マザーボード関係

ASUS、AMD 400シリーズチップセットマザーボードで制限付きPCIe Gen 4.0の有効化を開始

投稿日:

ASUSは、AMD 400シリーズチップセットを搭載した古いソケットAM4マザーボードでPCI-Express gen 4.0をサポートすることは、たとえAMDが推奨しなくても技術的に可能であると考えています。

PCIe設定でのPCIe Gen 4の切り替えを公開する同社の最新シリーズのマザーボードBIOSアップデートは、実際には、SoCに直接配線されているすべてのデバイスに対してPCIe gen 4.0を有効にします。

これらは、グラフィック用のPCI-Express x16スロット、およびSoCへのPCIe x4配線を備えたM.2スロットの1つです。

以下は、X470およびB450チップセットをベースにした多数のASUSマザーボードにわたるPCIe gen 4.0サポートの範囲を詳述した、中国の技術出版物MyDriversによって採点されたマザーボードのリストです。

AMDは明らかに古いチップセットのPCIe Gen 4.0を明示的にブロックしていません。

新しいAMD 500シリーズのマザーボードはPCIe gen 4.0のシグナルインテグリティと安定性を保証する新しいPCB仕様に基づいて構築されているため、マザーボードの製造元に有効にしないことを推奨しているだけです。

ASUSは、ユーザーがGen 4.0を望むかどうかを判断するためにそれをユーザーに任せたいと考えています。

マシンが不安定な場合は、BIOS設定でPCIeバージョンをGen 3.0に制限することを選択できます。

とりわけ、500シリーズチップセットマザーボードに関するAMDの仕様は、最適なPCIeおよびメモリ配線のために、4層以上のPCBを規定しています。

TUF B450 Proゲームなど、ASUSのリストに載っているマザーボードの多くは、シンプルな4層PCBを使用しています。

 

PCIe Gen 4.0が実際に有効になっていることをテストするために、MyDriversはTUF B450M Pro GamingのSoCに直接配線されたM.2スロットでPCIe Gen 4.0 SSDを使用しました。

このドライブのCrystal DiskMarkシーケンシャル読み取り速度は、X570マザーボードでテストされた同じドライブと同じ - 5 GB /秒を超える読み取り速度です。

これらの速度はGen 3.0 x 4では不可能です。

別の記事で、MyDriversはAMDがその400シリーズマザーボード上でのASUSマーケティングPCIe gen 4.0サポートにあまりにも満足していないことを報告し、そして伝えられるところではAGESAマイクロコードへのアップデートでそれをブロックしようとしている。

推奨 - アップデートしたASUS 400シリーズのマザーボードがPCIe gen 4.0を実行している場合は、そのBIOSをアップデートしないでください。

ソース:techpowreup - ASUS Begins Enabling Limited PCIe Gen 4.0 on AMD 400-series Chipset Motherboards

 

解説:

中国のサイトにASUSのX470/B450/X370/B350のRyzen3000シリーズ対応BIOSと各マザーボードのPCIEx Gen4対応状況の一覧が出ました。

非常に有益な情報なのでシェアします。

旧世代のマザーボードは公式には保証されていませんが、設計によってはPCI Gen4が有効にできることもあり、はっきりわからなかったのですが、こうした情報があると非常に助かるのではないかと思います。

各メーカーが非公式な方法を用いてこうした一覧を出してくれると、大助かりだと思います。

これを見ると特に無理してまでX570を購入しなくてもよいのかなと思います。

当サイトでASUSのマザーを進めているのはやはりこうした情報はASUSが一番多いからです。

今回もやはりASUS限定の情報となっています。

X570を買うと決めている人は良いと思いますが、高いからB450にしておこうという方にとってはかなり有益な情報なのではないかと思います。

 

ASUS X470マザーボード(amazonリンク)

ASUS B450マザーボード(amazonリンク)

ASUSX370マザーボード(amazonリンク)

ASUSB350マザーボード(amazonリンク)

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.