GPU情報

Intel Xe GPUベースのディスクリートグラフィックスカードのうわさ:競合他社よりも効率が低いと報告されており、進歩は上手く行かない

投稿日:

2020年、インテルはXe GPUをベースにした最初のディスクリートグラフィックスカードを発売することを約束しました。

Radeon Technologies Groupの元AMDチーフであるRaja Koduriが率いるIntelのVisual Technologiesチームによって開発されたXe GPUは、デスクトップ、モビリティ、ワークステーション、およびサーバー(HPC / AI)ベースの製品で、Intelの次世代の個別および統合グラフィックスソリューションを強化する真新しいグラフィックスアーキテクチャです。

Intelは最近、「Ponte Vecchio」というコードネームのトップエンドのXe AIおよびHPCチップを発表しましたが、最新の噂はXe GPUを私たちが期待したほど画期的なものにしないようです。

 

Intel Xe GPUの進歩はうまくいかないと言われており、現在競合他社よりも効率が低いと噂されています

噂はまた来年来のIntel Xe GPUに関する重要な詳細を述べたChiphellユーザー「wjm47196」から来ています。

彼が最初に指摘したことは、Intel Xe GPUの進歩がうまくいかないということです。

これは、話しているXe GPUの最初の反復であり、Ponte Vecchioグラフィックチップに搭載される7nmリビジョンではないことに注意してください。

このすべてを読みたくない人のために、次は噂からのキーポイントです:

  • Xe GPUで進捗がうまく行っていない
  • Ponte Vecchio HPC GPUが今後2年以内に起動しない可能性(2022)
  • Xe GPUの効率は競合他社に比べて非常に低い
  • ロンチ時にAIBサポートなし、Intelが販売するディスクリートグラフィックスカードのリファレンスモデルのみ
  • ドライバーは改善するのに多くの時間が必要です

翻訳

2020年の終わりまでに最初に利用可能になります。それが私の話であり、私はそれにこだわっています。...

Xe GPUの最初のモデルは、さまざまなソリューションで取り上げられます。

これらには、来年到着するTiger Lake CPUと、Intelのグラフィックマーケティング責任者であるChris Hookが2020年の終わりまでに利用可能になると述べたディスクリートグラフィックソリューションが含まれます。

コンパニオンは、Intelのグラフィックマーケティング活動のために大成功を収めたOdysseyキャンペーンを主導しました。

そのため、先週、Chris HookとHeather Lenon(Intel Graphicsのデジタルマーケティング担当シニアマネージャー)が会社を去ったと発表したのは驚きでした。

現在、IntelはすでにCPU市場でAMDからの強いプレッシャーにさらされており、このニュースはIntelにとって事態を改善するものではありません。

噂に戻ると、現在、IntelのXe GPUアーキテクチャの効率は比較的低く、NVIDIAまたはAMDの現在のGPU(それぞれ12nmおよび7nmノードに基づく)に比べてもあまり良くないようです。

消費者向けソリューションのIntel Xe GPUは、14nmまたは10nmプロセスに基づいているといわれていますが、Intelはまだこれを確認していません。

インテルの14nm生産は、主要なOEMの注文を履行できないという青いチームと話しているため、すでに制約を受けています。

Intelが14nmプロセスを使用して消費者向け製品のXe GPUを製造する場合、特にTiger Lake CPUが大量市場向けのノートブックやラップトップなどのモビリティ製品で出荷される場合、非常に不足することがわかります。

Tiger Lake CPU自体は、Intelの10nm +プロセスノードを利用するため、EMIBを使用して、2つの異なるSOC(CPU + GPU)をIntelのRocket Lake-Sプロセッサでも使用されている同様の方法と組み合わせて使用する可能性があります。

さらに、最初のXe GPUはバリューとメインストリームのセグメントを目指していると報告されているため、ディスクリートグラフィックカードは非常に少ない数量で提供されます。

その他の噂は、ASUS、MSI、GigabyteなどのAIBと協力するための適切な手段をまだ確立していないため、Intelはすべてのディスクリートグラフィックカードをリファレンスデザインで販売するだろうということです。

起動時には、Intelから参照フレーバーのみを取得する可能性が高く、カスタムモデルは、パフォーマンスの高いボードおよび冷却設計を備えたXe GPUがメーカーに採用され始めるまで、1、2世代待つ必要があります。

最後に、Intel Xe GPUアーキテクチャには、かなりの時間がかかる可能性を示すために本当に優れたドライバーが必要です。

GPUが起動した場合でも、ドライバー側で多くの最適化が必要となるため、この噂ではパフォーマンスが非常に低いと言われている理由を説明できます。

以前のリークから、Intelは少なくともいくつかのXeベースのディスクリートソリューションに取り組んでいることがわかりました。

EUは、Xeベースのディスクリートグラフィックファミリを128、256、512の範囲で使用します。

初期のXeグラフィックスカードは主流の視聴者を対象としている可能性が高いため、EUの数ははるかに理にかなっています。

テストドライバで言及されているバリアントは次のとおりです。

  • iDG1LPDEV = "Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 LP DG1" "gfx-driver-ci-master-2624"
  • iDG2HP512 = "Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2" "gfx-driver-ci-master-2624"
  • iDG2HP256 = "Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2" "gfx-driver-ci-master-2624"
  • iDG2HP128 = "Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2" "gfx-driver-ci-master-2624"

Intelは10月にXe GPUベースのDG1グラフィックカードの最初のパワーオンを達成しました。

これは、グラフィック開発の取り組みにとって大きな偉業と考えられています。

最初の電源投入からこのうわさまでの時間は比較的近いため、グラフィックスラインの準備ができた1年で、現在聞いている噂よりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮することを期待できます。

Intel Xe GPUのパフォーマンスが2020年後半に発売されるときに発売されると思われる場所について、以下にお知らせください。

ソース:wccftech - Intel Xe GPU Based Discrete Graphics Card Rumors: Progress Not Going Well With Efficiency Reportedly Being Lower Than Competitors

 

解説:

IntelのXeの性能は・・・・

今年のComputexでもどこかのゲーミングデバイスの会社社長が言っていましたが、「IntelのGPUはnVidiaやAMDには遠く及ばないものになるだろう」。

私もいきなりnVidiaやAMDと並ぶのは難しいと言ってましたが、その通りになりそうです。

それでも今までの噂だとRTX2070-RTX2080くらいの性能にはなるのかなと思っていましたが、バリューからメインストリームの性能とありますので、GTX1650-GTX1660SUPER/RTX2060SUPERくらいまでの性能になりそうな感じですね。

2020年はnVidiaもAMDも確実に新しい製品を出してくると思いますので、現時点でのバリューからメインストリームの性能だった場合、かなり厳しいと言わざるを得ないでしょう。

IntelのiGPUはAMDやnVidiaの単体GPUとはゲームでのグラフィックス描画内容が違うという比較の画像が出たこともあり、ボードの完成度、サポート、ドライバの完成度、AIBとの連携など、新規の事業というのはIntleにとっても未知のノウハウの塊ですので、一朝一夕でできるものではありません。

長い目で見る必要があるのではないかと思います。

Radeonはゲーム用としては人気が無いですし、いろいろと言われていますが、単体GPUをブランドとして成立させているというのが如何に大変なことなのかよくわかるのではないでしょうか。

AMDはnVidiaに劣ると言われていますが、Intelのような巨大な企業をもってしても新規参入していきなりRadeonをごぼう抜きすることはできないということです。

とりあえず第一世代のXeはAMDやnVidiaを脅かすようなものではないようです。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.