その他

AMDは聞いていた。X470およびB450マザーボードにZen 3プロセッサのサポートを追加

投稿日:

 

AMDは、公式redditアカウントからX470/B450マザーボードのZen 3互換性に関するアップデートを提供した。

同社はコミュニティの意見に耳を傾け、次世代のZen 3ベースのRyzen 4000 CPUファミリーのために古いマザーボードのサポートを有効にしているようだ。

彼らは、AMDコミュニティから提供されたフィードバックを見直し、「コースを変更する」ことを決定したと述べています。

これは、同社がフィードバックを受け入れる姿勢を示していることを示すものであり、非常に立派な対応である。

AMDが従わなければならない技術的な制限や安全設計基準を考えると、アップグレードのプロセスは簡単なものではないことは注目に値します。

AMD: 私たちはコースを変更することを決定しました[そして、X470とB450マザーボード上のZen 3のサポートを追加する]。

AMDは以前、2020年までAM4ソケットをサポートすると表明し、理論的にはその約束から抜け出すことも可能でしたが、今回はコミュニティが望むものを提供することにしました。

AMDのZen 3ベースのCPUであるVermeerファミリーは、今年9月に発売される予定で、7nm Zen 3アーキテクチャをベースにしている。

そもそもサポートされていなかったのは、マザーボードのROMにCPUのマイクロコードをサポートするためのスペースが限られているからだ。

このスペースはかなり埋まってしまっており、Zen 3ベースのCPUのサポートを可能にするためには、古いバリアントのサポートを削除することを意味するだろう。

これは、AMDがこのようなアップグレードは通常一方通行であり、マザーボードが最初に出荷されたプロセッサをサポートしないようになりますので、取りたくなかった決定です。

興味深いことに、しかし、AMD は、任意の偶発的なアップグレードとユーザーが起動しない状況で終わることを防ぐために、bios の更新を管理することを計画しています。

私の理解では、Zen 3 プロセッサと CPU の検証済みユーザーのみが利用できるようになるとのことです。

これはおそらく、最初の所有者のみがアップグレードを行うことができることを意味します。これが中古市場にとってどのような意味を持つのかは、現時点では不明だ。

同社はまた、この制限の緩和に関係なく、ユーザーが500シリーズのチップセットに移行することを推奨しており、我々もそうしたいと考えている。

AMDがAM4ソケットを長くサポートしてきたことを考えると、500シリーズのチップセットへの投資は大きな意味を持つと確信している。

ところで、Zen 2ベースのルノアールのサポートは、ベータ版のBiosではRyzen 4000シリーズのサポートがバンドルされていると想像しているが、Zen 2ベースであるため、今のところ完全には確認されていない。

以下はAMDの声明全文だ。

AMDの公式声明。

今後の「Zen 3」アーキテクチャに向けて、AMD Socket AM4のような長寿命のCPUソケットには、技術的な課題が数多く存在します。

例えば、最近、AMD 400シリーズマザーボードのほとんどでSPI ROMの容量に深刻な制約があるため、AMD 400シリーズマザーボードでは「Zen 3」をサポートしないことを発表しました。

このソケットの長寿命を考えると、Socket AM4で技術的なハードルが出てきたのはこれが初めてではないが、我々の愛好家がこのようなハードルに直面したのは初めてのことである。

この一週間、私たちはこのニュースに対する皆様からのフィードバックを精査しました:私たちはすべてのビデオを見て、すべてのコメントを読んで、すべてのツイートを見ました。

多くの方が、もっと長いアップグレード・パスを望んでいたと聞いています。

また、AMD B450とX470チップセットが「Zen 3」の時代にあなたを運んでくれるというあなたの希望も聞いています。

私たちの経験では、大規模なBIOSアップグレードは、特にプロセッサがサポートリストに載ったり、載っていなかったりすると、難しくて混乱することがあります。Socket AM4顧客のコミュニティが過去3年間で成長してきたので、私たちの意図は、最も多くのユーザーに最も安全なアップグレード体験を提供する道を歩むことでした。

しかしながら、B450やX470ボードを次世代の「Zen 3」製品にまで拡張してほしいとのご意見をはっきりとお聞きしています。

チームが皆様からのフィードバックを技術的な課題と照らし合わせて検討した結果、私たちはコースを変更することを決定しました。

その結果、B450とX470のお客様には、次世代のAMD Ryzen™ プロセッサーと "Zen 3 "アーキテクチャのサポートを追加したアップグレード・パスを提供することになりました。

