CPU情報

Intelの第10世代Comet LakeデスクトップCPUの価格が明らかに–コアi9-10900が10コアで500ドル未満、Core i7-10700Kが400ドル、Core i7-10700が350ドル

更新日:

Intelの第10世代Comet Lake CoreデスクトップCPUの価格が小売チャネルに表示され始めました。

カナダの小売業者であるDirectDialは、10コアシングルと8コアモデル2つを含む3つのバリアントをリストアップしました。

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUの価格が明らかに-10コアで500ドル未満、8コアCPUで約350ドルから

3つの第10世代デスクトップCPUは、カナダに本拠を置く技術小売業者にリストされているMomomo_USによって発見されました。

これらのCPUは、先行予約価格とともに早い段階でリストされているようですが、同じ小売店では2か月ほど待つ6月中旬まで利用できません。

プロセッサ自体については、10コアのCore i9-10900と、8コアのCore i7-10700KとCore i7-10700があります。

インテルCore i9-10900は約679 CADの価格で記載されており、約487 USDに相当します。Corei7-10700Kは$ 585 CADまたは$ 419 USDで記載されており、i7-10700は$ 506 CADまたは$ 363 USDで記載されています。

ここで考慮すべき重要な点が2つあります。最初に、これらは早期予約注文リストであるため、最終価格がわずかに低くなる可能性があります。

第二に、小売業者は、VATが価格に含まれているかどうかを記載していないため、価格がここで高く表示される可能性があります。

それでは、これらの3つのプロセッサの仕様に進み、Intelの第9世代Coffee Lake-RefreshおよびAMDのRyzen 3000デスクトップCPUと比較してみましょう。

Intel Core i9-10900-10コア、最大5.2 GHzシングルコア、4.6 GHzオールコア

Intel Core i7-10900は10コアと20スレッドを特徴とします。

このチップは、20 MBの合計キャッシュと65WのTDPを収容します。

チップは、2.8 GHzのベースクロック、5.0 GHz(シングルコア)、5.1 GHz(シングルコア)、Turbo Boost Max 3.0および5.2 GHz(シングルコア)、Thermal Velocity Boostを備えています。
チップは、4.6 GHz(TVB)の最大オールコアブーストを特徴とします。

比較すると、Core i9-9900の価格は約450 USドルなので、同様の価格を検討しています(ここでも、通常は小売価格よりも高い予約注文の価格を考慮する必要があります)。

※ 欧米でも発売日前の予約注文を確保するのは大変なようで、いわゆる「ご祝儀価格」というのは存在するようです。

重要なのは、Core i9-9900が8コア/ 16スレッドCPUであり、Core i9-10900が10コア/ 20スレッドCPUであることです。

Core i9-10900は、チップが非常に多くの電力を消費し、非常に熱くなっていることを示した最近のベンチマークを考慮すると、ほとんどの場合、それらの速度を維持するのに苦労しますが、高いブースト周波数も提供します。

AMDのRyzen 3000 CPUと比較すると、Ryzen 9 3900Xは、12コアと24スレッドを提供するこの価格帯の主な競争相手であり、いくつかの小売業者によるZen 2ベースの製品の最近のチップ割引後の価格は$ 400近くです 。

Ryzen 9 3900Xは、現時点でMicrocenterでわずか$399.99で購入でき、Intelがまだリリースしていない第10世代CPUよりもはるかに優れた価格となっています。

 

Intel Core i9-10900デスクトップCPUの比較

CPU名Intel Core
I9-9900
Intel Core
I9-9900K
AMD Ryzen
9 3900X
Intel Core
I9-10900
Intel Core
I9-10900K
製造プロセス14nm14nm7nm14nm14nm
コア数/
スレッド数
8/168/1612/2410/2010/20
キャッシュ容量16 MB16 MB72 MB20 MB20 MB
ベース
クロック
3.10 GHz3.60 GHz3.80 GHz2.80 GHz3.70 GHz
ブースト
クロック
(シングルコア)
5.00 GHz5.00 GHz4.60 GHz5.20 GHz5.20 GHz
ブースト
クロック
(オールコア9
4.60 GHz4.70 GHz4.20-4.30 GHz4.60 GHz4.90 GHz
TDP65W (PL1)95W (PL1)105W65W (PL1)125W (PL1)
価格
(米ドル)
$449
小売価格
$499
小売価格
$499
小売価格
$399 (MC)
~$480~$500

Intel Core i7-10700K-8コア、最大5.1 GHzシングルコアターボ、4.7 GHzオールコアターボ

Intel Core i7-10700Kは8コアと16スレッドを特徴とします。

このチップは、16 MBの合計キャッシュと125WのTDPを収容します。

このチップは、3.8 GHzのベースクロック、5.0 GHz(シングルコア)および5.1 GHz(シングルコア)のブーストクロックを備え、Turbo Boost Max 3.0を備えています。 オールコアブーストの定格は4.7 GHzです。

