CPU情報

AMD Ryzen 4000 Renoirデスクトップのスペック情報 金の鉱脈のリーク - 8つのコアZEN 2フラッグシップと8CUの強化されたVegaを搭載

投稿日:

Igor's Lab の伝説のIgor Wallosek氏がまたしてもやってくれた。

どうやら数日前に起こった認証されていないユーザーベンチのリークに動揺していたようで、彼は自分の手で問題を解決し、Ryzen 4000シリーズの一部となるであろうAMD RenoirデスクトップAPUの完全なスペックシートをリークしたのだ。

AMDのRenoir APUは、信じられないほど強力なZen 2 CPUコアと非常に高性能なVega iGPUを組み合わせたもので、専用のグラフィックカードを購入しなくてもリーズナブルな設定(1080p)でゲームをプレイすることができます。

リークに関するIgor氏のYOUTUBEビデオはこちらからチェックできます。

イゴール氏のリーク AMD RenoirデスクトップAPU OPNのスペック、65Wと35Wのバージョンが12の異なるリストに掲載されています。

AMD Renoir Ryzen 4000デスクトップのフラッグシップモデルであるAMD Renoir Ryzen 4000は、16のスレッドと512という多数のシェーダーを搭載しています。

この数が最上位のGPUにしか搭載されていなかった時代もありましたが、今では価格重視のゲーマーでもAMDのAPUに搭載されています。

1.75GHzでクロックされたこのiGPUは、PS4と同じ1.8TFLOPSのグラフィックパワーを出力することができます。

TDPもわずか65Wsで、この小さなチップに詰め込まれた電力量を考えると、本当に非常識です。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

このリストには最大12個のOPNがリークされていますが、これはOEMのスペックシートであり、すべてのOPNが店頭や小売店に並ぶわけではないことを付け加えておきます。

中間グレード以下の製品にも6つのCUがあり、これは大体1.3TFLOPsの演算性能で最大1.7GHzで384基のシェーダーを搭載しています。

エントリーレベルの専用GPU(NVIDIAのMXシリーズ、ここに注目してください)の世界は終わった。このセグメントの競合他社は、適切なエントリーレベルのdGPUを提供し始めるか、AMDのAPUに性能で負けて取り残されるかのどちらかになるだろう。

AMDのAPUはかつて非常に人気がありましたが、Zenでカムバックしたときには、APU側がまだ完全に追いついていないように感じました。

AMD RenoirのSKUは、信じられないほど強力なiGPUを搭載し、さらに強力なZenコアを搭載した究極のスターターマシンとなっている。

問題のソケットが基本的なAM4であることを考えると、PCゲーマーにとって完璧なアップグレードパスとなります。

推測] AMDがそのSmartshift技術で何をしているかを考えると、遅かれ早かれデスクトップにそれが来るのを見ても驚かないし、文字通り欠点のない決定になるだろう(iGPUはdGPUと連動して動作することができるだろう)。[推測ここまで]

AMDのRyzen 4000「Renoir」デスクトップCPUは、7nm Zen 2コアとVega GPUの両方を同じパッケージに搭載し、米国の200ドル以下のカテゴリーのユーザーのための選択肢を増やすことができるので、非常に期待されています。

また、AMDがPCIe 4.0 AM4プラットフォームのコストを下げるB550チップセットを導入することも興味深い。

以前、我々は、低コアと初期のクロック速度を特徴としているにもかかわらず、Ryzen 7 4700U 8コアチップに近い数字を投稿したデスクトップのRyzen 4000 'Renoir' CPUのパフォーマンスを見てきました。

リークされた3DMark 11の総合性能ベンチマーク。

  • AMD Ryzen 4000Gシリーズ デスクトップCPU - 5659点
  • AMD Ryzen 7 4800U「ルノアール」モバイルCPU - 6309点
  • AMD Ryzen 7 4700U「ルノアール」モバイルCPU - 5713点

Ryzen 4000シリーズの「ルノアール」デスクトップCPUは、B550やA520マザーボードなどの低価格PCプラットフォーム向けに2020年下半期に発売されると予想されます。

これらのCPUは、間違いなく、150ドル以下の前身のCPUと同じような価格帯をターゲットにしているだろう。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 4000 Renoir Desktop Specs Mother Lode Leaks – Eight Core ZEN 2 Flagship With 8 Vega Enhanced CUs

 

解説:

Renoirの全モデルが判明

Renoirの一般売りされないモデルも含めて、ほぼ全モデル(恐らく)の情報がリークしました。

モバイルと同様に仕様として最大8コア16スレッドは確定しました。

トップモデルの「100-000000146」は8コア16スレッド、ベースクロック3.6GHz、ターボクロック4.45GHzと65Wの割に何気に高スペックになっています。

GPUは8CU、512SPです。こちらはPicassoが11CU、704SPだったことを考えると大幅に減っていますが、クロックがPicassoの1.4GHzと比較すると2.1GHzと大幅に上昇しており、クロックとSP数の差を考えると性能はほぼ互角になります。

GPUにこれ以上シリコンを割いてもメモリの帯域がボトルネックになってしまうので、バランスを取ったという解釈が正解でしょう。

8コア16スレッドのほか、6コア12スレッドや4コア8スレッドのモデルも当然のことながらラインナップされています。

これを受けて、APU無しのノーマルRyzen4000シリーズはエントリーに位置づけられるAPUが8コア16スレッドになりましたので、マルチコア化が加速することが予想されます。

 

Renoir「100-000000146」 VS Picasso 「Ryzen5 3400G」仕様比較

CPURyzen 5 3400GRenoir 「100-000000146」
ソケットAM4AM4
製造プロセス
アーキテクチャー
12nm
Zen+
7nm
Zen2
コア数/
スレッド数
4/ 88/ 16
L1+L2+L3
キャッシュ
384KB+2MB
+4MB
不明+4MB
+8MB
ベースクロック3.7GHz3.6GHz
ターボクロック4.2GHz4.45GHz
GPU
アーキテクチャーVegaEnhanced Vega
CU118
SP数704512
最大クロック1.4GHz2.1GHz
共通
ダイ面積不明だが
RavenRidgeは
210mm2
156mm2
メモリDDR4-2933DDR4-3200

新旧のRyzen APUを比較すると上のようになります。

以前の4コアのGPU無しRyzen3の記事でも説明しましたが、Ryzen3 1200AFなどのモデルをみると、Athlonブランドの1万円以下の格安モデルは現行のRyzen5 3400GやRyzen3 3200Gをリネームして出すことになるかもしれません。

まだ出ていませんが、DeskminiのA520系バージョンにこれらのモデルを組み合わせて、超小型PCを組むもの面白いですね。

割とまともに動きそうです。

Asrockさんには是非お願いしたいです。(笑

GPUのアーキテクチャーの改良はNaviが搭載されるといわれるRyzen5000シリーズAPU「Cézanne」までお預けということになります。

※ DDR5は同クロックでDDR4の1.3倍高速と言われています。

 

ここからは余談ですが、元記事中でIgor氏を「伝説的な」などの表現を使って絶賛していますが、wccftechライター氏のお友達らしいです。(笑

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥29,980 (2020/06/05 18:26:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥43,800 (2020/06/05 18:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥23,980 (2020/06/05 18:26:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥17,980 (2020/06/05 18:26:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.