今回の決定は非常に新鮮なものですが、これらのマザーボードをお使いのお客様にとって、アップグレードパスがどのように機能するのかを最初に見てみましょう。

  1. 当社は、AMD B450およびX470マザーボード用の一部のベータBIOSで「Zen 3」ベースのプロセッサをサポートするコードを開発し、マザーボード・パートナーに提供します。
  2. これらのオプションのBIOSアップデートにより、多くの既存のAMD Ryzen™デスクトップ・プロセッサ・モデルのサポートが無効化され、必要なROMスペースが確保されます。
  3. 選択されたベータBIOSは、今年後半に来る「Zen 3」を搭載したAMD Ryzenプロセッサーのための一方通行のアップグレードパスを可能にします。古いBIOSバージョンへのフラッシュバックはサポートされません。
  4. 混乱の可能性を減らすため、「Zen 3」を内蔵した新しいデスクトッププロセッサを購入した400シリーズマザーボードの検証済み顧客にのみBIOSダウンロードを提供することを意図している。これにより、BIOSフラッシュ後にお客様が起動可能なプロセッサを確実に入手できるようになり、ユーザーがノーブート状態に陥るリスクを最小限に抑えることができます。
  5. BIOSアップデートのタイミングと入手可能性は異なり、最初の「Zen 3」ベースのプロセッサの入手可能性とすぐに一致するとは限りません。
  6. これは、AMDが400シリーズマザーボードに新しいCPUサポートを追加するための最後の経路となります。Zen 3」以降のCPUのリリースには、より新しいマザーボードが必要となります。
  7. AMDは、新しいCPUで最高のパフォーマンスと機能を実現するために、AMD 500シリーズ・マザーボードを選択することを引き続き推奨しています。

まだまだ多くの詳細がありますが、必要な計画はすでに始まっています。

このアップグレードパスの発売が近づくにつれ、残りの詳細と具体的なプロセスのウォークスルーを提供するために、このような別のブログを期待する必要があります。

CES 2017でAMDは公約を立てた:我々は2020年までAMD Socket AM4をサポートする。

私たちは、4つのアーキテクチャに加えて、チップレットやPCIe® Gen 4のような新技術の使用を開拓し、その約束を果たすために、その後の3年間を懸命に費やしてきました。

皆様からのフィードバックのおかげで、AMD 400シリーズのチップセットに「Zen 3」を搭載することになりました。AMDの製品と技術に対する皆様の情熱とサポートに感謝しています。

また近いうちにお話ししましょう。

今回の発表に加えて、MSIはマザーボードのX470 & B450 MAXラインの次世代Zenサポートについての立場を維持しています。MSIは以前、そのX470 & B450 MAXマザーボードについて以下のように述べていますが、それは真実です。

  • AMD Ryzen 第3世代プロセッサを購入したばかりで、すぐに使えるRyzen 3000シリーズ対応の価値あるB450マザーボードが必要な方。
  • 欲しいCPUが使えるようになる前にBIOSアップデートやその他の問題に対処したくない。
  • 互換性を気にせずに、B450チップセットでサポートされているAM4プロセッサを使用したい。
  • AM4製品のサポートに妥協することなく、フル機能を備えたMSI UEFI BIOSにアクセスしたい。
  • 最新のAMDリリースだけでなく、将来のAM4製品のリリースにも対応した価値あるマザーボードをお求めです。

ソース:wccftech - AMD Listened: Adds Support For Zen 3 Processors To X470 And B450 Motherboards

 

解説:

X470とB450は引き続きRyzen4000シリーズがサポートされる。

X470とB450に関してはRyzen4000シリーズCPUがサポートされることになったようです。

しかし、「非推奨」という扱いで、BIOSのダウンロードはRyzen4000シリーズCPU購入者向けにのみダウンロードできるようにするようです。

※ ただし、文章を読むと実際にZen3対応BIOSが出るかどうかはマザーボードのメーカーの判断に委ねられているように感じます。

これは、BIOSの容量的な問題も関係しているのかもしれません。

また、Zen3発売と同時期になるとは限らないとしているようです。

Zen2の時の対応の混乱も記憶に新しいですが、やはり今回も相当の混乱があることを見込んでいるようです。

今から買うならやはりX570が無難でしょう。

これから買うならば、X670かB550、A520を待つのもよいと思います。

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,538 (2020/10/25 20:09:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/25 20:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/25 20:09:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/25 20:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.