このチップは、ハイパースレッディングを無効にした8コアチップであったCore i7-9700Kの後継です。

このチップの小売価格は約400 USドルで、MSRPが500 USドルのCore i9-9900KよりもCore i7-9700Kに近い価格になります。

Core i7-10700Kは、実際には、すべてのシナリオで前の第9世代のフラッグシップよりも優れたコアクロックを提供でき、9900KSと同じ、または400 USドル未満のパフォーマンスをさらに上回ります。

Core i7-10700Kは最速の8コアチップであるため、AMDの最高の8コアチップであるRyzen 7 3800Xとの比較が適切です。

Ryzen 7 3800Xは低いクロック速度で動作しますが、Microcenterでわずか299.99ドルで購入できます。

Ryzen 7 3700Xは、269.99ドルの米国価格と3800Xとほぼ同じパフォーマンスを提供する場合、さらに優れた値です。

どちらのチップも低消費電力を特長としており、素晴らしいマルチスレッドパフォーマンスを提供しながらオーバークロックの余地を提供します。

 

Intel Core i7-10700-8コア、最大5.1 GHzシングルコア、4.7 GHzオールコア

Intel Core i7-10700は8コアと16スレッドを特徴とします。

このチップは、16 MBの合計キャッシュと65WのTDPを収容します。

チップは、2.9 GHzのベースクロック、4.6 GHz(シングルコア)、および4.7 GHz(シングルコア)のブーストクロックを備え、Turbo Boost Max 3.0を備えています。

このチップは、4.8 GHzのオールコアブーストクロックを備えています。

今回も、Core i7-10700Kと同じ比較がこのチップで有効です。

確かに約350 USドルで安くなりますが、これは、マルチスレッド化されていない第9世代の兄弟であるCore i7-9700の価格とほぼ同じで、65W Ryzen 7 3700Xは依然として優れた価値があり、第10世代の65W CPUにはないロック解除モデルとなります。

Intel Core i7-10700デスクトップCPUの比較

CPU名Intel Core
I7-9700
Intel Core
I7-9700K
AMD Ryzen
7 3700X
AMD Ryzen
7 3800X
Intel Core
I7-10700
Intel Core
I7-10700K
製造プロセス14nm14nm7nm7nm14nm14nm
コア数/
スレッド数
8/88/88/168/168/168/16
キャッシュ容量12 MB12 MB36 MB36 MB20 MB20 MB
ベース
クロック
3.00 GHz3.60 GHz3.60 GHz3.90 GHz2.90 GHz3.80 GHz
ブースト
クロック
(シングルコア)
4.70 GHz4.90 GHz4.40 GHz4.50 GHz4.80 GHz5.10 GHz
ブースト
クロック
(オールコア9
4.40 GHz4.60 GHz3.90-4.00 GHz4.10-4.20 GHz4.60 GHz4.70 GHz
TDP65W (PL1)95W (PL1)65W105W65W (PL1)125W (PL1)
価格
(米ドル)
$335
小売価格
$385
小売価格
$329
小売価格
$269 US (MC)
$399小売価格
$299 US (MC)
~$350~$400

結論として、これらの小売リストは公式MSRPよりも少し高いかもしれません

しかし、それらはまだ実物に非常に近いため、AMD Ryzen 3000は、独自の後継製品が到着するまで、純粋なパフォーマンスと2020年全体の価値という点では、まだ優れた選択肢であるという印象を与えます。

インテルの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUが来月届きます。また、発売日について少しお知らせします。

5月27日にCPUが小売店の棚に並ぶと報告しましたが、その特定の日付はW480、H470、B460、H410マザーボードのものです。

Z490および第10世代のCPUは、4月30日の公式発表から約2週間後の5月13日に少し早く発売されます。

 

 

解説:

意地でも安売りしない第10世代コアシリーズ

第10世代コアシリーズの価格がリークしました。

カナダの小売店がネット予約を受け付けたようで、それによるとCore i9-10900が$480、Core i9-10900Kが$500

となっており、Ryzen 9 3900Xと比較するとあまりお得感が無いというより割高感すらあり、最近のRyzen人気を割り引いてもあまり多くの需要を満たす量が出荷できないことを予感させます。

4コア8スレッド時代からSkylakeアーキテクチャーのコア数が増え続けてすでに2.5倍にも達しており、製造コストもあまり安くはないのかもしれません。

それでも欧米では価格が下がったRyzen 9 3900Xと比較すると割高感が強く、あまりお勧めできないなあといった感じです。

まあ、それでもIntelでなくてはダメという人は一定数は存在しますので、そうした方にとっては良いのではないかと思いますし、そういう人を否定はしません。

4コア8スレッド世代のCore i7世代(Kaby Lake以前)を使われている方はそろそろ更新してもよいと思います。

これからどんどんマルチコア化が進みますので、4コア8スレッド+いずれ発売されるRTX3080/Tiだと性能が出ないと思いますので、最新のゲームを最新のGPUでプレイしたい方はそろそろ更新しても悪くないと思います。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.