GPU情報

AMDはOEM向けにRadeon RX 6300のエントリーカードを準備中

投稿日:

 

AMD、ローエンドのRadeon RX 6300 GPUの発売を噂される

新しい噂によると、AMDは第3のデスクトップ用Navi 24グラフィックスカードを間もなく発売する可能性があるそうです。

この噂は、昨日、 Komachi Ensakaが、AMDがAMDソフトウェアに導入された変更に従って、新モデルを準備していることに気づいたことから表面化した。これは、RX 6500XTとRX 6400に続く3番目のNavi 24デスクトップGPUであると噂されており、後者は1月にOEM向けに静かに発売された後、まもなくDIY市場向けに発売される予定である。

AMD自身が明らかにしたように、GPU Performance APIは、最新の3.10バージョンで、すでに新しいRX 6300 SKUをサポートしている。これは、そうしたデスクトップパーツが実際に準備されていることを、初めて間接的に確認したものだ。

チェンジログでは、特にRX 6300について言及しており、すでにノートPC向けに提供されているRX 6300Mには触れていない。

Radeon RX 6300、ソース:GPU Open

Radeon RX 6300は、RDNA2全体のラインナップの中で最下層を占めることはほぼ間違いないだろう。

このパーツは、メモリサイズが2GBに縮小されるのが特徴で、これは現在のモバイル向け製品(RX 6300M)が採用している構成だ。

AMDは、ストリームプロセッサの数を減らすことも検討しているかもしれませんが、そうなると、ただでさえ遅いGPUがさらに遅くなり、APUやGPU内蔵CPUに性能で負けるほどになってしまいます。

ミドルエンド/ローエンド AMD Radeon RX 6000シリーズ

RX 6600 XTRX 6600RX 6500 XTRX 6400RX 6300
アーキテクチャー7nm RDNA27nm RDNA26nm RDNA26nm RDNA26nm RDNA2
GPUNavi 23 XTNavi 23 XLNavi 24 XTNavi 24 XLNavi 24
コア数204817921024768不明
インフィニティ
キャッシュ
 32 MB 32 MB 16 MB 16 MB 16 MB
レイ・
アクセラレーター
32281612不明
ゲーム
クロック
 2359 MHz 2044 MHz 2610 MHz 2039 MHz不明
ブースト
クロック
 2589 MHz 2491 MHz 2815 MHz 2321 MHz不明
メモリ
クロック
 16 Gbps 14 Gbps 16 Gbps 14 Gbps不明
メモリ容量・
種類
 8 GB GDDR6 8 GB GDDR6 4 GB GDDR6 4 GB GDDR6 2 GB GDDR6
メモリバス幅 128-bit 128-bit 64-bit 64-bit 64-bit
メモリ帯域幅 256 GB/s 224 GB/s 128 GB/s 112 GB/s不明
TBP 160W 132W 107W 53W不明
小売価格 379 USD 329 USD 199 USD不明OEM
発売時期2021/82021/102022/12022/1 (OEM)
2022/4 (DIY)
まもなく?

ソース:Videocardz.com - AMD is preparing Radeon RX 6300 entry-level card for OEMs

 

 

 

解説:

AMDがRX6400のさらに下のRX6300の準備をしているようです。

こちらは完全にOEM向けとなるようです。

Navi24を使ったこのGPUはGPU Openのドキュメント中にも名前が登場しており、モバイル向け製品とは全く違った扱いになるようです。

SP数がどの程度になるのかはわかりませんが、RX6400はRembrandtのRadeon 680Mと同じで12CU 768SPなので、これ以上減らすと如何にインフィニティキャッシュを搭載していようが、APUの内臓GPUに負けるということになりかねません。

そのため、メモリを2GBに落とすにとどまるなるのではないかと思います。

インフィニティキャッシュはメモリバス幅単位で割り振られているような印象がありますので可能かどうかは分かりませんが、個人的にはRX6500XTの容量は倍の32MBにすべきだったのではないかと思っています。

この辺は猛烈に批判を浴びたのは記憶に新しいと思います。

ともかく、そう言うあまり良くないイメージのNAvi24チップですが、下位のモデルに採用する分にはちょうど良いのではないかと思います。

今度こそ間違いなくOEM専用になる可能性が高いでしょうね。

そもそも、RX6400のスペック上のFP32演算性能は3.0TFLOPsでRembrandtの内蔵GPU Radeon 680Mは3.6TFLOPsなので、RX6400の時点で負けていると言えば負けていると言えます。

実際にはインフィニティキャッシュとGDDR6の高速メモリがありますので、ゲームを動作させるとRX6400の方が優れているかもしれませんが、性能としてはさほど差がつかないと思います。

そんなこともあって、さすがにこれ以上はSPを落とせないではないかと思います。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.