CPU情報

AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、Ryzen 5 3600XT「Matisse Refresh」シングル&マルチコアCPUベンチマークが流出

投稿日:

Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、Ryzen 5 3600XTを含むAMDのMatisse Refresh CPUが再びベンチマークを実施しており、今回はGeekbenchでリフレッシュされたラインナップのシングルコアとマルチコアの両方のパフォーマンス結果を見ることができます。

AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、Ryzen 5 3600XTがGeekbenchでシングルコアとマルチコアCPUテストを実施 - 'X'シリーズチップより最大5%性能向上

AMDは数週間前にRyzen 3000XT「Matisse Refresh」のラインナップを正式に発表した。

このラインナップは、7nm Zen 2アーキテクチャをベースにした3つのプロセッサで構成されているが、Ryzen 3000Xシリーズの同世代のものよりも高いブーストクロックを可能にするように若干強化されたデザインが特徴だ。

発売は7月7日に予定されているが、ユーザーはこの新しいプロセッサを購入する価値があるかどうかを確認するために待たなければならないだろう。

以前にもいくつかのパフォーマンスベンチマークがリークされていましたが、TUM_APISAK氏による最新のシングルコアとマルチコアのテストがGeekbenchのデータベース内で発見されています。

同じプラットフォーム上でそれぞれのCPUのベンチマークがあるので、性能はある程度安定しているはずだ。テストのセットアップはGigabyte X570 AORUS Masterマザーボードと64GBのDDR4-3200メモリで構成されています。

性能面では、シングルコアとマルチコアの性能結果を一枚の絵にまとめた。

まず、メモリ速度が遅くなることで、Matisse Refreshプラットフォームでは間違いなく低性能出力になるが、TUM_APISAKも同じX570 AORUS Masterマザーボードの16GBのDDR4-3600メモリを搭載したシステムで動作するRyzen 9 3900XTのスコアを共有していたが、DDR4-3200搭載時よりも遅い性能を発揮していた。

ベンチマークをまとめると、シングルコアCPUのベンチマークでは、3パーツとも1400点台に近づいている。

Ryzen 5 3600XTは、Ryzen 9 3900XTやRyzen 9 3800XTの105WのTDPに対して、Ryzen 5 3600XTは95WのTDPがわずかに低いため、わずかに後れを取っている可能性がある。マ

ルチコアCPUの性能では、Ryzen 5 3600XTは7914ポイントまでスコアを伸ばしていますが、Ryzen 5 3600Xは約7500~7600ポイントのマルチコアスコアを平均しており、100MHzのブーストから5%の性能アップをマークしています。

 

Ryzen 9 3900XT

 

Ryzen 7 3800XT

 

Ryzen 5 3600XT

※ 各画像はクリックすると別Window・タブで拡大します

 

Ryzen 7 3800XTのスコアは9795点で、Ryzen 5 3600XTより25%ほど高く、平均9000点前後のRyzen 7 3800XTよりも8%ほど性能が向上しています。

同様に、Ryzen 9 3900XTのスコアは、Ryzen 7 3800XTより32%、Ryzen 5 3600XTの2倍のコアとスレッドで約65%向上した12970点です。

同じベンチマークで約12300~12500ポイントをスコアするRyzen 9 3900XTよりも約5%高速化されています。

AMD Ryzen 9 3900XT - 4.7 GHzで12コア、499ドル

AMD Ryzen 9 3900XTは、12コアと24スレッドを搭載した最速のXTパーツです。AMDがRyzen 9 3950XTのバリエーションをリリースしないのは驚きですが、これはチップが重くプリビン化されたZen 2ダイに依存しており、その特定のチップに改良の余地がほとんどないという事実によるものだと思います。AMD Ryzen 9 3900XTは、さらに70MBの完全なキャッシュを105WのTDPでパックします。

AMD Ryzen 9 3900XTは、既存のRyzen 9 3900X CPUのベースクロックが3.8 GHz、ブーストクロックが4.6 GHzであるのに対し、ベースクロックが3.8 GHz、ブーストクロックが4.7 GHz(シングルコア)になることが示唆されています。このチップの価格は、オリジナルのRyzen 9 3900Xが400ドル前後で販売されているのに対し、499ドルに抑えられています。

AMD Ryzen 7 3800XT - 8コア、4.7GHzで399ドル

Ryzen 7 3800XTは、Intel Core i7-10700Kに直接取り組むAMD最速の8コアソリューションとなる。

このチップは、8コアと16スレッドを提供するが、ブーストクロックが増加する。ベースクロックは3.8GHzを維持するが、ブーストクロックは4.7GHzに引き上げられ、より高いパフォーマンスを実現する。

クロック速度に加えて、このチップはPCIe Gen 4.0機能を維持し、105WのTDP設計で最大36MBの総キャッシュを提供する。

AMDはRyzen 7 3800XTの価格を399ドルとしているが、これは3800Xの希望小売価格と同じだが、世界中のほとんどの主要小売店では300ドル前後で購入できる。

AMD Ryzen 5 3600XT - 6コア、4.5GHzで249ドル

最後にエントリーモデルのXTモデル「Ryzen 5 3600XT」です。Ryzen 5 3600XTは、6コア12スレッドのIntel Core i5-10600Kに対抗します。

このチップは95ワットで合計35MBのキャッシュを詰め込むことになる。

Ryzen 5 3600XTは、3.8 GHzのベースと4.5 GHzのブースト周波数を提供します。

それは、途方もなく優れたIPCとマルチスレッド性能を箱から出して提供しながら、Intel Core i5-10600Kよりもわずかに低いクロックになり、AMDはメインストリーム市場での地位を取り戻す機会を与えています。

