GPU情報

AMD Radeon RX 5600 XTグラフィックカード6 GBおよび8 GB GDDR6メモリを搭載したカスタムモデルがGTX 1660シリーズに対応

投稿日:

AMD Radeon RX 5600 XTグラフィックカードは、VideocardzによるECCのカスタムバリアントのリストで再び発見されました。

グラフィックカードは来年早々に発売される予定で、Radeon RX 5500 XTとRadeon RX 5700の間でスライドするので、最終的なパフォーマンスがどこで終わるか推測できます。

 

6GBおよび8GB GDDR6メモリを搭載したAMD Radeon RX 5600 XTカスタムモデルが発見され、GeForce GTX 1660シリーズのラインナップの対抗製品だろうか?

AMD Radeon RX 5600シリーズは、Naviファミリーの最新製品です。

ただし、今後のラインナップに関する詳細はほとんどわかっていませんが、新しいリストには、ラインナップの異常な仕様がいくつか示されています。

これまでのところ、Radeon RX 5600 XTが存在し、6 GBのGDDR6メモリを備えていることがわかっていましたが、現在、2つの異なるメモリ構成のセットで2つの異なるモデルが表示されています。

AMD Radeon RX 5600シリーズは、Naviファミリーの最新製品です。

ただし、今後のラインナップに関する詳細はほとんどわかっていませんが、新しいリストには、ラインナップの異常な仕様がいくつか示されています。

これまでのところ、Radeon RX 5600 XTが存在し、6 GBのGDDR6メモリを備えていることがわかっていましたが、現在、2つの異なるメモリ構成のセットで2つの異なるモデルが表示されています。

ECCにはいくつかのRadeon RX 5600シリーズモデルがリストされています。

驚いたことに、RX 5600 XTとRX 5600の両方を見ることができます。さらに興味深いことに、カードは6 GBまたは8 GB構成で提供されます。

リストされているRadeon RX 5600 XTおよびRadeon RX 5600カスタムモデルは次のとおりです。

  • ROG-STRIX-RX5600XT-O8G-GAMING
  • ROG-STRIX-RX5600-O8G-GAMING
  • TUF 3-RX5600XT-O8G-GAMING
  • TUF 3-RX5600-O8G-GAMING
  • DUAL-RX5600XT-O8G-EVO
  • DUAL-RX5600-O8G-EVO
  • RX5600 CLD 6GO
  • RX5600 PGD 6GO
  • RC5600 PGU 6GO
  • RX5600XT CLD 6GO
  • RX5600XT PGD 6GO
  • RC5600XT PGU 6GO

現在、以前のレポートでは、AMD Radeon RX 5600シリーズは192ビットバスインターフェースを介して6 GB GDDR6メモリを搭載しているため、8 GBが異常に聞こえるのは、同じカードに対して2つの異なる仕様があるだけでなく、 また、両方のカードの異なるメモリ構成。

8 GB GDDR6メモリ構成は、256ビットバスインターフェイス、または意味のないRX 5500 XTのような下位の128ビットバスを示します。

GigabyteのRX 5600シリーズのラインナップでは6 GB GDDR6メモリにも言及しているため、これはASUSのリストエラーにすぎない可能性があるとされています。

また、Radeon RX 5600シリーズファミリには2枚のカードがあることがわかっています。

Radeon RX 5600 XTおよびRadeon RX5600。RadeonRX 5600 XTはより高速なバリアントであり、Radeon RX 5600はわずかに削減された価格効率の良いモデルです。

OEM専用になっているRadeon RX 5500(Non-XT)とは異なり、非XTも消費者が利用できますが、Radeon RX 5500 XTと同じ仕様を提供します。

これは、Radeon RX 5600(非XT)にも準備されているカスタムモデルがあるという事実から明らかです。

AMD Radeon RX 5000 '7nm Navi RDNA' GPUラインアップ仕様:

