その他

噂:Intelによると、AMDに対する最大の利点は、彼らの持つ金の力であり、値下げ、割引に約30億ドルかけるという

投稿日:

Intelは、既存のCoreラインアップの値下げを提供すると同時に、今後の製品ラインの競争力を高めることにより、デスクトップおよびノートブック市場でAMDを後退させることを計画しています。

しかし、これらはすべてコストがかかり、AdoredTVのスライドが1つあると考えられる場合、IntelはAMDのRyzenの取り組みを緩和または混乱させるために多額の資金を投入します。

 

インテルの積極的な価格設定と30億ドルのコスト削減は、AMDに対抗するために金融馬力を活用します

問題のスライドは、AdoredTVの最新のビデオで、IntelがAMDからのすべての市場セグメントの混乱にようやく直面していると述べています。

これらには、Ryzen&Threadripper CPUだけでなく、Xeonラインナップの対象となるEPYCプロセッサーも含まれます。

スライドには、「Intelのスケールアドバンテージ... Financial Horsepower」と記載されています。

このラインから最初に得られることは、Intelはその規模と規模の大きさから、AMDと比較して財務構造がはるかに強力であると述べていることです。

スライドは、AMDの2018年の純利益が約3億ドルであることを示しています。

一方、Intelは「2019 Meet Comp割引」を約30億ドルで示しており、これはAMDの2018年の純利益の10倍の数字です。

30億ドルという数字は、Intelが2019年にAMDとの競争を混乱させるために支払う意思があると言った総費用です。

このコストには、現在および今後のラインアップの値下げ、割引などが含まれます。

過去数週間、Intelは第9世代のCoreシリーズの大幅な値下げを発表しましたが、第10世代の第X世代と新しいXeon W-2200プロセッサは前世代よりもはるかに低価格です。

確かに、価格を下げるとIntelに多額の費用がかかることになり、そこでは「2019 Meet Comp割引」が登場します。

また、Intelがパフォーマンスの点でIntelに打撃を与えることができないことを意味するため、Intelが競争するために残された唯一の要因は、AMDがそれらを行った製品帯と、価格設定です。

Ryzenチップのマージンと歩留まりを考えると、AMDは、既に述べたようにすでに導入されているIntelの反撃に対してチップの価格を競争的に設定できる立場にあり、AMDに価格設定エッジだけでなくパフォーマンスエッジも提供します

AMDよりもはるかに大きな会社であるIntelは、市場での競争を維持するためだけに30億ドルを費やすことに不安はありません。

内部的には、IntelはAMDの新しいプロセッサがどれほど脅威であるかを知っており、競争が市場シェアのかなりの部分を占めるのではなく、競争に勝ち残り、Intelが達成するのに10年近くかかりました。

IntelがAMDを手ごわい競争相手と呼んだ「AMD Competitive Profile」では、AMDの競争上の脅威を評価するために次の点を使用しています。

 

AMDのIntelに対する主要な競争上の脅威は、ハイエンド製品からのものです

  • AMDは高性能CPUを提供し、クライアントとデータセンターのCPUビジネスの両方でIntelと直接競合しています。新しいディスクリートグラフィックスを市場に投入するという発表された野心により、AMDとNVIDIAの両方のグラフィックスビジネスに新たな競争をもたらしています。
  • AMDは最近、パブリッククラウド製品を獲得する上で牽引力を獲得しています。 そして、AMDとの競争は、高性能コンピューティングにおいて特に厳しいものになりつつあります。HPCのパフォーマンスは通常、コアの数とメモリチャネルの数(またはメモリ帯域幅)によって決まります。 Intelは両方の面で課題を抱えています。
  • AMDの今後の次世代Zenコア製品(コード名はRome、デスクトップはMattise)は、デスクトップ、特にサーバーの競争を激化します。後者は、約10年で最も激しい可能性があります。
  • 顧客が生産性、バッテリー寿命、全体的な管理性などの特定の側面を重視しているため、デスクトップとサーバー以外で、ノートブックやビジネスPCでのIntelの競争力はより強くなります。
  • TSMCの7nm製造を活用することで、AMDは独自のチップを製造しなくなりました。 AMDは、以前は自社の製造元としてGlobal Foundriesを使用していたよりも高いコア数とパフォーマンスを実現できます。 これらの7nm製品は、AMDの短期的な競争上の課題を増幅します。

