CPU情報

AMD Ryzen 9 3950X 16コアCPUがオンラインショップにリストされ、9月30日に749ドルのフラッグシップで販売が開始されると言われています

投稿日:

主力製品であるAMD Ryzen 9 3950Xは、今月小売店で発売され、AM4メインストリームプラットフォームに16コアを搭載します。

プロセッサの具体的な発売日はまだ発表されていませんが、ドイツに本拠を置く小売店Digitecは、販売開始日とともにチップをリストしています。

 

AMD Ryzen 9 3950X 16コアCPUが9月30日に小売店の店頭に並ぶと言われています

小売業者は、AMD Ryzen 9 3950Xプロセッサーをリストアップし、9月30日に販売を開始すると述べています。

彼らは販売が月末に始まるという事実のために9月に配達することを保証していません。

プロセッサーは999ユーロでリストされており、現時点ではプレースホルダーになる可能性があります。これは、MSRPの749ドルよりもはるかに高い1102ドルに相当するためです。

※ ショップへのリンクは上の画像をクリックするかこちらをクリックしてください。別Window・タブで開きます。

AMD Ryzen 9 3950X CPUの仕様

仕様に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは7nm Zen 2コアアーキテクチャを搭載しています。

Ryzen 9インターポーザーには、2つのZen 2ダイと14nmプロセスノードに基づく単一のI/Oダイを含む3つのチップレットがあります。

AMD Ryzen 9 3950Xは完全に有効化され、16コアと32スレッドを提供します。

コア構成は、AM4などのメインストリームプラットフォームでは利用できなかったため、

12コア、24スレッドのRyzen 9 3900X構成でさえ、メインストリームプラットフォームでは見られず、AMDは、HEDT専用であったコアカウントをメインストリームユーザーにもたらした最初の製品です。

クロック速度に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは3.5 GHzの基本周波数で動作し、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサで最高の超高速4.7 GHzにブーストします。

このチップは合計72 MBのキャッシュを備え、他のRyzen 9パーツと同様に、105 WのTDPを備えています。

TDPはベース周波数の数値に基づいているため、チップがブーストされるか、ユーザーが手動でオーバークロックすると、実際に高くなります。

オーバークロックに関しては、他のすべてのRyzen CPUと同様に、Ryzen 9 3950XにはTIMよりも優れた熱伝導性を提供するはんだ付け設計が採用されています。

 

AMD Ryzen 3000 シリーズ CPU ラインナップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブーストクロック4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)35 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)404040404040404040
TDP65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格(USドル)$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$399 US$449 US?$499 US$749 US
価格(日本円)20,000程度26,16030,86036,820程度43,41851,25157,673程度65,61898,492程度

※ 日本価格はamazonの販売価格(マーケットプレイスは除く)。未発売の日本価格に関しては現行モデルの価格から計算した概算を示しています。

 

プロセッサの世界記録のオーバークロックなど、複数のパフォーマンスリークが発生しています。

AMD Ryzen 9 3950Xは、これまでで最も壮大なメインストリームチップであり、印象的なコア/スレッド数と、競合他社や独自のHEDTチップに匹敵する圧倒的な高速マルチタスク性能を提供します。

Ryzen 9 3950Xが破った記録には次のものがあります。

 

  • Cinebench R15:Ryzen 9 3950X @ 5434ポイント(以前のWR:Core i9-9960X @ 5320ポイント)
  • Cinebench R20:Ryzen 9 3950X @ 12167ポイント(以前のWR:Core i9-7960X @ 10895ポイント)
  • Geekbench 4:Ryzen 9 3950X @ 65499ポイント(以前のWR:Core i9-7960X @ 60991ポイント)

Ryzen 9 3950Xを見越して新しいリグを差し出している多くの人々がいます。

もちろん、さらに優れたパフォーマンスを求めているのは、新しいプラットフォームで破壊的なパフォーマンスとI/O機能を提供することが期待される、AMD Ryzen Threadripper 3000プロセッサーに注目することです。

プロセッサが市場に出回ったときに通知を受け取ります。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 3950X 16 Core CPU Listed Online, Sales Allegedly Start on 30th September For The $749 Flagship

ryzen 9

解説:

Ryzen9 3950Xの発売日をHPに乗せたショップが現れました。

この店はドイツの小売店Digitecで、9/30に発売と説明しています。

価格は999ユーロで1,102ドル、118,672円相当となります。

今回は3900Xのような争奪戦が起きるかなあ?と言った感じです。

来月にはThreadripperの販売もありますし、16コア32スレッドを欲しいと思われる方がどのくらいいるか疑問なのと、この機会にThreadripperに行かれる方もいるのでは?と思っています。

今のところ出ている価格が10万円ですので、ちょっと現実味がありません。

Threadripperに行かれる方が出るのではと思うのはZen2コアの評判が上々ですから、ある程度長く使えると思うからですね。

だったら思い切ってThreadripper行っちゃう?という人が一定数出てもおかしくないのかなあと思います。

それに加えて、今回はThreadripperもメモリ4chと8chで2種類ありますので、下位のモデルはある程度頑張ってくれるのではないかと言う期待もあります。

また、発売直後の熱狂というのは3900Xである程度解消されているのではないかというのもあります。

いずれにしても私も今回は争奪戦が起きるかどうかわかりませんが頑張って参加する予定です。

リアル店舗に突撃するのは好きではありませんが、行きます。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.