GPU情報

Intel 7nm Xe GPU「Ponte Vecchio」がリーク– CXLインターコネクトでFoverasテクノロジーを使用

投稿日:

現実のPonte Vecchio。

写真はCC3.0、作者はRicciSpeziari~commonswikiです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Videocardzがまたやってくれました。

Intelは「Ponte Vecchio」-イタリア、フィレンツェの古い橋になぞらえて- というコードネームの強力な新しいXeベースの7nm GPUに取り組んでいるようです

コードネームをすばやくGoogle検索すると、Arctic Sound / Ponte Vecchioベースのソリューションに取り組むエンジニア向けのLinkedin募集広告が表示されます。

Intelの7nm XeベースのPonte Vecchio GPUは、2021年にオンラインになる予定のIntelのエクサスケールスーパーコンピューターであるProject Auroraで紹介されます。

Intel Ponte Vecchio GPUは、7nm Xe GPUアーキテクチャに基づくAurora Exascaleスーパーコンピューターで紹介されます

Videocardzは、最大6つのPonte Vecchio GPUが、2つのSapphire Rapids Xeonプロセッサと組み合わせて、Auroraと呼ばれるエクサスケールのスーパーコンピューターで使用されると述べています。

GPUは、OneAPIソフトウェアスタックとCXL(Compute Express Link)を使用して接続されます。

リークはさらに、Ponte Vecchio GPUがCXLとともにFoverosパッケージングテクノロジーを利用すると述べています。

Ponte Vecchioはゲーム用GPUではありませんが、超高キャッシュと高メモリ帯域幅を備えています。

IntelのPonte Vecchio GPUは、高い倍精度FPスループットも備えています。

また、HPC / Exascale、DL / Training、Cloud GFX、Media Transcore Analytics、Workstation、Gaming、PC Mobile、Ultra Mobileなど、Xe GPUが動作する他のすべてのセグメントについても言及しました。

WhyCryは、Intelが2019年11月17日に予定されている7nmベースのXe GPU「Ponte Vecchio」の詳細を明らかにする予定だと述べています。

私は少しグーグルで検索してみましたが、コードネームは「Ponte Vecchio」という単語と既知のコードネーム「Arctic Sound」を含むいくつかのLinkedinの求人情報を表示します。

これは、Ponte VecchioはIntelが今しばらく取り組んでいるものであることを示すだけでなく、Arctic Sound GPUファミリーの派生物であることも示しています
-データセンターで直接ターゲットにされました。

VCZによると、完全な開示のために17日を待たなければなりませんが、これはゲーマー向けではない最先端の製品になると想定できます。

Intelのゲーマーに対する計画は空中にあり、同社が2020年後半に発売されることはわかっていますが、これがゲーミングGPUになるのか、データセンター向けGPUになるのかは不明です。

おそらく、IntelはNVIDIAのTITANに対抗できる強力な何かを手に入れる前に、低出力のトレーニング車両(DG1?)でローンチし、AMDにエントリーレベルのセグメントでも金を稼ぐ可能性があります。

ソース:wccftech - Intel 7nm Xe GPU ‘Ponte Vecchio’ Leaks Out – Uses Foveras Technology With CXL Interconnects

 

解説:

intel Xeと見られるGPUのコードネームが判明しました。

このGPUはPonte Vecchioと呼ばれており、それ以外の詳細はほとんど不明です。

Ponte Vecchioとは何かと言うと下のような由来があるようです。

ヴェッキオ橋またはポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)は、イタリアのフィレンツェを流れるアルノ川に架かる橋。イタリア語で「古い橋」[1]の名が示すとおり、フィレンツェ最古の橋であり、先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの[2]。橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる[3]。

プッチーニのオペラ『ジャンニ・スキッキ』のアリア「私のお父さん」「お父様にお願い」(O mio babbino caro)で娘のラウレッタが「お父さん、もしリヌッチョと結婚できないなら、私、ポンテ・ヴェッキオからアルノ川に身投げしてしまうから」と脅すのでも有名で、フィレンツェの代表的な観光スポットになっている。

Wikiより引用

どのような意味を込めてつけられたものなのかはちょっとわかりません。

まあ、続くシリーズが橋の名前になるかもしれないね、程度の理解で良いのではないかと思います。

日本人にはあまりなじみのないものですので、ちょっとだけ解説しておきます。

私は世界最古の橋なのかなと一瞬思ったのですがそういうわけではないようです。

このGPUは特徴を見るとどうもデータセンターやHPC向けっぽいですが、ゲーミングGPUである可能性もあるとのことで、どういったものなのか具体的には全くハッキリしないようです。

続報に期待しましょう。

 

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.