CPU情報

十分ではないクロック、AMD Ryzen 9 3950Xが遅れた真の理由は供給問題ではない–第3世代のThreadripperとともに11月に発売

投稿日:

AMDは先週、フラッグシップの第3世代RyzenプロセッサであるRyzen 9 3950Xの発売を11月に延期すると発表しました。

いくつかのインサイダーは、7nmの需要が増加したため、TSMCの7nmの容量による遅延の可能性があると報告しましたが、Digitimesは、生産と供給の問題は主犯ではないと報告しています。

 

AMD Ryzen 9 3950Xのクロックが十分に上がらないため遅れる、主力の16コアメインストリームCPU向けに設計調整が行われる

Digitimesによると、AMDがRyzen 9 3950Xを遅れさせた主な理由は、十分ではないクロックによるものであると現在報告されています。

第3世代のRyzenプロセッサーは間違いなく優れたパフォーマンスを提供しますが、発売後すぐに、AMDが宣伝したようにプロセッサーが公称ブースト周波数に到達できないことが明らかになりました。

これにより、AMDはBIOSの修正プログラムをリリースしましたが、この修正により問題が修正されました。

全体的なパフォーマンスは当初よりも向上しましたが、まだ改善の余地があり、AMDは確実に、新しくリリースされたRyzen 3rd Genプロセッサーの将来のアップデートに取り組んでいると確信しています。

現在発売されている第3世代RyzenプロセッサにはBIOS修正が行われていますが、フラッグシップはまだリリースされていません。

AMDは間違いなくマザーボードメーカーにチップをサンプリングしていますが、彼らはAMDの成果に良い印象を持っていないようです。

Ryzen 9 3950Xでテストしたときに、ほとんどのマザーボードメーカーが製品の公称クロックを維持していないという事実と、一部のインサイダーがこれについて語っているという事実による可能性があります。

ソースからの声明は次のとおりです。:

TSMCが7nmチップの生産リードタイムを延長したという先週のニュースは、強い需要のために、AMDがRyzen 9 3950Xの発売を遅らせた原因であるとの憶測を投げかけました。

マザーボードのサポートチェーンではなく、クロックが不十分なため、マザーボードのサプライチェーンからの情報によると、AMDは16コアプロセッサの設計を調整するようになっています。

DigiTimesより

ここで興味深いのは、これらの初期の結果がAMDに設計変更を促す可能性があるとDigiTimesが言っていることです。

消費者が現在第3世代のRyzenプロセッサーを使用しているダイよりも優れている場合は、クロック速度の変更ですが、どのような変更が行われるのか確実に言えません。

仕様に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは7nm Zen 2コアアーキテクチャを搭載しています。

Ryzen 9インターポーザーには、2つのZen 2ダイと14nmプロセスノードに基づく単一のI/Oダイを含む3つのチップレットがあります。

AMD Ryzen 9 3950Xは完全に有効化され、16コアと32スレッドを提供します。

今までこのようなコア数は、AM4などのメインストリームプラットフォームでは利用できませんでした。

これまで12コア、24スレッドのRyzen 9 3900Xのような製品は、メインストリームプラットフォームでは見られませんでした。

また、AMDは、HEDT専用だったコア数をメインストリームユーザーにまでもたらした最初の企業です。

クロック速度に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは3.5 GHzのベースクロックで動作し、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサで最高の超高速4.7 GHzにブーストします。

このCPUは合計72 MBのキャッシュを備え、他のRyzen 9製品と同様に、105 WのTDPを備えています。

TDPはベース周波数の数値に基づいているため、CPUがブーストされるか、ユーザーが手動でオーバークロックすると、実際に高くなります。

オーバークロックに関しては、他のすべてのRyzen CPUと同様に、Ryzen 9 3950XにはTIMペーストよりも優れた熱伝導性を提供するソルダリング(はんだ付け)設計が採用されています。

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインアップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen5 3500XRyzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/66/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブーストクロック4.1 GHz4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)16 MB32MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)40404040404040404040
TDP65W65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格(USドル)$129 US?$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$399 US$449 US?$499 US$749 US
価格(日本円)17,300程度20,000程度26,16030,86036,820程度43,41851,25157,673程度65,61898,492程度

 

AMDが実際にクロック速度を調整するか、上記のように最初に宣伝したとおりにそれらを出荷するかどうかはまだ不明です。

AMDは、パフォーマンス/クロックの問題に塗れたフラッグシップ製品をリリースするのではなく、発売を遅らせることは良いステップだったと思います。

これらのレポートの後、Ryzen 9 3950X CPUを購入するのを待っているかどうかをお知らせください。

ソース:wccftech - Unsatisfactory Clock Speeds, Not Supply Cited as Main Reason For AMD Ryzen 9 3950X’s Delay – Arrives in November Along With 3rd Gen Threadripper

ryzen 9

 

解説:

Ryzen 9 3950Xの遅れた主な原因に関する話題です。

TSMCが工場のリードタイムを伸ばしたことから供給能力の問題だと思われていたようですが、どうも例のクロック問題のようです。

クロックの問題はダイの優劣というよりもAMDの設定ミスだったと思うのですが、3950Xも同様の問題を抱えており、マザーボードメーカーからはあまり良い顔をされたなかったようです。

まあ、BIOSの修正には検証が入りますので、あれだけ頻繁に修正されると追いつかないというのはあるのでしょう。

作ったら作りっぱなしというのはこの世界ありえませんからね。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.