CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3000 CPU、32個の7nm Zen 2コアを再びベンチマーク– 3.6 GHzベースおよび4.2 GHzブーストクロック、Geekbench 5で2990WXより70%高速

投稿日:

32のZen 2コアを搭載したAMDのRyzen Threadripper 3000 CPUがGeekbenchデータベースに再び登場しました。

特定のチップでは、同じベンチマークでいくつかのバリエーションが見られますが、今回は、最新のGeekebench 5ベンチマークでどのように機能するかを確認します。

 

Geekbenchでベンチマークされた32 Zen 2コアを搭載したAMD Ryzen Threadripper 3000 CPU – Ryzen Threadripper 2990WXよりも70%高速

AMD Ryzen Threadripper 3000 CPUは、32コアと64スレッドを特長としています。

前のサンプルと同様に、このサンプルも32コアと64スレッドを備えたZen 2コアアーキテクチャに基づいています。

クロック速度も以前のサンプルと同様で、3.60 GHz(3.59 GHz)ベースおよび4.20 GHz(4.23 GHz)ブーストクロックで動作します。

コアの仕様に加えて、このチップは128 MBのL3キャッシュと16 MBのL2キャッシュを備えており、144 MBの結合キャッシュを構成しています。

プロセッサの最終仕様が最終的にどのようなものになるかを言うのはまだ時期尚早ですが、これまでのところ32コアチップのみが表示されているため、他のSKUがどのようになるかわかりません。

パフォーマンススコアについては、最初にGeekbench 4があります。GB4では、Ryzen Threadripper 3000 CPUはシングルコアで5519ポイント、マルチコアテストで68,279ポイントを獲得しています。

スコアは、以前のエントリで見たものとほとんど同じです。

Geekbench5スコアは、マルチコアパフォーマンステストでThreadripper 2990WXと比較して最大70%のチップを示すため、より興味深いものです。

AMD Ryzen Threadripper 3000 CPUは、シングルコアで1275ポイント、マルチコアテストで23,015ポイントを獲得しています。

Ryzen Threadripper 2990WXの比較スコアは、シングルコアで約1100ポイント、マルチコアテストで約13,400ポイントです。

驚いたことに、Intel Core i9-9900XEは、Geekbench 5のThreadripper 2990WXよりもわずかに優れており、シングルコアスコアは1150ポイント、マルチコアテストでは約15,000ポイントです。

※ 原文ではIntel Core i9-9900XEとありますのでそのままにしておきますが、9980XEの間違いです。

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU –価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、2019年後半にデビューする予定です。

このファミリは、内部的に「キャッスルピーク」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率において新たな基準となることが証明され、TR4ソケットマザーボードには新しいプラットフォーム機能が導入され、それらが次のレベルに引き上げられます。

AMDがThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を保ちたいと考えると、7nmプロセスノードのおかげで追加のクロックスピードでのみ良くなる、驚異的な量のマルチスレッドパフォーマンス数を見ることになります。 CPUも大きなコア数の増加を獲得しますが、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えています。

AMD CEOのDr. Lisa Su:

"知っての通り、インターネット上で流通しているもののいくつかは非常に興味深いものです。Threadripperが継続しないとは言わなかったと思いますが、それが何らかの形でインターネット上でしたのです」

スーは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「今後私たちは[Threadripper]をお見せすることが出来ると思います。それは間違いなく存在します。


メインストリームであるAM4プラットフォームが大幅に性能を上げていますので、Threadripperも強化される必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PCWorldより

AMDの最高経営責任者(CEO)であるLisa Suもツイートの中で、今年後半に次世代のRyzen Threadripper CPUに関する詳細情報が期待できることを確認しました。

ツイートは次のとおりです。

翻訳

@IanCutressの仲間とお会いできてうれしいです。 はい、私たちは今年後半に次世代のThreadripperを発売することを約束します!

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、新しいプロセッサは前世代の同等のコア数で、以前の価格から200〜300ドル安くなり、ほぼ同じ価格で販売されていました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品は完全に異なる市場層にあり、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xという競合他社製品よりもはるかに安価でした。

生のベンチマーク数値に関しては、新しいダイレイアウトはテスト中ですが、以前の2世代よりも相互接続が強化されてより洗練されているため、キャッシュとレイテンシのパフォーマンスがシステム全体の応答性を大幅に向上させる可能性があります

AMDは間違いなく、新しいチップでLGA 2066とLGA 3647の両方のラインを目指します。

Intelは、今後発売されるCore-Xシリーズは、Skylake-Xに比べて1ドルあたり2倍のパフォーマンスで、はるかに優れた価値提案を提供すると述べていますが、それはまだわかりません。

AMDはまた、クアッドチャンネルとオクタチャンネルの両方のメモリインターフェイスを提供する新しいThreadripperライン向けに、新しいTRX4およびWRX8プラットフォームを導入する予定です。 詳細については、こちらをご覧ください。

ソース:wccftechtech - AMD Ryzen Threadripper 3000 CPU With 32 7nm Zen 2 Cores Benchmarked Once Again – 3.6 GHz Base & 4.2 GHz Boost Clocks, 70% Faster Than 2990WX in Geekbench 5

Ryzen Thread Ripper

解説:

Ryzen Threadripper 3000シリーズ「Castle Peak」に関する続報

今回はGeekbench 5のベンチスコアがリークしました。

同じコア数である旧製品のRyzen Threadripper 2990WXとLGA2066の最大コア数を誇る最上位製品であるCore i9-9980XEとのスコアも上がっていますので、わかりやすく比較してみましょう。

Ryzen Threadripper 3000ES VS 2990WX VS 9980XE Specs

製品名Ryzen Threadripper 3000ESRyzen Threadripper 2990WXIntel Core i9-9980XE
アーキテクチャーZen2Zen+SkyLake-X
製造プロセスTSMC 7nmTSMC 12nmintel 14nm
ソケットSlcket TR4Socket TR4LGA2066
コア数/ スレッド数32/6432/6418/36
ベースクロック3.6GHz3.0GHz3.0GHz
ブーストクロック4.2GHz4.2GHz4.4GHz
キャッシュ128MB(L3)64MB(L3)24.75MB(L3)
TDP不明250W165W
発売時期2019年10月予定2018年8月発売済2018年Q4発売済

 

スコアの比較

 

見ての通り、シングルスコアですらもCore i9-9980XEをぶっちぎっており、圧倒的なZen2コアの性能が伺えます。

このスコアはESのものですのでブーストクロックが4.2GHzになっていますが、Threadripperに使用されるコアはノーマルRyzenの選別品であり、最大ブーストクロックは最低でもRyzen 9 3950Xの4.7GHz以上、恐らくは4.8GHzになるのではないかと思います。

そうなった場合、シングルコア性能で大差をつけることになるでしょう。

「ゲーミングワークステーションならAMDがいい」発売後はこのような評価になると思います。

この圧倒的な性能はもはや個人向けワークステーションの基準が変わったと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.