GPU情報

NVIDIA、GDDR6メモリ搭載のGeForce GTX 1660 SUPERを用意– 14 Gbpsダイ、TU116 GPUを搭載すると噂

投稿日:

最新の噂が本当であれば、NVIDIAは1枚ではなく2枚のGeForce GTX 16シリーズカードを準備しています。

GeForce GTX 1650 Tiについてはすでに伝えられており、これは150米ドルの価格帯のどこかにあるはずですが、NVIDIAもGTX 1660グラフィックスカードのGeForce SUPERを準備しているという報告があります。

 

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERが稼働すると噂– 14 Gbps GDDR6 VRAMを搭載

噂は、NVIDIAがGeForce GTX 1660 SUPERグラフィックカードで作業していることを明らかにしたMyDriversから来ています。

GeForce SUPERラインナップはRTXバリアントでのみ利用可能ですが、NVIDIAはTuringベースのGTXラインナップにも拡張しているようです。

グラフィックカードのパフォーマンスは明らかにGeForce GTX 1660よりも優れていますが、多少コストがかかります。

仕様に関しては、NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERは、既存のGeForce GTX 1660と同じTU116-300ダイを利用します。

1408CUDAコア、80 TMU、48 ROPの同じコア構成を備えています。

クロック速度については言及していませんが、多少変化する可能性があります。

グラフィックカードの主な変更点は、メモリ設計です。

GeForce GTX 1660は8 Gbpsで動作する6 GBのGDDR5メモリを備えていますが、GeForce GTX 1660 SUPERは14 Gbpsで動作する6 GBのGDDR6メモリを備えています。

このメモリは、12 Gbpsのダイを備えたGeForce GTX 1660 Tiよりも高速です。

メモリは192ビットのバスインターフェイスに沿って機能し、336 GB / sの合計帯域幅を提供します。

NVIDIA GeForce 16シリーズの予備仕様

GeForce RTX 2060 FEGeForce GTX 1660 Ti 6GBGeforce GTX 1660 SUPERGeForce GTX 1660 6GBGeForce GTX 1650 Ti 4 GBGeForce GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU116-300TU117TU117
CUDAコア数19201536140814081024?896
Tensorコア数240無し無し無し無し無し
RTコア数30無し無し無し無し無し
Textureユニット数1209680806456
ROPs484848483232
ベースクロック1365 MHz1500 MHz不明1530 MHz不明1485 MHz
ブーストクロック1680 MHz1770 MHz不明1785 MHz不明1665 MHz
メモリ容量・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR54GB GDDR5
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリクロック14 Gbps12 Gbps14 Gbps8 Gbps8 Gbps8 Gbps
L2キャッシュ3 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB
TDP160 W120W120W120W75W75W
トランジスタ数10.8 billion6.6 billion6.6 billion6.6 billion4.7 billion4.7 billion
ダイサイズ445 mm²284mm2284mm2284mm2200mm2200mm2
価格(USドル)$349$279'-$249$229$179?$149
価格(日本円)40,81735,32531,526以下28,27320,73217,258

※ 日本円価格はamazonの価格元にしています。

このカードは、ローエンドのRadeon RXシリーズのグラフィックスカードをまもなくパワーアップするという噂のNavi 14ベースのパーツに対して、このような積極的な価格設定でプッシュされる可能性があります。

初期のパフォーマンス結果では、Navi 14 GPUがRX 570およびRX 580シリーズカードと同等の速度で動作し、最終的に200ドル未満の価格になった場合、バリュー市場で激しい競争が見られる可能性があります。

カードの発売時期は明確ではありませんが、GTX 1650 TIが10月頃に発売されることが提案されたため、2つのTuringベースのGeForce GTX 16シリーズの発売が近いことがわかります。

ソース:wccftech - NVIDIA Readies GeForce GTX 1660 SUPER With GDDR6 Memory – Rumored To Feature 14 Gbps Dies, TU116 GPU

解説:

Geforce GTX1660 SUPERのうわさが出てきました。

今までの例からするとほぼ発売されることは確定していると言ってもよいでしょう。

SUPERの位置づけは一つ上のモデルの実質的な値下げですので、GTX1660Tiが値下げされると考えてよいと思います。

今まで発売されたSUPERの特徴はSUPER無しモデルからクロック・メモリ速度を上げたモデルとなります。

若干CUDAコアが増えているモデルもありますが、おおむねそういう理解で差し支えないでしょう。

メモリがGDDR6になり、GTX1660Tiより高速な14Gbpsのメモリを搭載する予定です。

GTX1660無印はどうもCUDAコアの演算能力がメモリに制限されていたところがあると思いますので、同クロックか多少のクロックアップをすればGTX1660Tiとほとんど同じ性能になる可能性は高いと思います。

余談ですが、nVidiaのCEOジェンセン・ヒューは「ムーアの法則は終わった」と言ってRTX2000/GTX1600シリーズの価格を高止まりさせましたが、シリーズの売上とその後のSUPERシリーズの発売を見ると明らかにその戦略は失敗したと言わざるを得ないと思います。

これにはマイニングバブルがはじけてしまったことも関係していると思います。

来年からは世界的な不況になる恐れがありますので、各社の売り上げがどうなるか注目です。

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.