GPU情報

AMD RDNA 2 Microsoft DirectXレイトレーシングデモが次世代Radeon RX「Navi 2x」GPU、XboxシリーズX、PlayStation 5向けに公開

投稿日:

AMDは、次世代のRDNA 2 GPUアーキテクチャを搭載した最初のMicrosoft DirectX Raytracing Demoをリリースしました。

デモでは、次世代のRadeon RX「Navi 2x」グラフィックカードや、MicrosoftのXboxシリーズXとソニーのPlayStation 5を含む次世代コンソールを強化するレイトレーシングのビジュアルとパフォーマン

スの観点から、AMDの新しいグラフィックアーキテクチャに期待されるものを紹介します 。

 

AMD、最初のRDNA 2 GPU搭載Microsoft DirectXレイトレーシングデモを発表-Radeon RX 'Navi 2x'グラフィックスカードとXboxシリーズXが完全なDirectX 12 Ultimateサポートを搭載

ほんの一時間前、マイクロソフトは、最新のDirectX 12 Ultimate APIを発表しました。レイトレーシングサポート(DXRバージョン1.1)、可変レートシェーディング、メッシュシェーダー、サンプラーフィードバック、NVIDIAのGeForce RTX、AMD RDNA 2および新しいXboxシリーズXコンソールを含む次世代プラットフォームのサポートなどの新しい技術のセットです。

DirectX 12 Ultimate APIの詳細については、こちらをご覧ください。

マイクロソフトとAMDは、DirectX 12 Ultimate機能セットの開発に緊密に協力して、AMD RDNA 2アーキテクチャでの優れたエクスペリエンスを確保しました」

– Bryan Langley、Microsoft、グラフィックスグループプログラムマネージャー

AMDによってアップロードされたビデオは60 FPSで1080pに設定され、シネマティックは見た目から約30 FPSに固定されているようですが、パフォーマンスを最適化するためにものではなく、レイトレーシングを使用した最新のAAAタイトルのように、いくつかのレイトレースされたオブジェクトを使用する非常に複雑なシーンです 。

表示されているものはすべて、すべてのレイトレーシング効果によりリアルタイムで実行されています。

AMDによると、DXR 1.1アップデートは多くのレイトレーシング効果の効率とパフォーマンスを向上させることができ、このデモはAMDのRDNA 2ゲームアーキテクチャに期待するものを経験させるだけです。

AMD RDNA 2 Microsoft DirectXレイトレーシングデモ

AMDがリリースしたデモでは、ロボットが未来的な設定を歩いている様子を紹介します。

デモはレイトレースされた反射と影に焦点を当てているようで、私の好みより少し光沢と艶がありすぎますが、AMDのレイトレーシング方式に期待されるかなり良いデモです。

また、2年前に「NVIDIAがリリースしたロボット」に似た雰囲気のロボットを搭載したレイトレーシングデモがリリースされるのは初めてではありません。

NVIDIA GeForce RTXレイトレーシングデモ

AMDは、Finacial Analyst DayでRDNA2 GPUにVRS(可変レートシェーディング)とハードウェアアクセラレーションレイトレーシングを搭載することを既に発表しています。

AMDは、Turing GPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードにすでに前述のテクノロジーを実装しているNVIDIAとの訴訟に続いています。

マイクロソフトとソニーの新しいコンソールの発売が間近に迫ったため、AMDはこれらの機能を開発者に提供し、次世代のゲームタイトルに統合するための独自の最適化フレームワークを提供します。

AMDのRadeon Technologies GroupのSVPであるDavid Wangは、AMDのRDNA2 GPUはすでにハードウェア加速レイトレーシングを利用するMicrosoftのDXR 1.1デモを内部で実行していると述べました。

レイトレーシングに対するAMDのアプローチは、開発の簡素化と迅速な導入を提供することです。これは、ゲーム開発者の大多数が注力しているコンソールを通じて間違いなく可能です。

Davidは、AMDのソリューションが低レベルAPIでパフォーマンスを最大化することも認めています

現時点では、PCハードウェアでのレイトレーシングは非常に負担の大きい機能であり、非常に見栄えが良いかもしれませんが、パフォーマンスのトレードオフはレイトレーシングを常にオンにしておくにはあまりにも多すぎるため、これは楽しみです。

統一されたアーキテクチャとMS DirectX Raytracing 1.1を共有するPCとコンソールにより、今後、両プラットフォーム向けに高度に最適化されたAAAタイトルの流入が見られます。

ソース:wccftech - AMD RDNA 2 Microsoft DirectX Raytracing Demo Unveiled For Next-Gen Radeon RX ‘Navi 2x’ GPUs, Xbox Series X & PlayStation 5

 

解説:

次世代ゲーム機の発売が近づくにつれ、RDNA2のレイトレーシングデモが公開されたようです。

比較としてnVidiaのレイトレーシングデモの動画も見ることができますが、AMDのほうがしょぼく見えるのは、作りこみの点でnVidiaのほうが圧倒的に手間をかけているからだ思います。

一例をあげると、AMDのデモは視野に広角レンズを用いているので端がゆがんでいますが、こうした視覚効果を使うなら、ロボットのカメラを通しているという演出が必要だと思いますが、そういった配慮はありません。

演出の文脈として言わなくても伝わるだろうといった投げやりな部分が唐突感として出てしまっています。

こういった細部の作りこみを見てもAMDとnVidiaの力量差を感じてしまいます。

それでもRDNA2はMSの自社製品に入っているものですので、かなりのマンパワーがこれから投入されていくと思います。

動画のデモはFullHDの30FPSということなので、そこから判断するならば、性能としてはRTXとどっこいなのかなと思います。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.