しかし、市場がこれらの特定のCPUの価格にどのように反応するかは、すぐに残っている、特に現在の非XTモデルは、ほぼ同じ性能を特徴とし、大幅に低い価格帯であることを考慮してください。

AMD Ryzen 3000「Mattise Refresh」デスクトップ用CPUファミリー:

CPU名AMD Ryzen 5
3600X
AMD Ryzen 5
3600XT
AMD Ryzen 7
3800X
AMD Ryzen 7
3800XT
AMD Ryzen 9
3900X
AMD Ryzen 9
3900XT
製造プロセス・
アーキテクチャー
7nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 2
コア数/
スレッド数
6/126/128/168/1612/2412/24
ベース
クロック
3.8 GHz3.8Ghz3.9 GHz3.9GHz3.8 GHz3.8GHz
ブースト
クロック
4.4 GHz4.5GHz4.5 GHz4.7GHz4.6 GHz4.7GHz
L3キャッシュ32 MB32 MB32 MB32 MB64 MB64 MB
TDP95W95W105W105W105W105W
発売日201920202019202020192020
小売価格$249 US
(小売価格)
$229 US (Newegg)
$249$399 US
(小売価格)
$335 US (Newegg)
$399$499 US
(小売価格)
$431 US (Newegg)
$499

 

AMDは、シングルスレッドのワークロードで平均4%の性能向上を実現し、競合チップと比較して40%の電力効率向上を実現していると主張している。

紙面上では向上しているように見えますが、これらのプロセッサは既存のRyzen Xシリーズ・ファミリーと同列に並べて使用されることに注意する必要があります。

新しいCPUは、Ryzen 9 3900XTが499ドル、Ryzen 7 3800XTが399ドル、Ryzen 5 3600XTが249ドルと、しばらくの間は希望小売価格を維持し、価値提案の観点から既存の製品を購入するのは難しいでしょう。

注 - Expreviewによると、AMD Ryzen 3000XT CPUは、オリジナルのRyzen 3000X CPUよりも低いスタート時のMSRPを持っています。

Ryzen 9 3900XTのMSRPはRyzen 9 3900Xの3999CNYに対して3899CNY、Ryzen 7 3800XTのMSRPはRyzen 7 3800Xの3199CNYに対して3049CNY、Ryzen 5 3600XTのMSRPはRyzen 5 3600XTの1999CNYに対して1859CNYとなっている。

※ CNYは人民元の通貨シンボルです。

 

また、Zen 3ベースのRyzen 4000 'Vermeer'デスクトッププロセッサが今年後半にリリースされるので、既存の非常に安価なRyzen 3000XシリーズCPUを入手し、2020年第4四半期まで待って次世代チップを入手する方が良いと思います

※ アメリカではRyzen3000シリーズの各モデルはかなり値下がりしています。日本だとちょっと違和感のある表現だ思います。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 3900XT, Ryzen 7 3800XT, Ryzen 5 3600XT ‘Matisse Refresh’ Single & Multi-Core CPU Benchmarks Leak Out

 

 

解説:

発売を目前に控えてRyzen3000XTシリーズのベンチマークがリークしています。

今までもちょこちょこ情報は出ていたのですが、マイナーバージョンアップと言うことで大きく取り上げていませんでしたが、3種類すべてのベンチマークの数値が出そろったので、今回は取り上げることにしました。

ベンチマークの結果はそれぞれのモデルが旧バージョンよりも5%程度のスコアアップにとどまるようです。

もともとAMDのCPUはIntelのCPUと違ってOCの余地がほとんどない程度に全力で回す設定になっています。

また、各モデルのOC制限も比較的緩いので、制限付きで使っている方と言うのはあまりいないのではないかと思います。

そのため、1割も変わらない程度のスコアアップと言うのは当然と言えば当然です。

XTシリーズは先日発売されたComet Lake-Sに対するAMDの答えと言う感じです。

年内にRyzen4000シリーズが出るならあまり必要ないと思いますが、今のAMDにはそれだけの余裕があるのでしょう。

Ryzen3000シリーズは日本では高値安定していますが、アメリカではジリジリと値下がりしており、日本の感覚とはかなり温度差があります。

日本はすでに購買行動に積極的な若者層が減少し、CPUに限らずあらゆるものの在庫をあまり持たなくなっています。

生産数をそもそも絞っているので、品薄になりやすく、売り切れしたら補充されにくくなっていっています。

これは自作PCの世界をずっと見てきた筆者の目から見ても明らかです。

昔の自作PCのパーツは簡単に品切れすることはあまりありませんでした。

ここは昔から自作をやっている人は共感してもらえるのではないかと思います。

恐らくは代理店も多くは取りたがらないし、メーカーも中国やアメリカなどの数が出る市場を優先しているのだと思います。

また、流通に関してはAMDはIntelよりもかなり弱いのでしょう。

そういったこともあって、値段も下がりにくく、数も入りにくくなっています。

人口が減るというのはこういうことですね。

迷惑な転売屋が出てきたのも一役買っていると思います。

PCパーツは時間とともに下落していき、新世代の製品が出ると暴落するので転売の対象にはなりえません。

出来ないことはないかもしれませんが高額なこともあって1個でも処分に失敗するとたちどころに赤字になる可能性が高いでしょう。

また、実験的な新製品もあるので、万が一サポートを求められたときに対応できないと、顧客とトラブルになる可能性が高いです。

Geforce2000シリーズのXO病などは記憶に新しいと思います。

こちらはもともと製品が不良なので販売者やユーザーではどうしようもないです。

高額なこともあり、在庫リスクが高くなるだけですので、ユーザーも販売者もどちらも幸せにはなりません。

転売屋には自分も傷つくような迷惑行為はやめていただくようにお願いします。

スイッチやPS5などの玩具に分類されている製品とはモノが違いますので、一般個人の転売品としては手に余ります。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.