グラフィック
カード名
Radeon
RX 5700 XT
50th
Anniversary
Radeon
RX 5700 XT
Radeon
RX 5700
Radeon
RX 5600 XT
Radeon
RX 5600
Radeon
RX 5500 XT
(DIY)
GPUアーキ
テクチャー
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
SP数2560 SPs2560 SPs2304 SPs不明不明1408 SPs
TMUs / ROPs160 / 64160 / 64144 / 64不明不明88 / 32
ベース
クロック
1680 MHz1605 MHz1465 MHz不明不明1670 MHz
ブースト
クロック
1980 MHz1905 MHz1725 MHz不明不明1845 MHz
ゲーム
クロック
1830 MHz1755 MHz1625 MHz不明不明1717 MHz
演算性能10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs不明不明5.19 TFLOPs
VRAM8 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR66 GB GDDR66 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリ
バス幅
256-bit256-bit256-bit192-bit192-bit128-bit
メモリ
帯域幅
448 GB/s448 GB/s448 GB/s336 GB/s336 GB/s224 GB/s
TBP235W225W180W不明不明110W
価格$449 US$399 US$349 US~$199
-$299 US
-$300 US~$149
-$199 US
発表2019-07-072019-07-072019-07-072020年1月2020年1月2019-10-07

これらのカードは正確にどこに置かれ、どのようなパフォーマンスを発揮するのでしょうか?

AMD Radeon RX 5600シリーズには2つのルートがあります。

いずれもフルNavi 14 GPUダイを搭載しており、RX 5500ラインアップよりも高いパフォーマンスを提供します。

ただし、パフォーマンスの向上はそれほど印象的ではなく、RX 5500 XTには既に8 GBのバリエーションが用意されているため、RX 5600 XTには6 GBのメモリが搭載されています。

より大きなバスとより高い帯域幅が付属していても、本当に奇妙なカードになります。

発生する可能性があるのは、Navi 10 GPUの新しいダイまたはさらに削減されたバージョンを入手して、GeForce GTX 1660シリーズファミリに対してRadeon RX 5600シリーズを理想的に配置する1792-2048ストリームプロセッサを提供できることです。

GeForce GTX 1660シリーズファミリには、192ビットバスインターフェースを介した6 GB GDDR6メモリも搭載されており、RX 5500 XTシリーズよりも高いパフォーマンスを提供します。つまり、AMDは現時点では真の答えを持ちません。

RX 5500 XTは199米ドル(8 GB)および169米ドル(4 GB)の市場をカバーしているため、Radeon RX 5600シリーズの価格は250米ドルを超えます。

カードは1月に発売される予定であるため、CESで詳細情報を期待してください。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5600 XT Graphics Card Custom Models Spotted With 6 GB & 8 GB GDDR6 Memory, Tackles The GTX 1660 Series

解説:

RX5600/XTとは一体何者なのか?

2020年1月発売予定のRX5600/XTに関して、wccftechでは事前にモデル名が登録されるECCのサイトから6GBと8GBのモデルがあることが確定しています。

メモリバス幅が192bitで明らかにGTX1660/Ti/SUPER、RTX2060を意識したモデルであることは確実でしょう。

wccftechでは2つの可能性を示唆しています。

一つはNavi14のフルシリコン版でSP数1536のモデル

今一つはNavi10の大幅カットダウンモデルで、SP数1784-2048のモデル

Navi10カットダウンモデルというのはどうなんだろうと思わないでもないです。

私としてはやはりここにフルシリコンで2048SPのNavi12があった方がしっくりきます。

Navi12は今までのリークでは最上位モデルとなる予定でビッグダイになるといわれています。

Navi10は7nmという最新のプロセスが使われていますが、RX5600/XTのSP数がそれぞれ2048と1786と仮定すると80%と約70%の有効SP数ということになります。(RX5700無印は有効SP数90%です。)

有効SP数80%のカットダウンモデルはわかりますが、有効SP数約70%というのはちょっとオフになるSP数が多すぎる気がします。

ただ、RX5600/XTがNavi10の大幅カットダウンモデルだとすると、発売が後に回された理由も何となくわかる気がします。

最初に選別品を出して後から選別落ち品を出すというのは実に合理的でわかりやすいからです。

価格に関しても謎で、RX5500XTはwccftechの言う価格よりも高く売り出されています。

※ ただし、RX5500XT Nitro+は$259でしたが、今日チェックすると$239になっています。それでもまだ高いですが・・・。

RX5600/XTは$200-$300ということで、完全にGTX1660Ti/SUPERと(価格的に)競合します。

価格的に言うと、Navi14であるよりもNavi10であってほしいところです。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/28 02:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.