CPU情報

AMD Ryzen 4000「Renoir」8コア、Ryzen 7 4700U APUがリーク-15Wで最大4.2 GHzの7nm Zen 2コア

投稿日:

AMDのRyzen 4000 APUラインナップのさまざまな構成を詳細に説明したわずか数日後、Redditユーザー_rogameによって、最終部品番号の最初の適切なチップであるRyzen 7 4700Uが発見されました。

リークされたAPUは、2020年初頭に発売されるRyzen 4000「Renoir」ファミリーの一部であり、デスクトップセグメントに参入する前に、まずモビリティ市場を目指します。

 

AMD Ryzen 4000「ルノワール」、Ryzen 7 4700U APUリークアウト-15Wで4.2 GHzの最大クロック速度を持つ8つのZen 2コア

AMDの第4世代Renoir APU(Ryzen)は、7nm Zen 2アーキテクチャに基づいており、Zen +コアアーキテクチャに基づいた第3世代Piccaso APUラインナップを継承します。

7nm APUファミリには、Zen 2コアのほかに、多くの新機能があります。

現在の12nm Zen +パーツよりも効率が高く、Radeon RX Vega 64よりもRadeon VIIに近い拡張機能セットを備えた最新のVega GPUを搭載しています。

この特定の3DMarkリークで言及されているいくつかのSKUがありますが、焦点を当てるのはAMD Ryzen 7 4700Uです。

Ryzen 7 4700Uは、クロック速度が2.0 GHzベースおよび4.2 GHzブーストに設定された8コアおよび8スレッドプロセッサです。

APUはまだ公式に発表されていないため、これらは最終クロックである場合とそうでない場合がありますが、Ryzen 7 3700Uと比較して、より高速なZen 2コアとともに優れたパフォーマンスが得られる素敵な200 MHzのバンプを検討しています。

このチップにはRadeon Vegaグラフィックも搭載されていますが、クロック速度が誤って報告されています。

AMD Ryzen 7 4700U 8 Core Renoir APU 3DMark仕様およびパフォーマンスリーク(画像クレジット:_Rogame

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

つまり、ROGameはPCMark 10でRyzen 7 4700UとAMDのRyzen 7 3700UおよびRyzen 5 3500Uを比較しました

Ryen 7 4700Uは、ほぼすべてのテストケースで高速であり、Ryzen 7 3700Uと比較して18%のパフォーマンスジャンプ、Ryzen 5 3500Uと比較して26%のパフォーマンスジャンプである4893ポイントを獲得しました。

Ryzen 7 4700Uは、CPU部門をリードするIntel Ice Lake Core i7-1065G7と比較されていますが、GPU依存ベンチマークではルノワールがより強力なリードを示しています。

Ice Lakeチップの全体的なスコアは、AMDのRyzenベースのAPUよりも2%遅いままです。

Comet Lake、14nm Core i7-10710Uは、クロック速度が高いため、ほぼすべてのCPUベンチマークでリードしていますが、11%のリードでスコアはそれほど大きくありません。

 

AMD Ryzen 4000 APU 15Wモバイル版ラインアップ:

Renoir
モバイル
15W SKUs
リビジョンCU数SKU
TDP
想定市場プロダクト
マスター
からのリーク
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics C1
1636_REV_C112 or 13 CUs (B12)15W一般RENOIR
Ryzen 9
B12 15W FP6
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics D1
1636_REV_D112 or 13 CUs (B12B)15WビジネスRENOIR NB
RYZEN 9 PRO
B12B 15W FP6
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics C2
1636_REV_C210 or 11 CUs (B10)15W一般
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics D2
1636_REV_D210 or 11 CUs (B10B)15WビジネスRENOIR NB
RYZEN 7 PRO
B10B 15W FP6
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics C3
1636_REV_C38 or 9 CUs (B8)15W一般
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics D3
1636_REV_D38 or 9 CUs (B8B)15WビジネスRENOIR NB
RYZEN 5 PRO
B8B 15W FP6
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics C4
1636_REV_C46 CUs (B6)15W一般
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics D4
1636_REV_D46 CUs (B6B)15WビジネスRENOIR NB
RYZEN 3 PRO
B6B 15W FP6

言及された他の4つのAMD Ryzen 4000 15W SKUがありますが、これらは以前のリークからのものと類似しています。

チップのクロック速度は1.7、1.8、2.0、2.4 GHzと評価されており、最低のGPUベースクロックは1400 MHzで報告され、1500 MHzのVegaモデルも発見されています。

エントリーレベルのチップ上の1400 MHzは、15W Ryzen 3000 APUラインナップのフラッグシップSKUであったRyzen 7 3700Uと同じ周波数です。

これは、より高速なRyzen 7 4700Uモデル以上でさらに高速を見ることができることを示しています。

前世代と同様に、45Wモバイル版はIntel Coffee Lake-Hシリーズプロセッサと戦い、15W製品はComet Lake-UおよびIce Lake-U SKUと戦っています。

デスクトップ製品は、Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gが最近発売されたことを考慮して、少し後に登場します。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
4000 Series
Ryzen
5000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen3Zen4
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
4000 Series
Ryzen Threadripper
5000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/128不明不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 4000 Series
(Vermeer)
Ryzen 5000 Series
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series
(Renior)
Ryzen 5000 Series
20172018201920202021?

コードネームRenoirの第4世代のラインナップは、FP6(ノートブック)およびAM4(デスクトップ)プラットフォームでのサポートを備えています。

現在のRyzenノートブックのラインナップはFP5ソケットに基づいており、FP6はまったく新しいソケットの変更であるため、AMD Renoir世代のCPUの機能セットに劇的な変更が期待できます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 4000 ‘Renoir’ 8 Core, Ryzen 7 4700U APU Leaks Out – 7nm Zen 2 Cores With Up To 4.2 GHz at 15W

 

解説:

Intelにとどめを刺すのはAPUかもしれない

Ryzen 7 4700Uが8コア8スレッドという衝撃的なリークが飛び込んできました。

デスクトップ版も8コア8スレッドになる可能性があり、1モデル増えていたのはその関係かもしれません。

だとするとintelのCPUはもう完全に競争力を失ってしまうかもしれません。

一世代遅れのZen2コアのAPUですらもこれほどの性能を誇るのですから、Zen3を迎え撃つのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

Intelに致命の一撃を与える第一弾がモバイルRyzen4000Uシリーズになるのでしょう。

iGPUに関してはメモリがDDR5にならない限りはいくら性能を上げてもリニアに伸びていきませんのでどうにもなりませんが、マルチスレッドをオフにしてAPUの中に8コア入れるのは思い切った決断です。

謎の声「これが終わったらIntelは普通の半導体企業に戻るんだ」

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.