ゲームについて その他

Switchエミュレーター「Yuzu」開発者、訴えられ1週間足らずで任天堂と240万ドルで和解

投稿日:

Switch "Yuzu "と3DS "Citra "エミュレータの開発者であるTropic Haze LLCは、任天堂との共同提出書類において、訴訟の告発と損害賠償に応じました。

Switchエミュレータ「Yuzu」と3DSエミュレータ「Citra」の開発者であるTropic Haze LLCに対する先週の任天堂の訴訟の後、Tropic Haze LLCはわずか6日で和解した。

この動きは厳密には長い裁判の末の判決ではないが、当初の訴訟の証拠が明らかに不利なものであったため、Tropic Hazeは共同提出という形で直ちに降伏するしかなかった。

我々が最初にこの訴訟の最新情報を見つけたのはThe Vergeで、彼らの報道にはTropic Hazeと任天堂の共同申請を構成する2つの文書の完全なコピーも含まれている。

最初の文書「Tropic Haze Joint Mot Consent Judgment」は4ページの準備書面で、両当事者が240万ドルの和解金と終局的差し止め命令に同意している。

2つ目の「Tropic Haze Judgment」は、その差止命令を含む7ページの最終判決案である。

Yuzuは、この差し止め命令の下で開発を中止するだけではない。Yuzuチームは、Yuzuのホスティング、配布、プロモーションを永久に差し止めることにも同意した。

これにはウェブサイトやPatreon経由も含まれる。特にyuzu-emu.orgのドメイン名は、この合意の一部として任天堂に引き渡されることになる。

この迅速な和解の理由は、元の訴訟で見つかった証拠に集約される。

訴訟の一部では、「被告とYuzuによって任天堂にもたらされた損害は、ユーザーが合法的に購入したゲームを不正にコピーすることにとどまらない。情報によれば、Yuzuのユーザーの大半は、ダウンロードした海賊版ゲームをプレイするためにYuzuを利用している。」

原訴訟の20ページから24ページにかけては、「ゼルダの伝説 ティアーズオブ ザ キングダム」が発売日にYuzuでプレイ可能であったことを強調している。

これは、リード開発者が海賊版のプレリリースコピーを使って開発しなければ不可能であった(そして、明らかに不可能であった)偉業である。

Patreon(パトロン)を通じてファンが資金を提供した開発は、『ティアーズ オブ ザ キングダム』が発売前に流出したことで急成長を遂げた。

任天堂の主張は、Switchのエミュレーション開発者たちが「ゼルダの涙を完璧にエミュレートする競争」についてインタビューされたPC Gamerの記事を直接引用してまで、いかに海賊版が露骨に開発に使われていたかを示している。

このことが、同じくオープンだがPatreonから資金提供を受けているRyujinx Switchエミュレーターを含む、他のエミュレーションプロジェクトに最終的にどのような影響を与えるかは不明だが、任天堂は以下の声明で裁判官に同意するよう働きかけている:

「Yuzuを含む、暗号キーが統合された場合にのみ機能する通常のソフトウェアを無許可で開発または配布することは、そのソフトウェアが主に技術的手段を回避する目的で設計されているため、デジタルミレニアム著作権法の効果的な技術的手段を回避する装置の売買の禁止に違反する。」

この訴訟自体は、海賊行為と海賊行為を可能にすることを争点としているが、共同提出書類と最初の訴訟で見られたこのような発言は、任天堂がDMCAの回避論のみに基づいて、合法的に所有されているゲームのコピーで行われるものであっても、すべてのエミュレーションに断固反対していることを示している。

このことが他のエミュレーションシーンにどのような影響を与えるかはまだわからないが、Ars Technicaの記事で発言している他のエミュレーション開発者たちは落胆していないようだ。

任天堂の名誉のために言っておくと、他のエミュレーション開発者たちも、Yuzuがニューゲームの違法コピーに非常にオープンなノリで取り組んだことがこのような運命をたどることになったことにまったく驚いていないようだ。

ソース:Tom's Hardware - Developers of Switch emulator Yuzu settle with Nintendo in court for $2.4 million less than a week after being sued

 

 

 

 

解説:

Yuzu開発チームが任天堂に訴えられて全てを閉鎖・放棄

Switchのエミュレーターとして有名だったYuzuが任天堂に訴えられてサイトやDiscordサーバー、Patreonなどのすべてを閉鎖してしまったようです。

訴えられて、即任天堂と和解したようです。

もともと、Yuzuは海賊版ソフトに非常に開放的だったといわれています。

その他のSwitchエミュレーターは訴えられていませんので、やはりどこかにやりすぎがあったということなのでしょう。

元記事の内容を見ると、海賊版ソフトのコミュニティと一体になって活動していたようにも見受けられます。

そうした実態を背景に資金を集めて高い再現性を実現していたようですね。

エミュレーター自体の違法性が問われたようではないですが、任天堂がエミュレーターに対して非常に厳しい姿勢であることは確かのようです。

「何事もやりすぎはいかんよ」ということなのでしょう。

この記事を書いている現在、Yuzuのサイトは閉鎖されており、その内容は閲覧できないようになっています。

 

 

created by Rinker
任天堂
¥31,399 (2024/05/28 14:54:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

-ゲームについて, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.