GPU情報

AMD Navi 21 "Big Navi GPU" for Radeon RX 6900 XTは16GBのVRAMを搭載し、Navi 22搭載のRadeon RX 6000カードは12GBのVRAMを搭載すると報告されています。

投稿日:

AMDのRadeon RX 6000シリーズのグラフィックスカードの仕様が、Rogame氏によって確認されたと報じられている。

同氏の情報によると、AMDの次世代GPU「RDNA 2(Navi 2X)」のラインナップは、当初はメモリ構成が大きく異なる2つのチップを搭載することになるという。

AMD Radeon RX 6000シリーズのスペックが確認されたと報告、Navi 21「Radeon RX 6900 XT」は16GB、Navi 22は12GBのVRAMを搭載

Rogame氏はツイートの中で、RDNA 2アーキテクチャをベースにした少なくとも2つのNavi 2X GPUのメモリ構成を確認したと述べている。

これらのGPUには、「Navi 21」と「Navi 22」が含まれる。AMDのNavi 21は「Big Navi」GPUデザインをベースにしたもので、Radeon RX 6000シリーズのフラッグシップモデルのラインアップに搭載されるのに対し、Navi 22はUS$500前後の価格帯の高性能ラインアップに搭載されるという。

VRAM の構成に来る、それは Navi 21 は 16 GB の VRAM を特色にすると言われています。以前のリークでは、256ビット幅のバスインターフェースに16GBのSamsungのGDDR6メモリを搭載した「Big Navi」GPUのエンジニアリングサンプルを見たことがある。

それに加えて、Navi 21チップはRadeon RX 6900 XT GPUに搭載される可能性が高い。

2つ目のモデルであるNavi 22 GPUは、12GBのVRAMを搭載し、192ビットバスインターフェースを採用する可能性が高いと言われています。

仕様に基づいて、Navi 22 GPUは、Radeon RX 5700 XTシリーズの後継となるカードで使用される可能性があります。

AMDがどのように呼ぶかは不明だが、Radeon RX 6700 XTまたはRadeon RX 6800 XTシリーズのカードとしてブランド化される可能性がある。

https://twitter.com/_rogame/status/1306655000454725636?ref_src=twsrc%5Etfw

Rogame氏は、確認した2つのモデルがフル(Navi 21/22)のGPUダイをベースにしたものなのか、カットダウンされたモデルなのかは現時点では不明であることにも言及している。

フラッグシップカードの低いバスインターフェースは少し奇妙だが、これらは初期のエンジニアリングボードである可能性がある。

16GBと12GBのVRAMは512ビットと384ビットのバスインターフェースでも可能なので、AMDは最終的な仕様が発表されたときには、そのオプションにもオープンにしていることに注意してください。

ラインナップの発表までまだ1ヶ月以上ありますが、AMDとテックプレスはその間にもティーザーやリーク情報を提供してくれています。

AMD Radeon RX 6900シリーズにトリプルスロット冷却ソリューションを搭載

デザイン自体はともかく、Radeon RX 6000のフラッグシップモデルの冷却デザインは、赤と黒を基調としたデザインが目を引きます。

このカードは、シュラウド上にトリプルアキシャルテックファンを搭載し、その下を走る大型のアルミニウム製ヒートシンクを備えています。

カードの側面には、LEDライト付きのRadeonのロゴがあり、ファンが熱風を排出するための大きな切り欠きが側面にあります。

このデザインは、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズのFounders Editionクーラーを彷彿とさせる。このカードは、デュアル8ピン電源を搭載し、ディスプレイポートには、USB Type-C (VirtualLink)、HDMI、DisplayPortコネクタが2つ搭載されています。

このカードはまた、クーラーを固定するためのリテンションブラケットとともに、派手なバックプレートを備えています。

Radeon RX "Big Navi" GPUは、NVIDIAのフラッグシップモデルであるRTX 3080と同じ、標準的な2スロットのリファレンスデザインで提供されるようですが、トリプルスロットのGeForce RTX 3090ほど巨大ではありません。

AMD Radeon RX 6800/6700シリーズのデュアルスロット冷却ソリューション

2つ目のモデルに移ると、デュアルスロットカードは、トリプルスロットカードに似たデザインを採用していますが、ややコンパクトなフォームファクターを採用しています。

このシュラウドは、AMD Radeon RX 6800またはRadeon RX 6700シリーズカード用に設計されていると言われています。このカードは、デュアルアキシャルテックファンのデザインを特徴としており、中央とファンにはRadeonブランドを象徴する大きな「R」のロゴがあります。

このカードはまた、側面のLEDライトRadeonロゴを特徴としており、アルミヒートシンクからの熱を排出するために大きく切り取られています。

カードには2つの8ピン電源コネクタがありますが、8+6またはより電力が最適化されたモデルの構成も見られるかもしれません。このカードはデュアルスロットのフォームファクタを搭載しており、Big Naviグラフィックスカードと同様のI/Oを搭載しています。

このクーラーは、Radeon RX 5700シリーズのグラフィックスカード用のAMDのNavi 10 (RDNA 1) GPUに比べて、わずかに小さいが、まだ大きいNavi 22 GPUを搭載することが期待されています。

AMDは10月28日、Radeon RX 6000シリーズのグラフィックスカードファミリーを正式に発表する。

最高のハードウェアでPCをアップグレードしたいと考えているすべてのハードウェア愛好家やメインストリームのPCゲーマーにとって、2020年後半は間違いなく面白い時代になるだろう。

ソース:wccftech - AMD Navi 21 “Big Navi GPU” For Radeon RX 6900 XT Reportedly Features 16 GB VRAM, Radeon RX 6000 Cards With Navi 22 Get 12 GB VRAM

 

解説:

256bitは何かの間違いであってほしいと思う今日この頃

先日の記事でNavi21はメモリのバス幅が256bitではないかと言う疑惑が持ち上がっています。

一応その説が今のところ一番有力なのですが、今回、新しい情報が上がってきました。

それによるとNavi21が16GB、Navi22が12GBとのことです。

事前の情報通りNavi21が256bitだとすると、メモリの帯域幅は最大でも以下のようになります。

Navi21・・・512GB/s(?)

Navi22・・・384GB/s(?)

参考:Navi10と比べてみましょう

RX5700XT・・・448GB/s

RX5600XT・・・336GB/s(12Gbps版は288GB/s)

参考:Geforceと比較してみると

RTX2080Ti・・・616GB/s

RTX3070・・・448GB/s

上のようになります。256bitと言うのが仕様的にいかに心もとないのが理解していただけるのではないかと思います。

私が感じるのは、Navi22の384GB/sと言うのはあまりにも低すぎるので、やはり何かの間違いか、下位のモデルだったのではないかと言うことです。

可能性は非常に低いですが、そうであって欲しいなあと言う願望込みです。

RTX3090はFounder's Editionは3スロットを占有する巨大なヒートシンクとファンを装備しています。

その熱とそこからたたき出される仕事量を想像するとやはり、RTX3090には遠く及ばないのかなあと感じます。

GDDR6X自体もほぼAmpereのリークと同時期でしたので、AMDも想定外だったのかもしれませんが、HBM2を装備していない時点で、Big NaviはRTX2080Ti(=RTX3070)相当と考えた方がよいのかもしれません。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥65,756 (2020/10/21 02:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥43,300 (2020/10/20 06:34:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.