SKU実行
ユニット数
シェーディング
ユニット数 (コア数)
メモリ容量メモリバス幅
Xe-HPG 512EUDG2-512EU512 EUs409616/8 GB GDDR6256-bit
Xe-HPG 384EUDG2-384EU384 EUs307212/6 GB GDDR6192-bit
Xe-HPG 256EUDG2-384EU256 EUs20488/4 GB GDDR6128-bit
Xe-HPG 192EUDG2-384EU192 EUs15364 GB GDDR6128-bit
Xe-HPG 128EUDG2-128EU128 EUs10244 GB GDDR664-bit
Xe-HPG 96EUDG2-128EU86 EUs7684 GB GDDR664-bit

ソース:wcctrech - Intel Xe-HPG DG2 Flagship Gaming GPU Spotted With 512 EUs, 4096 Cores & 12 GB GDDR6 VRAM, Up To 1800 MHz Clocks

 

 

解説:

ゲーミングXeの一部仕様が判明

Geekbenchのテスト結果からゲーミングXeの一部仕様が判明しました。

それによると、512EU、4096コアの最上位モデルで1.8GHz、メモリ12.6GBとなっています。

Xeの最上位モデルである512EUはメモリ256bitバスのはずですが、12GBと言うのは中途半端な数字ですので、Geekbenchが間違って検出した可能性もあるのかなと思っています。

本文中では新しいモデルがあるのではないかとしていますが、仕様としてちょっとあり得ないので、誤検出と言う可能性が一番高いのではないかと思います。

動作クロックの1.8GHzと言うのはちょっと遅いかなあと思います。

1.8GHzと言うのはRadeon RX5000シリーズとほぼ同等のブーストクロックであり、RX6000シリーズは2GHzオーバーとなっており、この点からもXeは本来、2020年以前に発売される予定の製品だったのだろうなと感じます。

1年遅れれば完全に商品価値が下がってしまうことは当然だと思いますが、最初のゲーミングXeは商業的にはかなり苦労しそうな気配をこの辺からも感じます。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.