GPU情報

IntelがGDC 2020でXe GPUアーキテクチャの詳細と強力な機能を発表–ゲーム、ワークステーション、HPCグラフィックスカードの次の時代を推進

投稿日:

IntelのXe GPUはもはや秘密ではないかもしれません。過去2か月間、エントリーレベルおよびHPC派生のXe GPUベースの製品を見てきました。

しかし、秘密は、Intelの次世代の最初のディスクリートティアグラフィックスアーキテクチャのアーキテクチャの詳細です。

 

インテル、GDC 2020でXe GPUアーキテクチャの詳細と機能を発表-次世代のゲーム、ワークステーション、HPCグラフィックスカード向けに設計

Intelは、GDCで特別セッションを開催し、Xeアーキテクチャの最初のアーキテクチャの詳細と機能を発表することを発表しました。

インテルのXeアーキテクチャは、エントリーレベルのモビリティ/デスクトップ製品からハイエンドHPC、ワークステーション、愛好家向けのゲームグレードの設計に至るまで、すべてをサポートします。

セッション自体の詳細は次のとおりです。

 

Intelの新しいXe Architectureはしばらくの間いじめられており、今年後半にリリースされる予定です。

この更新により、今日広く使用されているGen9およびGen11グラフィックスに比べて、計算、ジオメトリ、およびスループットが大幅に改善されます。

この講演では、Intelの今後のGPUの背後にあるハードウェアアーキテクチャの詳細なツアーを提供します-ビルディングブロックの背後にある構造とパフォーマンスへの影響を明らかにします。

グラフィックエンジニアが新しいXeアーキテクチャを最大限に活用する方法を説明するために、特別な考慮が必要です。

次に、この新しいアーキテクチャで導入される強力な新機能を詳しく見ていきます。

結論

新しい革新的な機能、3Dとコンピューティングに関する独自の洞察、Xeアーキテクチャの最適化に関する明確なガイダンスなど、Xeアーキテクチャの概要。

GDC 2020は3月16日から3月20日まで開催され、イベント中にライブストリームが発生することについては言及されていませんが、チームがすべての詳細をカバーするためにイベントを訪れます。

とはいえ、IntelのXe GPUは間違いなく楽しみにしています。

これにより、サードパーティプレーヤーがグラフィックス市場に参入するだけでなく、市場の競争力も強化されます。

Intelは最近、エントリーレベルのモビリティおよびデスクトッププラットフォームをターゲットとする最初のディスクリートグラフィックチップDG1をプレビューしました。

インテルは、技術プレスがSDVまたはソフトウェア開発用のビークルカードを見て、ISVの世界各地にサンプリングしているこの非常に初期の製品でいくつかのゲームをプレイして、インテルの今後のXeグラフィックカードを中心にソフトウェアを最適化することを許可しました。

Intelはまた、最も強力なXe GPU設計を展示しました。これは、2021年にAuroraスーパーコンピューターに搭載されるPonte Vecchioとして知られるエクサスケールクラスのHPCチップです。

Ponte Vecchio GPUもXeグラフィックアーキテクチャを利用しますが、2番目のリビジョンでは、Intelのより高度な7nm +プロセスノードを利用します。

Intel Xe GPUアーキテクチャは、さまざまな製品を強化するスケーラブルなアーキテクチャの1つです。

インテルは、Xeから派生した3つのマイクロアーキテクチャを提供する予定です。

これらには以下が含まれます。

  • Intel Xe LP(統合+エントリー)
  • Intel Xe HP(中距離、愛好家、データセンター/ AI)
  • Intel Xe HPC(HPC Exascale)

命名スキームから、これらのGPUがどこにあるかを知ることができます。

「LP」キーワードは低電力を表し、「HP」キーワードは高性能を表します。

HPCのキーワードは、単に高性能コンピューティング向けのアーキテクチャであり、これから説明するさまざまな新しいIntelテクノロジを使用します。

Xe LPは約5W〜20Wですが、最大50Wまで拡張できると記載されています。

IntelのXe HPはその1層で、75W-250Wセグメントをカバーする必要がありますが、Xe HPCクラスアーキテクチャはさらに高い目標を設定し、他のコンピューティングパフォーマンスよりもさらに高いコンピューティングパフォーマンスを提供する必要があります。

Intelはまた、以前の噂で示唆されていたレイトレーシングなどの技術を示唆するXeグラフィックスアーキテクチャの「強力な」機能を発表すると述べています。

それ以外に、Xeグラフィックスアーキテクチャは、現在のGen 11 GPUを超えるコンピューティング、ジオメトリ、およびスループットの大幅な改善をもたらすと言われ、Xeグラフィックスを備えたTiger Lake CPUは、Gen 11 GPUの2倍のパフォーマンスの向上を期待しています。

インテルXe GPUが消費者市場とHPC市場に提供するものを楽しみにしています。

ソース:wcftech - Intel To Unveil Xe GPU Architecture Details & Powerful Features at GDC 2020 – Powering The Next-Era of Gaming, Workstation, HPC Graphics Cards

 

 

解説:

いよいよXeが登場

様々なリークが飛び交ったXeですが、いよいよ現物がお目見えしそうです。

3月のGDC2020で発表されるようですね。

Xeはダメだという説と期待できるという説がありますが、AIBがどこも手を上げず、リファレンスモデルだけになるという話を聞くとなかなか厳しい船出になると私は思います。

そもそも、本格的な単体GPUとしてはかなり久しぶりで初と言って良いほどでしょうから、いきなりAMDやnVidiaと同じレベルの製品を出すのは難しいでしょう。

私が予想している通り、512EUのXeがRTX2070-RTX2080と同程度の性能が出れば御の字ではないかと思います。

そうなれば評価が一気に高まると思います。

人材はAMDから引き抜いているわけですが、nVidiaがGeforceの設計者を流出させたという話は聞きません。

この辺からもAMDは脇が甘いなあと思います。(笑

いずれにしてもXeが期待されている通りの性能を発揮して、それなりの安定性があれば2020年のGPUは面白くなると思います。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.