GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERおよびGTX 1650 SUPERの発売日がリーク

投稿日:

古き良きVideocardzがまたやってくれました。

WhyCryは、NVIDIAがGeForce GTX 1660 SUPERとGTX 1650 SUPERの両方のモデルがまもなく登場することを明らかに報道機関に伝えたことを漏らしました。

Geforce GTX 1660 SUPERは来週10月29日に発売され、GTX 1650 SUPERは来月11月22日に発売されます。

Geforce GTX 1660 SUPERおよびGTX 1650 SUPERはどちらもGDDR 6メモリを搭載する予定であり、バニラの対応製品よりも高いクロックレートを備えています。

 

 

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERおよびGTX 1650 SUPERグラフィックスカードの発売日を確認

両方のカードにGDDR6メモリが搭載されますが、すべてのGDDR6が同等であるとは限らず、GTX 1660 SUPERのメモリクロックはGTX 1650 SUPERよりもはるかに高くなります。

Videocardzによると、GTX 1660 SUPERは14 Gbpsでクロックされ、GTX 1650 SUPERは12 Gbpsで動作します。

GTX 1660 SUPERの仕様も確認されています。 これは、1785 MHzのターボでクロックされる1408 CUDAコアを特徴とします(5 TFLOPSの理論上のピーク演算性能)。

NVIDIAカードは通常、定格のターボよりも高いオーバークロックであるため、これよりもはるかに高いクロックで動作する可能性があります。

192bitのバスには14 Gbps GDDR6(合計6GB)のメモリが供給され、合計帯域幅は336 GB / sになります。

グラフィックカードの価格は229米ドルで、10月29日に発売されます。

一方、GTX 1650 SUPERは、まだ少しはっきりしませんです。

WhyCryのおかげで、128bitバスと組み合わせた12 Gbps GDDR6メモリ(合計4GB)を搭載することがわかっています。

合計帯域幅は192 GB/sになり、発売日は11月22日です。

古いGTX 1650の価格が149ドルであることを考えると、GTX 1650 SUPERの価格は159ドルになると予想しています。

これは、NVIDIAが本質的にGDDR6メモリのアップグレードに課金しているように見えるためです。

 

NVIDIA GeForce 16シリーズの予備仕様

GeForce
RTX 2060 FE
GeForce
GTX 1660 Ti 6GB
GeForce
GTX 1660 SUPER 6GB
GeForce
GTX 1660 6GB
GeForce GTX
1650 SUPER 4GB
GeForce
GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU116-300TU117TU117
CUDA
コア数
19201536140814081024?896
Tensor
コア数
240無し無し無し無し無し
RT
コア数
30無し無し無し無し無し
Texture
Units
1209680806456
ROPs484848483232
ベース
クロック
1365 MHz1500 MHz1530 MHz1530 MHz不明1485 MHz
ブースト
クロック
1680 MHz1770 MHz1785 MHz1785 MHz不明1665 MHz
メモリ
容量・種類
6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR64GB GDDR5
メモリ
バス幅
192-bit192-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリ
クロック
14 Gbps12 Gbps14 Gbps8 Gbps12bps8 Gbps
L2
キャッシュ
3 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB
TDP160 W120W120W120W?75W
トランジスタ数108億66億66億66億4.7億4.7億
ダイサイズ445 mm²284mm2284mm2284mm2200mm2200mm2
価格(米ドル)$349$279'-$249$229$159?$149

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER And GTX 1650 SUPER Launch Dates Leaked

解説:

GTX1650TiではなくGTX1650SUPER

GTX1650Tiと噂されていたモデルはどうやらGTX1650SUPERとなるようです。

12GbpsのGDDR6を搭載し、メモリ帯域はGTX1060と同じ192GB/sで演算性能はGTX1060 6GBが4.4TFLOPSに対してGTX1650SUPERは5TFLOPSです。

仕様から判断するとGTX1060と同程度の性能があると判断してよいでしょう。

同じ位置に座っているGTX1660は完全にEOL(End of Life=終売)ですね。

購入されたユーザーさんはお気の毒としか言いようがありません。

正直言ってGTX1650は最初からこういう仕様で出してほしかったところです。

AMDのRX5500XTが似たようなスペックで出ますので、それに対抗してという話なのだと思います。

この仕様だとOCすると75W超えそうな感じなので一応6Pの端子が付くかもしれません。

補助電源端子は全モデルに付くか一部のOCモデルに付くかは不明ですがそういった仕様になる可能性が非常に高いです。

まあ、なくても定格では動くという感じになるんじゃないでしょうか。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.