2017年まで、フラッグシッププロセッサとしてクアッドコアを入手していましたが、コアカウントの高いデスクトッププロセッサを提供してくれたAMDのおかげで、Intelはメインストリームラインナップでコアカウントも押し上げました。

しかし、現時点では、このスライドが本物かどうかはわかりませんが、Intel内部でAMDの議論がどの程度行われているのかを考えると、販売部門に披露された可能性があります。ただし、このスライドが本物かどうかについてインテルからの確認を期待しないでください。

IntelがAMDにわずかな純利益を見せているのに、どういうわけか、Intelとその莫大な額の財務がAMDの復活を止められず、デスクトップ、ノートブック、サーバーのいずれであってもAMDが隅々まで攻撃するのを止めることができなかったのは興味深いことです。

これは、AMD Zen(およびその後の製品)が、長年の優位性を勝ち取ることはできないと確信していたIntelにとって大きなショックを受けたことを示しています。

Intelは、AMDのInfinity Fabricインターコネクトを接着されたダイとして呼び出し、CPUの比較に疑わしいサードパーティベンチマークを使用し、レビューアーに独自の「実際の使用」基準を反映するベンチマーク手法を変更するように伝えることで、安価なマーケティングスタントをやめようとしました。

Intelがどれだけうまく機能しているかは誰もが知っていますが、本当に真面目な場合は、競争力のある価格でより魅力的な製品を提供しようとする必要があります。

結局のところ、これはすべての消費者市場にとって朗報であり、すべての層のユーザーにとって多くの適切なオプションが復活するはずです。

ソース:wccftech - Rumor: Intel Says Biggest Advantage Against AMD is Their Financial Horsepower, Price Cuts and Discounts Cost Chipzilla Around $3 Billion

 

解説:

原題にある「ChipZilla」とはスラングでIntelのことらしいので、意図的にカットしてあります。

適切な代替語がないこと、あまりにもくどくなるためです。

 

その身を神の見えざる手に委ねるIntel

ソースがかなり有力な情報をすっぱ抜いたり、フェイクに引っ掛かったりと両極端なAdoredTVなので、それを前提に話を進めます。

Intelへの確認は取れなてないですし、そういうことはできないレベルの情報とのことです。

これによると、IntelはAMDに対してマーケティング的に大攻勢をかけると決定したようです。

これは、製品の性能では戦えないと認めたことであり、当面AMDに追いつける製品を発売できないことを認めたことになります。

デスクトップやHEDTはともかく、サーバー製品でAMDに差をつけられたのはかなり堪えたみたいですね。

 

大人の世界で間違いを認めるというのはかなり難しいこと。

社会に出ている方ならすでに承知のことと思いますが、大人の世界で間違いを認めるということは非常に難しいことです。

なぜなら、必ず責任問題が付きまとってくるからです。

誰だって責任を問うのも問われるのもいやなものです。

※ 中には責任を問うのだけは好きな人がいるかもしれませんが・・・

しかし、ライバル社が画期的な新製品を発売し、自社の製品の売り上げが明らかに鈍ったとしたらやはり認めざるを得ないでしょう。

AMDがRyzen3000シリーズを発売してから約3か月程度でIntelほどの大企業が自社の戦略のミスを認めるというのはあり得ないくらい早いと思います。

 

Intelは割引キャンペーンに30億ドルを費やすとしていますが、この金額はAMDの2018年の利益の10倍の金額です。(笑

まさに金の力で戦うということはこういうことです。

以前の記事でIntelとAMDの規模は大人と子供ほど違うと書きましたが、こういうことです。

私はAMDがいくら良い製品を発売して売り上げを上げても、Ryzenシリーズ世代だけではIntelはつぶれないと言っていますが、まあ、こういうことですね。

これによっておそらくintelの利益率に影響を与えるでしょうが、それでも売り上げが落ちるよりはマシと判断したのだと思います。

 

Intelがマーケティング的な大攻勢を仕掛けてくるとすれば今年のクリスマス商戦やCometLake発売に合わせてですね。

新製品を発売して売り上げが上がらなければいよいよ厳しい立場に追い込まれると思います。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.