その他

ゲーミングPCを最安値で組むといくらになるのか?

投稿日:

Fortnite144FPS PCの話題が出たのでついでに出しておきます。

ブランドや信頼性を全く無視して価格のみでゲーミングPCを組むとどうなるのか?です。

縛りは新品のみとします。中古は考えません。

ターゲット性能はFullHDでオプションを中から高にして60FPSが出せる性能でモニター・OS込とします。

ちなみにFortniteでは144FPSはとても出せないので注意してください。

おかしな理屈をこねる前にどんなPCなるのか構成を出してみましょう。

AMD

名称Zirconia AMD2200G
OSWindows10 Home 64bit
CPURyzen3 2200G
CPU仕様4コア4スレッド ベース3.5/ターボ3.7GHz L2+L3キャッシュ6MB
GPURadeon RX570
SSD・HDD240GB+1TB HDD
メモリDDR4-2400 8GB
チップセットAMD A320
その他

 

種別メーカー品名価格
GPUSAPPHIREPULSE RADEON RX 570 8G14,800
CPUAMDRyzen3 2200G10,899
CPUクーラー CPUに付属 
CPUグリス CPUに付属 
マザーASRockA320M-HDV R4.05,776
メモリPATRIOTPSD48G2400K(4GBX2)4,100
SATA SSDCFD販売CSSD-S6B240CG3VX(SATA240GB)3,300
HDDSeagateST1000DM010
(3.5" 1TB 内蔵ハードディスク)
4,973
ケースThermaltakeVersa H172,920
電源玄人志向KRPW-L5-500W/80+3,597
キーボード・マウスLogicoolワイヤレス・マウス・キーボード1,864
OSMicrosoftWindows10 64bit 日本語リテール版980
モニターLG24MK430H-B12,101
合計65,310

GPU

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 570 8G GDDR5

 

CPU

AMD Ryzen3 2200G

AMD Ryzen3 2200G

 

マザーボード

Asrock A320M-HDV R4.0

 

メモリ

PATRIOT DDR4-2400 8GB(4GBX2)

 

SATA SSD

SATA 240GB SSD

 

HDD

3.5 SATA HDD 1TB

 

PCケース

MicroATX対応ケース

 

電源

80+STANDARD 500W

 

キーボード・マウス

ロジクール ワイレスマウス・キーボードセット

 

モニター

FullHD IPS液晶 60Hz(60FPS)

 

OS

怪しいWindows10 自己責任で買ってください。お勧めしません。

 

 

解説:

さて、「今時SATAの240GBは無いだろう」とか、「RyzenはAPUかよ」とか、「OSはヤフオクで買うのかよ」とか、いろいろ突っ込みどころが満載だと思いますが、一応、「最安」で組んでます。

ちなみにRyzen3とRX570のマッチングは性能低下率3%以内です。

電源も玄人志向の500Wで多分ギリギリです。

80+STANDARDってまだ存在してたんですね。もうBronze以上しかないと思ってました。(笑

こんなク〇みたいな構成でもA320がRyzen3000シリーズに対応していることもあって将来的にアップグレード可能なところがポイントです。

安全性などを全く考慮に入れず価格のみで構成していることはお断りさせて抱きます。

ちなみに、信頼性は全く考えていませんので、この構成で組んでトラブルが起きても私は一切責任は持てません。(笑

品質的に言ってもかなり怪しいレベルのパーツが含まれていると思います。特にケースと電源の価格はかなりヤバいです。

OSもヤフオクで売ってるやつは黒に極めて近いグレーで(というかほぼ黒)、ライセンスが通らない可能性が高いです。

今回は金の為なら危ない橋が渡れるというデンジャラスな生き方をしたい人のために特別に構成を出しました。(笑

金をケチるということはそういう危ない道を通るということと同義です。

買う前はそれでも金が節約できれば良いと考えるかもしれませんが、一旦トラブルに遭うと考えが変わると思います。

こういったライセンスキーはほかのユーザーにも販売してることがありますので、一旦通っても180日後にライセンスを再確認された場合、失効する可能性もあります。

正直やめておいた方が良いと私は思いますが、それでも金がもったいないという人のために今回敢えて構成を出しました。

自分では2000%使わないレベルのPCです。トラブったら面倒くさいですし。

反面教師として構成を出していますが、フェアに行った方が無難です。

一つ注意しておきたいのは、価格を下げるというのは基本的にリスクを上げることと同義となります。

例えばThermaltakeさんのケースを例に挙げましたが、安いです。

なぜ、うちの構成で採用しないかと言えば、安い製品というのは製品の品質検査がいい加減なことが多いです。

そのため、ちゃんとした製品が不良品としてはじくような品質のものも良品として出回っています。

某有名Youtuberの方の言葉を借りれば「自作パーツなんてただでさえ精度が終わってるんだから」ですね。

これではロシアンルーレットするようなものです。

あたりを引けばよいですが、ハズレを引いたら悲惨です。

例え交換が出来たとしても貴重な時間が無駄になるということになります。

なんでもかんでも安い製品を求められる方はその辺を考慮に入れた方が良いと思います。

このPCを名付けるとしたらジルコニアです。

ジルコニアとはジルコニウムの酸化物でダイヤモンドと屈折率が非常に似ているため、偽ダイヤとして使われることが多い物質ですが、価値はほとんどありません。

質屋に持ち込むと詐欺師扱いされますので注意してください。(笑

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.